メインメニューを開く

三遊亭 天どん(さんゆうてい てんどん、1972年8月12日 - )は、落語協会所属の落語家。本名は高野 泰三(たかの たいぞう)[1]。紋は三つ組み橘。出囃子は『松の木小唄』。

三遊亭さんゆうてい てんどん
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}天(てん)どん
本名 高野泰三(たかのたいぞう)
生年月日 (1972-08-12) 1972年8月12日(47歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 三代目三遊亭圓丈
弟子 三遊亭ごはんつぶ
名跡 1. 三遊亭天どん(1997年 - )
出囃子 松の木小唄
活動期間 1997年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 公式ホームページ
受賞歴
2007年 第17回北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞
2014年 平成25年度国立演芸場花形演芸大賞銀賞受賞

略歴・人物編集

東京都東久留米市生まれ。埼玉大学教育学部卒業後の1997年3代目三遊亭圓丈の門下となり、前座名「天どん」を名乗る。2001年5月に二つ目昇進。2003年、落語協会内の若手7人で大江戸台風族を結成。

2013年9月に真打昇進。同月に鈴本演芸場で行われた昇進披露興行では、自作の『巣鴨のうわさ』(9月25日)および、古典の『百年目』(9月29日)を演じた[2]

受賞歴編集

演目編集

メディア出演編集

インターネット番組
Podcast

出版編集

CD・DVD
  • 新世紀落語大全「三遊亭天どん 真打昇進なんだよ」(2013年9月、クエスト) - DVDとCDの同梱作品。
  • 親子できこう 子ども落語集「ちりとてちん・たのきゅう」(2014年1月、日本コロムビア) - オムニバス。新録の『田能久』で参加。
書籍
  • キッチンミノル写真文庫シリーズ 2 天どんの「百年目」(2013年12月、テキサスブックセラーズ) - エッセイ併録の写真集。

弟子編集

  • 三遊亭ごはんつぶ[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール 三遊亭天どん公式ホームページ
  2. ^ 2013年秋 真打昇進披露興行チラシ・表 落語協会
  3. ^ 三遊亭ごはんつぶ(落語協会)”. 2018年10月2日閲覧。

外部リンク編集