六郷政勝

江戸時代前期の大名

六郷 政勝(ろくごう まさかつ)は、江戸時代前期の大名出羽国本荘藩2代藩主。官位従五位下伊賀守

 
六郷政勝
時代 江戸時代前期
生誕 慶長14年(1609年
死没 延宝5年1月12日1677年2月13日
戒名 陽光院覚印禅照
墓所 東京都台東区西浅草の万隆寺
官位 従五位下伊賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
出羽本荘藩
氏族 六郷氏
父母 六郷政乗
兄弟 政勝政徳政直政秀
京極高三養女
政信政盛政照
テンプレートを表示

略歴編集

慶長14年(1609年)、初代藩主・六郷政乗の長男として誕生。

慶長20年(1615年)4月8日、2代将軍・徳川秀忠に拝謁する。寛永11年(1634年)6月6日、父・政乗の死去により、家督を相続した。同年8月5日、お国入りの許可を得る。寛永17年(1640年)12月29日、従五位下伊賀守に叙任する。寛永20年(1643年)7月5日、山形城の守備を命じられる。山形藩主・保科正之の会津転封に伴うものであった。

弟の政徳政直政秀らと協力して藩政の基礎固めに専念した。しかし、冷害などの天災に悩まされたという。近隣に移封されてきた矢島藩初代藩主・生駒高俊と領地の一部交換を行い、以降名勝「象潟」を領地とする。寛文9年(1669年)12月10日、弟・政秀の子である政慶に400石を分与したため、本荘藩は2万石となった。

延宝4年(1676年)6月晦日、長男・政信に家督を譲って隠居し、延宝5年(1677年)正月12日に死去した。享年69。

三男・政照は300俵を与えられ、旗本に列している。

系譜編集