全国開拓農業協同組合連合会

全国開拓農業協同組合連合会(ぜんこくかいたくのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい、略称全開連)は、畜産に特化した専門農協第二次世界大戦終戦による日本国外からの引揚者対策として、国策で進められた開拓行政に基づき、1948年に発足した。

概要編集

  • 本部所在地 - 〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13
  • 出資金 - 7億1,792万円(平成25年7月末)
  • 代表理事会長 - 櫻井徳一
  • 会員
    • 正会員
      • 農業協同組合29団体
    • 准会員
      • 公益社団法人全国開拓振興協会
      • ゼンカイミート株式会社
      • 一般社団法人岩手県開拓振興協会
      • 佐賀県開拓畜産事業協同組合

沿革編集

事業内容編集

  • 購買事業 - 会員の開拓農家に対し、飼料や農業資材などの斡旋販売を行う。
  • 販売事業 - 開拓農家が生産した肉牛や肉豚を、子会社のゼンカイミートで加工し、食品メーカーや生活協同組合に販売する。牛乳は共同会社を通じ、生活協同組合に販売する。開拓農家が全開連方式で生産するホルスタイン種の去勢牛は「開拓牛」、ホルスタイン種と黒毛和種を交配させた牛は「開拓交雑種牛」の商標で販売している。
  • 指導事業 - 獣医師、畜産経営診断士、畜産環境アドバイザーなどの有資格者が、開拓農家に対し生産技術や経営管理などの営農指導を行う。
  • 研究開発事業 - 栃木県那須の畜産技術センターにて、飼料の研究開発などを行う。同センターにおいて開発された配合飼料で肥育させることを「全開連方式」と呼んでいる。

外部リンク編集

関連項目編集