メインメニューを開く

第41回全国高等学校野球選手権大会

第41回全国高等学校野球選手権大会(だい41かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1959年8月8日から8月18日(雨で2日順延)まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

日本の旗 第41回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1959年8月8日 - 8月18日
出場校 29校
参加校数 1,864校
優勝校 西条北四国愛媛、初優勝)
試合数 28試合
選手宣誓 吉原洋志(倉敷工
始球式 松田竹千代文部大臣
大会本塁打 2本塁打
 < 19581960 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

この大会から地方大会の編成替えが行われ、北海道を南北に分け長野、静岡、広島を単独地区にし、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡、南九州(宮崎、鹿児島、沖縄)を除く府県は二府県で一校の代表校を選ぶことになった。この編成替えで6地区が増えて出場校が29校になった。

代表校編集

地方大会 代表校 出場回数
北北海道 帯広三条 北海道 初出場
南北海道 苫小牧東 北海道 初出場
北奥羽 宮古 岩手 初出場
西奥羽 新庄北 山形 4年ぶり2回目
東北 東北 宮城 2年連続4回目
東関東 下館一 茨城 初出場
北関東 宇都宮工 栃木 6年ぶり3回目
西関東 川越 埼玉 初出場
東京 日大二 東京 初出場
神奈川 法政二 神奈川 3年連続5回目
静岡 静岡商 静岡 5年ぶり4回目
愛知 中京商 愛知 2年連続10回目
三岐 松阪商 三重 2年連続2回目
長野 松商学園 長野 2年連続15回目
北越 魚津 富山 2年連続2回目
北陸 若狭 福井 4年ぶり3回目
京滋 平安 京都 4年連続17回目
大阪 八尾 大阪 7年ぶり4回目
兵庫 滝川 兵庫 5年ぶり3回目
紀和 天理 奈良 初出場
東中国 倉敷工 岡山 10年ぶり2回目
広島 広陵 広島 28年ぶり5回目
西中国 大田 島根 22年ぶり2回目
北四国 西条 愛媛 3年ぶり2回目
南四国 高知商 高知 2年連続5回目
福岡 戸畑 福岡 2年ぶり2回目
西九州 海星 長崎 初出場
中九州 鎮西 熊本 初出場
南九州 高鍋 宮崎 5年ぶり2回目

試合結果編集

1回戦編集

8月8日

  • 天理 6 - 4 帯広三条
  • 松商学園 5x - 4 松阪商

8月10日

  • 八尾 1 - 0 滝川
  • 高知商 3 - 0 新庄北
  • 平安 3 - 1 魚津
  • 倉敷工 10 - 0 大田

8月11日

  • 川越 3 - 1 鎮西
  • 日大二 2 - 0 戸畑[1]
  • 西条 6 - 0 法政二
  • 高鍋 4 - 0 中京商

8月12日

  • 静岡商 6 - 0 宮古
  • 東北 15 - 1 下館一
  • 若狭 3 - 1 苫小牧東

2回戦編集

8月14日

  • 宇都宮工 2 - 1 広陵
  • 平安 6 - 0 海星
  • 東北 2 - 0 倉敷工
  • 天理 1x - 0 高鍋(延長15回)

8月15日

  • 日大二 3 - 1 静岡商(延長11回)
  • 八尾 7x - 6 若狭(延長10回)
  • 高知商 1 - 0 川越
  • 西条 5x - 3 松商学園(延長10回)

準々決勝編集

8月16日

  • 西条 2 - 1 平安
  • 宇都宮工 1x - 0 高知商
  • 八尾 3 - 2 天理
  • 東北 3 - 2 日大二

準決勝編集

8月17日

  • 西条 5 - 1 八尾
  • 宇都宮工 2x - 1 東北(延長10回)

決勝編集

8月18日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 R H E
西条 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 8 14 1
宇都宮工 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 7
  1. (延長15回)
  2. (西) : 金子 - 藤岡
  3. (宇) : 大井 - 猪瀬
  4. 審判:球審…相田、塁審…中村次・吉岡・鈴木
  5. 試合時間:3時間34分

大会本塁打編集

  • 第1号:中村邦弘(倉敷工)
  • 第2号:杉本修一(静岡商)

脚注編集

  1. ^ 戸畑高校監督の直村鉄雄が試合中にベンチで倒れ、4日後の8月15日に化膿性髄膜炎のため大阪大学医学部附属病院において死去。

関連項目編集

外部リンク編集