メインメニューを開く

徳川 宗直(とくがわ むねなお)は、伊予西条藩の第2代藩主、のち紀州藩の第6代主。西条藩初代藩主・松平頼純の五男(次男、四男との記述も)。母は太田氏(観樹院)。官位は従二位大納言。幼名は甚太郎、西条藩主時代は松平頼致(まつだいら よりよし)を名乗る。

 
徳川宗直
時代 江戸時代中期
生誕 天和2年7月25日1682年8月27日
死没 宝暦7年7月2日1757年8月16日
改名 江田太郎助、甚太郎、松平頼致、徳川宗直
別名 儀大夫
戒名 大慧院殿二品前亜相普観徹性台大居士
墓所 長保寺
官位 従四位下侍従玄蕃頭左京大夫左近衛権少将従三位左近衛権中将参議権中納言従二位権大納言
幕府 江戸幕府
主君 徳川家宣家継→吉宗→家重
伊予国西条藩主→紀伊国紀州藩
氏族 西条松平家紀州徳川家
父母 父:松平頼純、母:太田氏(観樹院)
兄弟 渡辺恭綱松平頼路松平頼廉松平頼雄宗直松平尚峯松平頼渡於留天姫渥美勝之正室)
側室永隆院善修院、入江氏、下条氏、斎藤氏
宗将治貞松平頼央松平信有、富千代、内藤貞幹雲松院伊達宗村正室)、常姫、友姫細川宗孝正室)、桂香院池田宗泰正室)、賢姫松平頼済継室)、達姫丹羽高庸正室)、相姫京極宮公仁親王妃)、薫姫松平頼真正室)
養子:松平頼渡

目次

生涯編集

宝永3年(1706年)8月28日に兄で正室の子であった松平頼雄が廃嫡されたため、代わって頼純の世子となった。宝永6年(1709年)7月5日、江戸の西条藩邸で廃嫡された頼雄の復権を強諌した家老の渥美勝之を、頼純自ら手討にして仕損じた時には、怯む家臣に代わって宗直が止めを刺した[1]正徳元年(1711年)11月、頼純の跡を継いで伊予西条藩主となった。しかし、正徳6年(1716年)に宗家の紀州藩主・徳川吉宗(従弟にあたる)が将軍に就任したため、頼致が宗家の家督を継ぐこととなり、西条藩は弟の頼渡が継いだ。藩財政再建のため、藩札発行や銅銭鋳造などに尽力したが、あまり効果は無かった。

宝暦7年(1757年)7月2日、江戸中屋敷にて死去した。享年76(満74歳没)。跡を長男の宗将が継いだ。

紀州藩主としての治世は41年2か月であり、この間の江戸参府17回、紀州帰国17回、紀州在国の通算は14年4か月であった[2]

官歴編集

※日付=旧暦 墓所:和歌山県海南市の慶徳山長保寺

  • 1682年天和2年)7月25日 - 誕生。江田の苗字を称し、太郎助と名乗る。後、甚太郎と改名。
  • 1692年元禄5年)12月3日 - 松平の苗字を称し、儀大夫頼致と名乗る。
  • 1706年宝永3年)
    • 10月11日 - 伊予国西条藩主の世継ぎとなる。
    • 12月19日 - 従四位下侍従兼玄蕃頭に叙任。
  • 1711年正徳元年)
    • 11月 - 家督相続し、藩主となる。
    • 12月1日 - 玄蕃頭から左京大夫に転任。侍従如元。
  • 1712年(正徳2年)12月15日 - 左近衛権少将に転任。左京大夫如元。
  • 1716年(正徳6年)4月30日 - 紀伊国紀州藩主となり、徳川の苗字を称することが許される。
  • 1716年(享保元年)
    • 7月5日 - 従三位に昇叙し、左近衛権中将に転任。征夷大将軍宣下(同年8月13日)待ちの徳川吉宗の偏諱を授かり、宗直と名乗る。
    • 12月18日 - 参議に補任。
  • 1717年(享保2年)12月1日 - 権中納言に転任。
  • 1741年寛保元年)8月7日 - 従二位に昇叙し、権大納言に転任。
  • 1757年宝暦7年)7月2日 - 薨去。享年76(満74歳没)。法名は大慧院殿二品前亜相普観徹性台大居士。

系譜編集

紀州藩主でありながら正室を生涯持たず、側室を11人も置いた。その結果、6男10女という子女に恵まれ、宗将の他に次男の治貞も第9代藩主として就任している。四男の松平信有鷹司松平家松平信友の養子となり上野吉井藩主となった他、娘たちも有家に嫁いでいる。

演じた俳優編集

※吉宗の従兄にあたるため、テレビ時代劇の『暴れん坊将軍』ではたびたび登場する。

補注編集

  1. ^ 小山誉城「徳川宗直の藩政」2011年(『徳川将軍家と紀伊徳川家』精文堂出版)
  2. ^ 小山誉城「紀州徳川家の参勤交代」2011年(『徳川将軍家と紀伊徳川家』精文堂出版)