メインメニューを開く

内宮神社(うちのみやじんじゃ)は、愛媛県新居浜市にある神社。正式名称は「内宮天照皇大神宮」(うちのみやていしょうこうたいじんぐう)。主祭神天照大御神神紋御所車

内宮天照皇大神宮
内宮神社鳥居
所在地 愛媛県新居浜市山根町
位置 北緯33度55分12秒
東経133度18分21秒
座標: 北緯33度55分12秒 東経133度18分21秒
主祭神 天照大御神
創建 706年慶雲3年)
別名 内宮神社
例祭 10月16日・17日・18日
主な神事 内宮神社太鼓台石段かきあげ神事
地図
内宮天照皇大神宮の位置(愛媛県内)
内宮天照皇大神宮
内宮天照皇大神宮
テンプレートを表示

概要編集

内宮神社は、社伝によると、706年慶雲3年)8月、伊勢神宮内宮から勧請して創建されたという。

天正年間、豊臣秀吉四国攻めに巻き込まれて荒廃し、一時期は土佐に設けた仮殿に遷座した。1614年慶長19年)、もとの社地に社殿を再興したが、周辺に人家が増加したことから、再び1698年元禄11年)に遷座し、現在に至る。

例大祭編集

内宮神社例大祭
10月16日・17日・18日
10月16日早朝4時より「内宮神社太鼓台石段かきあげ神事」が勇壮に執り行われ、18日の「神輿宮入り」と「太鼓台おみおくり」にて3日間の祭りを終える。

外部リンク編集