メインメニューを開く

児童心理学(じどうしんりがく)とは、子供心理発達を扱う発達心理学の一部門。

概要編集

障害児も対象にするが、児童心理学と言った場合、健常児における平均的な発達を研究対象にする場合が多い。

子供の発達をどこで区切るか、流派によってかなり異なる。乳児期、幼児期、児童期、思春期と分類する事が多い。流派によっては、学校教育の影響を重視し、幼児期を学齢前期と称する事もあり、思春期の準備段階として、児童期後半(概ねプレティーン)を移行期と称する事がある。また小学3~5年生は仲間意識を身に付けるギャングエイジ、または運動神経を伸ばしやすいゴールデンエイジと言われている。


自意識の発達との関連で語られる事が多い(ジャン・ピアジェ参照)。しかし、現代の子供は、ピアジェの時代とは比較にもならないほどの情報に晒されている。子供観の根本的な見直しが迫られていると言ってもいいだろう。その場合は、児童心理学と、社会心理学の、学際領域となる。