内藤 正貞(ないとう まささだ)は、戦国時代武将徳川氏の家臣。

 
内藤正貞
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文22年(1553年
死没 寛永11年5月10日1634年6月5日
別名 甚一郎
戒名 露我
墓所 勝願寺
氏族 内藤氏
父母 父:内藤正成
兄弟 正貞正成本多正盛
正重
テンプレートを表示

生涯編集

最初、徳川家康の小姓。元亀元年(1570年姉川の戦いに従う。その際、味方が後退する中、落とした槍を拾うために敵中にとって返して収拾してから帰陣した。当初はその蛮勇を咎められて蟄居を命じられたが、程なくその武勇をもって赦免された。元亀3年(1572年三方ヶ原の戦いでも敵陣に突入して武功を立てる。天正元年(1573年)浜松で村越左吉という男と口論に及んだことを父正成に咎められて放逐された。後に駿府に閉居していたが、それを聞いた家康の指示で、子の正重の所領だった武蔵埼玉郡柏間村に移住した。

参考文献編集