程 大位[1](てい だいい、拼音: Chéng Dàwèi1533年 - 1606年[2])は、中国の民間数学者汝思(じょし)。賓渠(ひんきょ)。徽州府休寧県率口の出身[3]。異説として河南府新安県出身とする説もある[4]

Suanfatongzong-036-036.jpg

そろばん、巻き尺を考案、「そろばんの父」、「巻き尺の父」と称される[要出典]

数学を扱った全17巻にわたる「算法統宗中国語版(正題:新編直指算法統宗)」(1592年)という著書がある。6年後には、これを簡略化した全4巻の「算法纂要」をまとめた[5]

来歴編集

中国の明代は、昔の高等数学書が失われて数学が衰微していたという(理由として太祖洪武帝朱元璋による大商人・知識人そして書物への弾圧を挙げる説もある[6])。そんな中、幼少期から数学を好んで、壮年時には華中各地の数学者を訪ねたり、江南の旅では数学書を捜し求めたりしたという。その後、徽州府休寧県に定住[7]

前述の「算法統宗中国語版」は、呉敬による「九章算法比類大全」(1450年)の強い影響を受けた書で、「九章算術」のスタイルで既存の中国数学を扱っており、独創性自体は少ないという指摘もある。しかし、当時ベストセラーになった[4][7]。坊間刻本(民間刊行書)だけでも数十種にのぼると言われている[4]

この書を当時ご朱印船貿易をしていた豪商の角倉一族が入手し、一族の和算家吉田光由にわたった。光由は、数多くの絵を入れた算術の入門書「塵劫記」(1627年)を出版する際に参考にしたともいわれる[8]。数学書として両書には、そろばんによる珠算法を軽んじていなかったという面で[9]共通点がある。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 誤植の可能性もあるが、程位と表記しているものもある。例:『聖なる数学:算額-世界が注目する江戸文化としての和算』(森北出版)p.45
  2. ^ 程大位 とは - コトバンク大辞林 第三版)
  3. ^ 城地, 茂 (2007), “南中国数学の日本伝播– 『算法統宗』『指明算法』 から 『塵劫記』”, 数理解析研究所講究録 1546: 1-20 
  4. ^ a b c 『アジア歴史事典 6』(平凡社、1985年) 「程大位」 (今井溱)
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 「程大位」
  6. ^ 日中科学技術 No.124 p.9-10 - 日中科学技術交流協会 2008.3.20
  7. ^ a b 日本大百科全書 「程大位」 (宮島一彦)
  8. ^ 和算の事典」 p.414 (佐藤健一、朝倉書店 2009)
  9. ^ 中国珠心算簡紹 通巻132号 - 大阪珠算協会
  10. ^ 『楊輝算法』伝説再考 (PDF) p.73 - 京都大学 数理解析研究所講究録 第1317巻 2003年71-79

関連項目編集

外部リンク編集

  • 世界大百科事典 第2版、百科事典マイペディア算法統宗』 - コトバンク
  • 南中国数学の日本伝播-『算法統宗』『指明算法』から『塵劫記』 - 京都大学 数理解析研究所講究録 第1546巻 2007年1-20
  • 黄山四絶が生んだ珠算・巻尺の父程大位
  • 李培業; 黄国屏; 鈴木久男 「『算法纂要』の研究」 『国士舘大学政経論叢』 63号 国士舘大学、1988年。ISSN 0586-9749http://id.nii.ac.jp/1410/00008818/2021年10月1日閲覧