メインメニューを開く
八木逸郎

八木 逸郎(やぎ いつろう、文久3年9月9日[1]1863年10月21日) - 昭和20年(1945年1月4日)は、日本の衆議院議員立憲政友会政友本党立憲民政党)、医学博士

経歴編集

大和国奈良出身。大阪医学専門学校で学んだ後、東京帝国大学医科大学別科を卒業。その後、ドイツに留学し、ロストック大学を卒業し、医学博士の称号を得た[2][3]

帰国後、東京帝国大学医科大学附属医院で勤務するが、程なくして奈良に帰った。帰郷後は奈良市会議員、奈良県会議員を歴任した[1]

1908年第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、10回の当選を重ねた。その他、奈良市医師会会長・奈良県医師会会長・日本医師共済生命保険相互会社専務取締役などを務めた。息子の八木一男も衆議院議員。

脚注編集

  1. ^ a b 『昭和之日本』p.93
  2. ^ 『代議士詳覧』p.369-370
  3. ^ Immatrikulation von Itsuro Yagi, University of Rostock (ロストック大学), http://matrikel.uni-rostock.de/id/200007778 

参考文献編集

  • 広幡明男『大正十三年五月当選 代議士詳覧』泰山堂、1924年。
  • 『御大典記念 昭和之日本』東京毎夕新聞社、1929年。