全日本大学レスリング選手権大会

内閣総理大臣杯全日本大学レスリング選手権大会(ぜんにほんだいがくれすりんぐせんしゅけんたいかい)は、毎年11月に開催される大学レスリングの全国大会である。通称「内閣」。[要出典]

概要編集

1975年に第1回が行われた。全日本学生選手権との違いは、男子フリースタイルのみで大学対抗を兼ねており、出場枠が1大学1階級1人までとなっている(グレコローマンは全日本大学グレコローマンスタイル選手権大会として同時期に行われる。女子は同時期に開催される全国社会人オープンレスリング選手権大会への大学生の参加が認められている)。奇数年は西日本、偶数年は東日本で開催される。

世界レスリング連合(UWW)ルールに則る。

各階級のトーナメントで8位以内に入れば大学対抗ポイントが加算され、ポイントが最も多い大学が大学対抗優勝となる。

各階級、3位以上の成績の個人は、同年度内に開催の「全日本選手権」(天皇杯)の出場資格[1]ならびに「全日本選抜選手権」(明治杯)予選会への参加資格[2]が与えられる。

実施階級編集

~2001年
54kg級・58kg級・63kg級・69kg級・76kg級・85kg級・97kg級・130kg級(8階級)
2002年~2013年
55kg級・60kg級・66kg級・74kg級・84kg級・96kg級・120kg級(7階級)
2014年~2019年
57kg級・61kg級・65kg級・70kg級・74kg級・86kg級・97kg級・125kg級(8階級)

敗者復活戦編集

各階級のトーナメントで、決勝進出者に直接対決で敗れた選手をブロックごとにプールし、3位から8位までの順位決定トーナメント戦を行う。 各ブロックの本戦1回戦の敗者と本戦2回戦の敗者、続いてその勝者と本戦準々決勝の敗者が対戦するステップラダー方式により、勝者は本戦準決勝の敗者と3位決定戦を行う。勝者は3位、敗者は5位となる。

大学対抗ポイント得点配分編集

各階級個人戦のトーナメントで8位以内に入れば大学対抗ポイントが加算され、ポイントが最も多い大学が大学対抗優勝となる。

1位 2位 3位 5位 7位 8位
12点 9点 6点 3.5点 2点 1点

開催記録編集

年度 大学対抗優勝 最優秀選手 開催地・会場 開催月日
1 1975 日本体育大学 東京・早稲田記念館 5月4日~5月5日
26 2000 国士舘大学 宮城・夢メッセみやぎ 11月18日~11月19日
27 2001 山梨学院大学 池松和彦 高知・宿毛高校体育館 11月10日~11月11日
28 2002 山梨学院大学 小幡邦彦英語版 静岡・東伊豆町勤労者体育センター 11月16日~11月17日
29 2003 日本体育大学 兵庫・西宮市鳴尾浜体育館 11月7日~11月8日
30 2004 日本大学 松本真也 東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館 11月18日~11月19日
31 2005 日本大学 マキシモ・ブランコ 兵庫・猪名川町立文化体育館 11月12日~11月13日
32 2006 拓殖大学 磯川孝生 東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館 12月21日~12月22日
33 2007 拓殖大学 藤本浩平 岐阜・中津川市東美濃ふれあいセンターアリーナ 11月8日~11月9日
34 2008 日本体育大学 門間順輝 新潟・新潟市白根カルチャーセンター 11月15日~11月16日
35 2009 拓殖大学 高谷惣亮 大阪・堺市金岡公園体育館 11月14日~11月15日
36 2010 拓殖大学 岡本佑一(拓大) 東京・駒沢体育館 11月11日~11月12日
37 2011 拓殖大学 高谷惣亮(拓大) 岐阜・中津川市東美濃ふれあいセンターアリーナ 11月13日~11月14日
38 2012 山梨学院大学 鴨居正和(山梨学院大) 東京・文京スポーツセンター 11月10日~11月11日
39 2013 早稲田大学 保坂健(早大) 大阪・堺市金岡公園体育館 11月9日~11月10日
40 2014 日本大学 山本康稀(日大) 東京・駒沢体育館 11月12日~11月13日
41 2015 山梨学院大学 高橋侑希(山梨学院大) 大阪・堺市金岡公園体育館 11月14日~11月15日
42 2016 山梨学院大学 ボルチン・オレッグ(山梨学院大) 愛媛・宇和島市総合体育館 11月12日~11月13日
43 2017 拓殖大学 藤波勇飛(山梨学院大) 福井・おおい町総合運動公園体育館 11月11日~11月12日
44 2018 日本体育大学 新井陸人(日体大) 大阪・東和薬品RACTABドーム 11月10日~11月11日
44 2019 山梨学院大学 ウレット・アルメンタイ(山梨学院大)[3] 鹿児島・吹上浜公園体育館 11月9日~11月10日

4連覇を達成した選手編集

歴代1年生王者編集

  • 佐藤満
  • 小林孝至
  • 本田多聞
  • 赤石光生
  • 山下浩
  • 小泉円
  • 荻田剛志
  • 吉田清太郎
  • 忌部公介
  • 小幡邦彦
  • 佐藤吏
  • 松本真也
  • 高塚紀行
  • 大沢茂樹
  • 荒木田進謙
  • 高谷惣亮
  • 金沢勝利
  • 池田智
  • 高橋侑希
  • 山本康稀
  • オレッグ・ボルチン
  • 白井勝太
  • 藤波勇飛
  • バグダウレット・アルメンタイ
  • 山口海輝
  • 榊流斗

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集