内藤 政業(ないとう まさのぶ)は、江戸時代中期の大名陸奥国湯長谷藩5代藩主。官位従五位下播磨守

 
内藤政業
時代 江戸時代中期
生誕 元文5年(1740年
死没 不明
改名 銀一郎(幼名)、政業
別名 亮長、葛山(号)
墓所 神奈川県鎌倉市の光明寺
官位 従五位下播磨守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
陸奥湯長谷藩
氏族 内藤氏
父母 内藤政醇黒田直邦
兄弟 政業政勝
貞幹
テンプレートを表示

略歴編集

元文5年(1740年)、4代藩主・内藤政醇の長男として誕生。寛保元年(1741年)、父の死去により2歳で跡を継ぐ。宝暦5年(1755年)11月に徳川家重御目見し、宝暦6年(1756年)12月に叙任する。正室や実子がいないため宝暦11年(1761年)11月14日、養子・貞幹徳川宗直の六男)に家督を譲って隠居した。隠居した理由は不明である。

明和6年(1769年)に死去したとも、文化8年(1811年)まで生存したともされる。

脚注編集