メインメニューを開く

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。

わかりやすい、典型的な滑稽噺であるが、今で言う聴力障害者を題材にしており侮蔑的用語が含まれるため、差別的であるとして現在では口演を忌避される噺である。

6代目三遊亭圓生が前座に対し、いちばん始めに教える噺であった。圓生の門下である三遊亭圓丈も、前座にはこの噺から教えることとしている。

あらすじ編集

隠居は耳が遠くなってしまって何も聞こえない。

女中が食事の用意が出来ました、と告げに行くが、隠居は女中のことが気に入らず、自分のことをバカにしたな、と勘違いして怒り出す。

理不尽に叱られた女中は困り、番頭に相談する。番頭は「やれやれ、私に任せておけ」と隠居のもとへ。

番頭、ニコニコしながら「やい、このつんぼじじい」などと隠居をけなす言葉を吐き続ける。

ところが隠居は何を言われているか聞こえないので、番頭の笑顔にだまされて気分が良くなり、あの女中とお前はえらい違いだ、と番頭を褒める始末。

その番頭はと言えば、始終隠居のことをボロカスに言っているだけなのである。

隠居は「あの火鉢、どこで買った」と質問。番頭は「めんどくせえなあ」などと笑顔で言いながら、帳面を横にして見せ「ああ、横丁で買ったのか」。

「米はあとどのくらい残っている?」という質問をされ、番頭はまたも笑顔でぼやきつつ、こよりを作って隠居の鼻にブスリ。

隠居おもわずくしゃみをし、「ハックション! …ああ、八、九升ってとこか」。

参考編集