共叔段(きょうしゅくだん、生没年不詳)は、の公子。武公の次男で荘公の弟。。共叔段とは『春秋左氏伝』での表記で、「共」はの国に出奔したことを意味し、「叔」は次男を意味するので、「共叔」というのは姓氏ではない。

生涯編集

武公と武姜の間に生まれる。母の武姜が長男の寤生(ごせい、荘公)を生んだ時は難産であったのに対し、次男の段を生んだ時は安産であったため、武姜は次男の段をかわいがった。

武公27年(前744年)、武公が病気になると、武姜は段を太子に立てたいと申し出たが、武公に断られた。その後、武公が薨去したため、長男の寤生が立って鄭君(以降は荘公と表記)となった。

荘公元年(前743年)、段は兄の荘公によって大邑である京(けい:邑名)[1]に封ぜられ、太叔と号した。世間では「京城の太叔」と呼ばれ、もてはやされるようになる。しかし、一方で段は甲冑や兵器を繕い始め、母の武姜と謀って鄭を簒奪しようと企むようになった。

やがて段は強盛を恃んで鄭の西境と北境の邑に対し、自分に従うよう指示した。こうして西境と北境の邑は段の統制下となり、東北境の廩延(りんえん)までも段の統制下に入った。

荘公22年(前722年)、武姜の内応もあって段はついに首邑の新鄭[2]を襲撃した。しかし、荘公によって撃ち破られ、段は敗走し、京が陥落した。5月、段は鄢(えん)[3]に逃れたが、ここでも荘公に敗れたので、さらに共へ逃れた(このため段は共叔段と呼ばれる)。

荘公25年(前719年)、段は州吁(しゅうく)と手を組んで衛・の4カ国連合とともに鄭を攻撃した[4]

子孫編集

    • 公孫滑
    • 公父定叔

脚注編集

  1. ^ 現在の河南省滎陽市
  2. ^ 現在の河南省新鄭市
  3. ^ 現在の河南省許昌市鄢陵県
  4. ^ これについては、共叔段のため(『史記』衛康叔世家)であるとか、鄭が宋の公子馮をかくまったため(『史記』鄭世家)であるとか、公孫滑の乱をはらすため(『春秋左氏伝』)など諸説ある。

参考資料編集