メインメニューを開く

全国一斉地デジ化テスト

全国一斉地デジ化テスト〜アナタの家は地デジ化済んでますか?〜(ぜんこくいっせいちデジかテスト〜アナタのいえはちデジかすんでますか〜)は、日本時間2010年平成22年)7月4日17時59分から18時までの1分間、日本国内にある放送大学以外の全地上波無線テレビ局で一斉に放送された、アナログテレビ放送終了を啓発するためのミニ番組。制作当番は日本テレビ放送網

全国一斉地デジ化テスト
〜アナタの家は地デジ化済んでますか?〜
ジャンル 広報番組
ミニ番組
出演者 本文参照
制作 日本民間放送連盟(地上波テレビ局127社)
日本放送協会
(当番局:日本テレビ放送網
放送
音声形式 本文参照
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年(平成22年)7月4日
放送時間 17:59 - 18:00
放送分 1分
日テレのプレスリリース

特記事項:
地上デジタルテレビ放送への完全移行のため、広報目的のミニ番組
テンプレートを表示

概要編集

NHK民放連加盟地上波テレビ全127社が、まだデジタル転換が済んでない国民向けに、一刻も早い切り替えを促すためのミニ番組を一斉放送することにしたと、民放連が2010年(平成22年)5月27日に発表した[1]

内容についてはアナログ放送終了が迫っていることを視聴者によりはっきりと認識させるため、それまでの各種啓発番組・CMなどと異なり、かなりきつめのものになった。地デジカと東京主要6社局の地上デジタル放送推進大使が出演[2]、アナログとデジタルとで別内容にし、特に、アナログ向けには砂嵐のイメージを写してデジタル対応を促すというもの、デジタル向けでは視聴中のテレビが地デジに対応していることを告知した後、家庭内にある他のテレビのデジタル対応を促す映像を放送した[3][4][5]

ネット局編集

出演した地デジ大使編集

視聴率編集

以上のように、NHKと民放連加盟テレビ局の地上波全局で放送されたが、制作当番日本テレビでは、司会の桂歌丸が総務省から「地デジ化応援隊」隊員に任命されたこともあって、人気番組の『笑点』の開始を1分遅れにしてそこからステーションブレイクレス編成を行い、結果として25.3%(ビデオリサーチ関東地区調べ)という高視聴率を獲得した。なお当日は大喜利を通常終了時間で切り上げた後、歌丸が応援隊隊員就任を報告してこの番組の告知を行った。

関東地区におけるその他放送局の視聴率は、フジテレビが6.1%、テレビ朝日が5.7%、NHK総合が5.6%、TBSが3.9%、テレビ東京が1.3%となった。

注釈編集

  1. ^ 地デジPRミニ番組「全国一斉地デジ化テスト」の放送について - 日本民間放送連盟
  2. ^ 地デジPRミニ番組「全国一斉地デジ化テスト」の放送について - 日本テレビ
  3. ^ 会長会見/2010-05-27 - 日本民間放送連盟
  4. ^ 地デジPRミニ番組「全国一斉地デジ化テスト」の放送について(PDF) - 日本民間放送連盟
  5. ^ 但し、送出マスター設備の都合でデジタル放送を視聴している断りを入れた上で、デジタルでもアナログと同じ内容を放送した局も存在した(一例)[要出典]

関連項目編集