メインメニューを開く
本来の表記は「内藤寬」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

内藤 寛(ないとう かん、1967年3月23日 - )は、東京都武蔵野市出身のプログラマーゲームクリエイター。株式会社クライマックス代表取締役。本名内藤寬(寛に「,」が入る)。

来歴編集

専門学校在学時にチュンソフトでアルバイトとして働くようになり、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』ではチーフプログラマーを務める。その後同じくドラゴンクエストシリーズの開発スタッフだった高橋宏之と共にクライマックスを設立、『シャイニング&ザ・ダクネス』等を手がけるも、内藤と高橋との間で軋轢が発生し、高橋はクライマックスを去り、内藤はクライマックスの代表となった。ちなみに内藤、高橋両人とも見かけによらず熱くなりやすい人物として有名である。

代表となって以後も『ランドストーカー』『レディストーカー』『ランナバウト』などを手がけ、その斬新なアイディアやプログラミング技術から一時期「天才プログラマー」と呼ばれるようになる。また、1992年からはラジオ番組TV Game Radions」のパーソナリティを務め、ラジオでも活躍するようになる。なお放送開始から数年後、収録日が変わったためにスタジオで出会った人物が、高校在学当時に国語教師をしていたミンキー・ヤス(岩崎康雄)だった。この再会以降小森まなみを始めとするラジオ・アニメ関連業界の人物との親交を広げる。またミンキー・ヤスとは番組企画でユニット名『師弟ボーイズ(CITEY BOYS)』として1998年7月24日シングルCD『シテイロマン』を発売。

歌って踊れる天才ゲームプログラマー、とリスナーに呼ばれる。

趣味の一つに車がある。『ランナバウト』が作られたのはその趣味が高じたからというのは有名な話である。

作品編集

出演編集

ラジオ編集

外部リンク編集