内藤 信清(ないとう のぶきよ、寛文4年(1664年) - 貞享5年8月17日1688年9月11日))は、江戸時代前期の寄合旗本(5,000石)。内藤信光の子。母は本多利長の娘。妻は植村忠朝の娘。通称は主膳。

延宝3年(1675年)7月11日、父・信光の遺領を継ぎ、同26日、12歳で徳川家綱に初御目見する。貞享4年(1687年)12月15日に小姓組組頭となり、また25日に布衣の着用を許された。

貞享5年(1688年)8月17日、江戸において死去した。享年25。法名は心含。葬地は祖父・信広に同じとされている(「寛政譜」新訂13巻206頁)。家督は弟の信之が継いだ。

出典編集