メインメニューを開く

共公(きょうこう、? - 紀元前618年)は、春秋時代の君主(在位前653年 - 前618年)。姓は姫、名は襄。昭公の子として生まれた。昭公の後をうけて曹国の君主となった。

紀元前637年の公子重耳が亡命の旅の途中にを訪れた。共公は重耳が一枚肋であると聞いて、浴をしているところを覗いた。

傍に侍っていた重臣釐負羈(きふき)は後の報復を恐れ、壷に食料を詰め、上にを乗せて重耳に献じて詫びを入れたが、重耳は食料だけ受け取り璧は返した。(釐負羈は赦すが、共公は赦さないという意味)

後に重耳が晋の文公として即位し、春秋の五覇のひとりとなると、紀元前632年に前の無礼をとがめて曹に侵攻し、共公を捕らえた。曹の田土の一部がに与えられた。共公の側近の侯獳が文公を説得して共公を帰国させると、共公は復位した。

紀元前618年、死去した。

参考文献編集