メインメニューを開く

内藤 政脩(ないとう まさのぶ)は、日向延岡藩の第3代藩主。延岡藩内藤家宗家8代。

 
内藤政脩
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦2年10月25日1752年11月30日
死没 文化2年7月24日1805年8月18日
改名 松平徳十郎(幼名)→松平睦精→内藤政脩→暁山(法号)
戒名 尚徳院暁山居士
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位下、備後
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
日向国延岡藩
氏族 尾張徳川家内藤氏
父母 父:徳川宗勝、母:寺島氏
養父:内藤政陽
兄弟 徳川宗睦松平義敏松平勝長松平勝当松平勝綱竹腰勝起井上正国頼多松平勝鷹政脩ほか女子
正室内藤政陽の娘
政和、養子:政韶

生涯編集

宝暦2年(1752年)10月25日、尾張名古屋藩徳川宗勝の十四男として名古屋で生まれる。幼名は徳十郎、元服時に、次兄で尾張藩主を継いだ徳川宗睦より偏諱を与えられて松平睦精(ちかきよ/よしきよ)と名乗る。明和7年(1770年)に延岡藩の第2代藩主内藤政陽の養子となり、内藤政脩に改名した。10月29日に政陽が隠居すると家督を継いだ。

天明の大飢饉による大被害で農村は荒廃した。このため、藩財政がさらに悪化したため、御用金・献上金などで急場をしのいだ。安永2年(1773年)からは新田開発を行ない、倹約令を出し、文武を奨励し、風紀粛清のために「延岡若蓮中議覚書」を出しているが、いずれもほとんど効果はなかった。寛政2年(1790年)8月20日、養子の政韶(養父・政陽の長男)に家督を譲って隠居する。

文化2年(1805年)7月24日、延岡で死去した。享年54。