メインメニューを開く

六角 時綱(ろっかく ときつな)は、室町時代中期の武将

 
六角時綱
時代 室町時代中期
生誕 不明
死没 文安3年9月5日1446年10月4日
別名 通称:五郎
戒名 円満寺殿義空勝公大禅定門
官位 民部少輔
氏族 六角氏
父母 父:六角満綱
兄弟 持綱時綱久頼
政堯

生涯編集

六角満綱の次男として誕生。

文安元年(1444年)、兄・持綱に不満を抱いた家臣団から擁立され、翌文安2年(1445年)に父と兄を自殺に追い込んだ。室町幕府は弟・久頼を還俗させ、文安3年(1446年)8月に京極持清と共に時綱一派を討ち取る命令を下した。時綱らは近江国愛知郡飯高山で蜂起したが、9月5日に久頼と京極持清の軍勢に攻め込まれ、飯高山で家臣団と共に自殺した。

子・政堯は生き残り、後に近江守護に任命されている。

出典編集