全国高等学校野球選手権西関東大会

全国高等学校野球選手権西関東大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんにしかんとうたいかい)1959年の第41回大会から1974年の第56回大会まで行われた全国高等学校野球選手権大会の西関東地区予選大会である。

概要・歴史編集

前年まで南関東大会で代表を争っていた埼玉県と、山静大会で代表を争っていた山梨県によって構成された。

1959年と1960年は埼玉と山梨の優勝チームが対戦し、勝利チームが代表校となったが、1961年からは埼玉・山梨ともに県大会はそれぞれ2ブロックに分かれて代表を決め、準決勝と決勝を行ない代表校を決定していた。なお、県大会では決勝戦を行わず、また西関東大会では初戦で同一県同士の対決にならないように調整されていた。また、代表決定戦では全13試合中11試合が1点差ゲームだった。

1975年に埼玉が1県1代表制となり消滅。山梨は北関東大会に編入され、1977年の第59回大会まで群馬県と甲子園の切符を争っていた。

歴代代表校編集

年度 参加県 大会方式 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
1959年(第41回大会 埼玉・山梨 2校出場
(各県1校)
川越(初出場) 2-1 甲府工 2回戦
1960年(第42回大会 大宮(2年ぶり3回目) 6-5 甲府工 ベスト8
1961年(第43回大会 4校出場
(各県2校)
甲府一(26年ぶり2回目) 7-6 甲府工 1回戦
1962年(第44回大会 甲府工(初出場) 3-2 上尾 1回戦
1964年(第46回大会 熊谷商工(初出場) 1-0 甲府商 ベスト8
1965年(第47回大会 熊谷商工(2年連続2回目) 6-5 大宮工 2回戦
1966年(第48回大会 甲府工(4年ぶり2回目) 1-0 上尾 ベスト8
1967年(第49回大会 大宮(4年ぶり5回目) 2-1 大宮工 1回戦
1969年(第51回大会 川越工(初出場) 3-2 深谷商 1回戦
1970年(第52回大会 熊谷商(5年ぶり3回目) 2-1 塩山商 ベスト8
1971年(第53回大会 深谷商(初出場) 3-0 熊谷商 1回戦
1972年(第54回大会 峡南(初出場) 2-1 熊谷商 1回戦
1974年(第56回大会 上尾(初出場) 6-4 塩山商 2回戦

※1963年・1968年・1973年は記念大会により全県1代表制のため記載せず。

関連項目編集