メインメニューを開く

奈良市

日本の奈良県にある中核市。県庁所在地

奈良市(ならし)は、日本奈良県の北部に位置する。同県の県庁所在地であり、中核市に指定されている。

ならし
奈良市
若草山焼きと 平城宮朱雀門東大寺盧舎那仏像 薬師寺東大寺 春日大社奈良公園の鹿
奈良市旗 奈良市章
奈良市旗
1977年2月10日制定
奈良市章
1903年5月5日制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
団体コード 29201-0
法人番号 4000020292010
面積 276.94km2
総人口 355,280[編集]
推計人口、2018年11月1日)
人口密度 1,283人/km2
隣接自治体 生駒市大和郡山市天理市桜井市
宇陀市山辺郡山添村
京都府木津川市
相楽郡笠置町精華町南山城村
三重県伊賀市
市の木 イチイガシ
市の花 ナラノヤエザクラ
市の鳥 ウグイス
奈良市役所
市長 仲川元庸
所在地 630-8580
奈良県奈良市二条大路南一丁目1番1号
北緯34度41分6秒東経135度48分17.2秒座標: 北緯34度41分6秒 東経135度48分17.2秒
奈良市役所
外部リンク 奈良市

奈良市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

奈良時代平城京が置かれた古都であり、天平文化が花開いた地として知られる。

現在の奈良市は、奈良県の北部一帯を占める広域市で同時に奈良盆地の北端にも当たる。市東部は大和高原の一部をなし、標高300mから600m級の高地が続く。市街の北は古代に平城山(ならやま)と呼ばれた丘陵地帯で京都府と接している。平城山を越えて山城と通じる奈良坂は古くからの重要交通路の一つ。

市域は東西に広く、(1) 東部の山間地、(2) 文化財を多数抱え国際観光文化都市としての顔を持つ中東部の市街地、(3) 大阪衛星都市としての性格を持ち住宅地として開発が行われてきた西部と、複数の顔を持ち、同じ市内でありながら地域の雰囲気、住民の指向は違いを見せる。

白毫寺から見た奈良盆地

都市名の由来編集

古くは、今の奈良市域を添(そほり)と称した。

市街地が広がる一帯は平坦な地形で、この均(なら)したような地形が「奈良」の都市名の由来となったのではないかとする説が有力である。語源の詳細に関しては、奈良#語源を参照。

現在の漢字表記は「奈良」だが、古文書等の中では「那羅」「寧楽」「平城」とも表記されている。

気候編集

瀬戸内海式気候内陸性気候を併せ持つ。 市街は盆地に位置するため、夏と冬、そして1日の気温差が大きい。

  • 気温 - 最高39.3℃(1994年(平成6年)8月8日)、最低−7.8℃(1977年(昭和52年)2月16日
  • 最大降水量 - 196.5ミリ(2017年(平成29年)10月22日
  • 最大瞬間風速 - 47.2メートル(1979年(昭和54年)9月30日
  • 最深積雪 - 21センチ(1990年(平成2年)2月1日
  • 夏日最多日数 - 153日(1994年(平成6年))
  • 真夏日最多日数 - 85日(1994年(平成6年))
  • 酷暑日最多日数 - 30日(2010年(平成22年))
  • 熱帯夜最多日数 - 20日(2017年(平成29年))
  • 冬日最多日数 - 90日(1984年(昭和59年))
奈良地方気象台の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 18.9
(66)
23.9
(75)
25.9
(78.6)
30.5
(86.9)
32.7
(90.9)
35.8
(96.4)
38.1
(100.6)
39.3
(102.7)
36.9
(98.4)
32.0
(89.6)
26.8
(80.2)
24.9
(76.8)
39.3
(102.7)
平均最高気温 °C (°F) 8.7
(47.7)
9.6
(49.3)
13.4
(56.1)
19.8
(67.6)
24.1
(75.4)
27.2
(81)
30.8
(87.4)
32.6
(90.7)
28.2
(82.8)
22.2
(72)
16.5
(61.7)
11.4
(52.5)
20.4
(68.7)
平均最低気温 °C (°F) −0.2
(31.6)
−0.1
(31.8)
2.3
(36.1)
7.4
(45.3)
12.5
(54.5)
17.5
(63.5)
21.8
(71.2)
22.6
(72.7)
18.8
(65.8)
12.1
(53.8)
6.4
(43.5)
1.9
(35.4)
10.3
(50.5)
最低気温記録 °C (°F) −7
(19)
−7.8
(18)
−5
(23)
−2.4
(27.7)
1.4
(34.5)
7.3
(45.1)
12.2
(54)
12.8
(55)
7.7
(45.9)
2.3
(36.1)
−2.6
(27.3)
−6.6
(20.1)
−7.8
(18)
降水量 mm (inch) 49.6
(1.953)
63.3
(2.492)
103.2
(4.063)
97.7
(3.846)
143.5
(5.65)
188.8
(7.433)
165.1
(6.5)
111.8
(4.402)
163.3
(6.429)
111.1
(4.374)
74.1
(2.917)
47.3
(1.862)
1,316
(51.811)
降雪量 cm (inch) 2
(0.8)
4
(1.6)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
8
(3.1)
平均降水日数 7.9 7.9 12.3 10.6 11.3 12.9 11.8 8.6 11.5 9.8 8.3 7.7 120.6
平均月間日照時間 116.7 115.5 147.4 180.3 184.8 143.5 162.7 205.4 150.3 154.5 134.5 127.3 1,823
出典: 気象庁 (平均値:1981年-2010年、気温極値:1953年-現在)[1][2]

}}


歴史編集

 
東大寺
 
薬師寺
 
興福寺

※市制施行以前の市域の歴史については、奈良も参照

奈良市街地の西にはウワナベ古墳など5世紀の巨大古墳が築かれ、佐紀古墳群を形成している。『和名抄』に見える大和国添上郡山村郷、楊生郷、八島郷、大岡郷、春日郷及び添下郡佐紀郷、鳥貝郷の地であった。

現在の市域周辺が日本史の舞台に登場するのは、710年藤原京から平城京に遷ってからのことである。その後、何度か短期間の遷都があったものの長岡京に遷る784年まで、この地が日本の中心となっていた。長岡京への遷都後も、東大寺薬師寺興福寺などの仏教寺院勢力がこの地域に残り、「南都」と呼ばれた。

中世になってからも、興福寺が大和守護職に任じられるなど広大な荘園を有する仏教寺院勢力は依然として影響力を保持していた。むしろ大寺院の勢力は戦乱の時代においてこそ影響力が大きく、そのために何度か戦火に見舞われた。2度の大仏焼失事件(南都焼討東大寺大仏殿の戦い)などはその象徴的な出来事といえる。しかし、室町時代から戦国時代にかけて、他国および近在の所領も含めて在地の大和武士団が実効的な支配を行うようになったために大寺院の勢力は衰えた。

江戸時代には奈良奉行が設置され、江戸幕府の直接支配下に置かれた。この時代の雰囲気を残すのが奈良町(ならまち)である。また、現在の市域の南部は津藩の飛び地(古市町付近)、同じく北東部は柳生藩の領地となっていた。

太平洋戦争中は京都市とともに大規模な空襲を受けなかったため、多くの文化遺産が残された。

沿革編集

市域の変遷編集

明治22年 明治29年 明治31年 大正12年 昭和2年 昭和15年 昭和25年 昭和26年 昭和28年 昭和30年 昭和32年 昭和43年 平成3年 平成17年 現在
奈良県
添上郡 奈良市 奈良市 奈良市 奈良市 奈良市 奈良市 奈良市 奈良市
奈良町
佐保村
添下郡 生駒郡
都跡村
添上郡
大安寺村
東市村
添下郡 生駒郡
伏見村 伏見町
伏見町 富雄町
添上郡
帯解村 帯解町
明治村
五ヶ谷村
辰市村
平和村
田原村
大柳生村
柳生村
東里村
狭川村
月瀬村 月ヶ瀬村
山辺郡
針ヶ別所村 都祁村* 都祁村*
都介野村
  • 都祁村は平成3年に改称(平成3年までは「祁」の示偏が「示」、平成3年以降は示偏が「ネ」)

行政編集

市長編集

歴代市長編集

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 安元彦助 1898年(明治31年)2月1日 1898年(明治31年)4月22日
2 桐島祥陽 1898年(明治31年)4月23日 1898年(明治31年)7月18日
3 大森吉兵衛 1898年(明治31年)9月2日 1902年(明治35年)1月13日
4 李田登太 1902年(明治35年)4月9日 1905年(明治38年)3月16日
5 松井元淳 1905年(明治38年)4月29日 1908年(明治41年)2月20日
6 木本源吉 1908年(明治41年)4月2日 1911年(明治44年)10月13日
7 西庄久和 1911年(明治44年)11月22日 1919年(大正8年)5月26日
8 佐川福太郎 1919年(大正8年)7月22日 1925年(大正14年)3月10日
9 大国弘吉 1925年(大正14年)8月12日 1929年(昭和4年)8月11日
10 森田宇三郎 1929年(昭和4年)8月29日 1933年(昭和8年)8月28日
11 石原善三郎 1933年(昭和8年)9月25日 1937年(昭和12年)9月24日
12 松井貞太郎 1937年(昭和12年)10月8日 1939年(昭和14年)10月9日
13 瀧清麻吉 1939年(昭和14年)10月14日 1945年(昭和20年)12月10日 助役経験者
14 石川清蔵 1946年(昭和21年)6月24日 1946年(昭和21年)11月16日 助役経験者
15 片岡安太郎 1947年(昭和22年)4月6日 1951年(昭和26年)4月5日 助役経験者
16 高椋正次 1951年(昭和26年)4月24日 1967年(昭和42年)4月30日
17 鍵田忠三郎 1967年(昭和42年)5月1日 1980年(昭和55年)9月6日
18 木山弘 1980年(昭和55年)9月28日 1984年(昭和59年)9月27日 収入役・助役経験者
19 西田栄三 1984年(昭和59年)9月28日 1992年(平成4年)9月27日 助役経験者
20 大川靖則 1992年(平成4年)9月28日 2004年(平成16年)9月27日 収入役・助役経験者
21 鍵田忠兵衛 2004年(平成16年)9月28日 2005年(平成17年)7月13日
22 藤原昭 2005年(平成17年)7月31日 2009年(平成21年)7月30日
23 仲川元庸 2009年(平成21年)7月31日 現職

市庁編集

1889年(明治22年) 町村制施行により奈良町が発足、役場が東寺林町の柳生藩邸跡に置かれた[5]市制施行以降も1977年(昭和52年)まで同地に庁舎があった。同年2月11日に二条大路南1丁目の現庁舎へ移転した[6]。奈良市では市役所を「奈良市庁」と称する。

議会編集

市議会編集

  • 定数 39名

奈良県議会編集

  • 選挙区 山辺郡奈良市
  • 定数 11名

衆議院編集

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

姉妹都市
その他
  •  全国門前町サミット - 全国の神社仏閣を中心に発展してきた門前町を有する自治体・観光協会・商業関係者などが集まり地域活性、街作り推進のため開催する会議。

国外編集

経済編集

奈良県の県内総生産 (GDP) は47都道府県中最下位である。奈良市は県庁所在地であるため国の機関や各種金融機関、大企業の支店が集積し、多くは近鉄奈良駅新大宮駅の周辺に集中している。奈良市に本社を置く企業には南都銀行や、県内でバス事業を展開する奈良交通がある。また、奈良県一円に鉄道網や事業展開する近鉄も奈良県の経済に大きな影響力を持ち、グループ企業の奈良交通とともに観光産業と密接な関係を持っている。

年間観光客は約1400万人に及ぶが、近年の奈良観光は修学旅行を含め京都市や大阪市の宿泊先から日帰りで行われることが多く、宿泊施設は部屋数・稼働率とも全国的にみて低い。

大規模商業施設は近鉄百貨店ならファミリーパラディミ・ナーラがあり、高の原駅学研奈良登美ヶ丘駅駅前の木津川市・生駒市との市境にショッピングモールが営業している。市内の商店街に小西さくら通り商店街東向商店街・もちいどのセンター街などがある。飲食店等はJR奈良駅近鉄奈良駅周辺、三条通り、新大宮駅周辺に多く、学園前や押熊のロードサイドにも各種店舗が増加した。

筆・墨などの伝統地場産業が存続しているが、経済的な規模は大きくない。市内南部に大和ハウス工業積水化学工業スケーター・第一化工などハウスメーカーやプラスチック製品企業の大型工場が稼働している。

1950年以降、学園前駅を中心とした平城宮跡以西の地域において、近鉄グループを中心とした民間企業主導の宅地開発が行われた。大阪のベッドタウンとなっているため大阪府への通勤・通学者が多い。

2010年に開催された平城遷都1300年祭を機にJR奈良駅周辺連続立体交差事業や大宮通り線の一部高架化が行われ、市内の景観は1988年のなら・シルクロード博覧会以降大きく変化した。県と市が進めた市内中心部の高級ホテル、児童向け職業体験型施設、その他施設誘致は失敗した。平城宮跡第一次大極殿復元、唐招提寺金堂修復、興福寺伽藍復元などの工事も行われた。

本社を置く主要企業編集

国家機関編集

 
奈良地方裁判所

地域編集

人口編集

 
奈良市と全国の年齢別人口分布(2005年) 奈良市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 奈良市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
奈良市(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

平成22年(2010年)国勢調査(速報値)より前回調査からの人口増減をみると、0.97%減の366,528人であり、増減率は県内39市町村中8位。  

  • データ出典 奈良県統計課の調査による各年10月1日の人口。
  • 2007年10月1日現在 : 367,581人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : -1.6%

 ※2005年の人口は、奈良市・月ヶ瀬村・都祁村 合算

県の機関編集

教育編集

 
奈良女子大学旧本館

大学・短期大学編集

国立
県立
私立

高等学校編集

県立
市立
私立
廃校・統合:平成以降のみ

中等教育学校編集

中学校編集

国立
市立
私立

小学校編集

国立
市立
私立

通信編集

電話編集

  • 奈良市の電話番号の市外局番は奈良第1MAである「0742」で、都祁地区および月ヶ瀬地区は奈良第2MAである「0743」を使用しているが、奈良第1MAと奈良第2MAは同一市内扱いとなっているため、市内料金が適用される。旧奈良市域は1982年に市外局番が統一された。
  • 上記のほかの奈良第2MAの地域は、大和郡山市天理市生駒市山添村および京都府相楽郡笠置町南山城村大阪府四條畷市田原台地区であり、奈良第2MAからは市外局番なしで通話可能、また奈良第1MAからも市外局番が必要であるが市内料金で通話できる。

郵便編集

  • 奈良中央郵便局(大宮町)
  • 奈良西郵便局(学園北)
  • 須川郵便局(須川町)
  • 柳生郵便局(柳生下町)
  • 茗荷郵便局(茗荷町)
  • 針ケ別所郵便局(針ケ別所町)

以上は集配局 ※奈良市内の郵便番号は以下の通り。

  • 630-80xx」「630-81xx」「630-82xx」「630-83xx」「630-84xx」=奈良市中心部・青山・尼ヶ辻・西の京・神殿・古市・帯解地区など。奈良中央局の集配担当。
  • 631-00xx」「631-08xx」=西大寺・あやめ池・学園前・富雄・登美ヶ丘・高の原地区など。奈良西局の集配担当。
  • 630-11xx」=須川・狭川地区など。須川局の集配担当。
  • 630-12xx」=柳生地区など。柳生局の集配担当。
  • 630-21xx」=水間・田原地区など。茗荷局の集配担当。
  • 630-23xx」=旧添上郡月ヶ瀬村域。波多野局(山添村)の集配担当。
  • 632-01xx」=旧山辺郡都祁村域、おおむね名阪国道より北側の地域。針ケ別所局の集配担当。
  • 632-02xx」=旧都祁村域、おおむね名阪国道より南側の地域。染田局(宇陀市)の集配担当。

交通編集

 
若草山・東大寺を背景に平城宮跡を通る近鉄特急

鉄道では、JR西日本が収める地域は少なく、西部の住宅地の通勤需要は専ら近鉄が担っている。市内の道路は交通量に比べて狭い道路が数多く見られ、47都道府県庁所在都市で唯一高速自動車国道がないが、一般有料道路(第二阪奈道路)で大阪都心部に接続する。

計画中の京奈和自動車道一般国道24号バイパス)についても市内を通過する区間のルート策定ができず難航している。休日には慢性的に渋滞も発生する。

鉄道編集

西日本旅客鉄道編集

上記に加えて、関西本線木津駅京都府木津川市)を終点とする奈良線も全列車がJR奈良駅へ乗り入れる。

※通常ダイヤにおいて、特急などの乗車券の他に別料金が必要な優等列車が走っていない。特に奈良県はJRの鉄道路線がある46都道府県で「JRの特急列車(旅客列車/定期列車)が1本も走らない」唯一の都道府県[注釈 2]でもあり、さらに2006年3月18日のダイヤ改正で急行「かすが」が廃止されると同じく46都道府県で「JRの優等列車(同上)が1本も走らない」唯一の都道府県[注釈 2]となった。また同じく急行「かすが」の廃止以降は奈良県内のJR線では気動車による旅客列車(定期列車)が1本も走っていない[注釈 3]。(以上はすべて2015年9月現在)

近畿日本鉄道編集

バス編集

道路編集

一般国道自動車専用道路編集

一般国道(上記以外)編集

 
奈良市内の国道369号線

主要県道編集

一般県道編集

幹線市道編集

民間有料道路編集

空港編集

観光編集

旧跡編集

名勝編集

[8]

神社編集

寺院編集

その他の宗教施設編集

磨崖仏編集

 
地獄谷石窟仏

古道編集

祭・行事編集

 
平城宮朱雀門若草山の山焼き(2009年1月24日)

土産物編集

施設編集

スポーツチーム編集

サッカー
バスケットボール

関連人物編集

歴史上の人物編集


奈良市出身の著名人編集

政官界編集

学術編集

芸術編集

芸能編集

マスコミ編集

スポーツ選手編集

名誉市民編集

市民栄誉賞編集

奈良市在住の有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この時点では興善院町、東ノ阪町、北御門町、今在家町、今小路町、手貝町、東包永町、東笹鉾町、中御門町、押上町、川久保町、登大路町、油留木町、南半田東町、北半田東町、紀寺町、福智院町、公納堂町、毘沙門町、鵲町、芝突抜町、中院町、鶴福院町、不審ヶ辻子町、納院町、築地ノ内町、川上突抜町、十輪院町、川之上町、十輪院畑町、薬師堂町、木辻町、三棟町、京終町、中辻町、脇戸町、高御門町、陰陽町、勝南院町、元興寺町、西新屋町、芝新屋町、下御門町、中新屋町、阿字万字町、北風呂町、馬場町、北室町、南城戸町、南中町、南風呂町、小太郎町、南袋町、南新町、鳴川町、瓦堂町、花園町、井上町、京終地方東側町、京終地方西側町、柳町、西寺林町、光明院町、餅飯殿町、西城戸町、小川町、南市町、東寺林町、今御門町、池之町、元林院町、樽井町、橋本町、東城戸町、椿井町、南魚屋町、寺町、奥子守町、北向町、高天町、漢国町、林小路町、角振町、角振新屋町、上三条町、下三条町、本子守町、今辻子町、油阪地方町、西之阪町、百万ヶ辻子町、高天市町、坂新屋町、奥芝町、北市町、菖蒲池町、東新在家町、西新在家町、西新在家号所、船橋町、坊屋敷町、宿院町、鍋屋町、大豆山町、南法蓮町、内侍原町、北小路町、南半田中町、半田横町、北半田西町、大豆山突抜町、北半田中町、北魚屋東町、多門町、西包永町、北袋町、西笹鉾町、北川端町、北魚屋西町、後藤町、押小路町、半田突抜町、西御門町、小西町、東向南町、東向中町、東向北町、花芝町、中筋町が存在。
  2. ^ a b 新幹線を除けば広島県もこれに該当する。
  3. ^ その他東京都神奈川県静岡県もこれに該当する。※JRが全線電化されている愛知県石川県滋賀県大阪府は気動車定期旅客列車が存在する
  4. ^ 閉館によって奈良市は2012年に全国で唯一の「映画館のない都道府県庁所在地」となったが[10]、同年に山口県の県庁所在地である山口市でも唯一の映画館「山口スカラ座」が閉館した[11][12]

出典編集

  1. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2013年5月19日閲覧。
  2. ^ 観測史上1 - 10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2018年12月5日閲覧。
  3. ^ 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷、163頁。ISBN 4095263113
  4. ^ 奈良市旗の制定
  5. ^ 大久保信治・奈良市史編集審議会(編) 『奈良市史 通史四』 第二章 奈良市の成立 第一節 近代都市への胎動 奈良市 2018年9月26日閲覧
  6. ^ 奈良のあゆみ-昭和(1926~1989)- 奈良市 2018年9月26日閲覧
  7. ^ 選挙区と定数(奈良県選挙管理委員会事務局ホームページ)
  8. ^ 国指定 史跡・名勝・天然記念物一覧 奈良市. 2014年11月10日閲覧
  9. ^ 【東洋民俗博物館】ウフフ わしゃピンクや朝日新聞、2012年2月9日
  10. ^ “奈良市に映画館なし…「日本唯一の県都」の事情”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年7月19日). オリジナル2011年8月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110809195647/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110719/art11071913160006-n1.htm 
  11. ^ 「さよなら、県都の銀幕 『山口スカラ座』来月1日閉館」『朝日新聞』2012年10月26日付朝刊、山口・1地方、第29面
  12. ^ “山口スカラ座、半世紀の歴史に幕 シネコン、DVDレンタル店に押され”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年10月26日). オリジナル2012年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121030094314/http://sankei.jp.msn.com/region/news/121026/ymc12102602060000-n1.htm 

関連項目編集

外部リンク編集

行政
観光