メインメニューを開く

六徳

六徳(りっとく)は、10-19(1000京分の1)であることを示す漢字文化圏における単位である。刹那の1/10、虚空の10倍に当たる。

朱世傑『算学啓蒙』(値が異なる)や程大位『算法統宗』に見えるが、現実には使われない。

なお、六徳という言葉は本来「人の守るべき六種の徳目」などを表す。仏教語としては「ろくとく」と言い、「薄伽梵(世尊)」という語に6つの意味があるという『仏地経論』に見える説を指す。なぜ小数の名になったかは不明。

関連項目編集