駿府

静岡の古い名称
令制国一覧 > 東海道 > 駿河国 > 安倍郡 > 府中(駿府)

駿府(すんぷ)は、駿河国(現在の静岡県中部)にあった都市。現在の静岡市葵区の静岡中心市街地にほぼ相当する。

古代の律令時代に駿河国の国府(国庁、府中)が置かれた。駿府の名は「駿河府中」の略である。律令時代以後も近世まで長く駿府や府中、駿河府中と呼ばれた。戦国時代には駿府城が築かれ、城下町が整備される(駿府城下)。江戸時代には、単に府中と言えば駿府を指した。 江戸時代初期に行われた大御所政治駿府政権)では実質的な首都として機能し[1]江戸上方大坂)に並ぶ大都市であった[2][3]

明治になり、駿府が徳川宗家ゆかりの地であることから新政府に恭順の意を示すため、駿府に政庁を置いていた静岡藩と新たに命名された。名称は、駿府の北西にそびえる賤機山(しずはたやま)にちなむ。廃藩置県によって、静岡藩の後継として静岡県が成立。1889年4月には、駿府を含む一帯の町村が合併して、旧 静岡市が成立した[4]

歴史編集

古代編集

律令時代に駿河国国府が置かれ、駿河国の中心地となる。国府は見つかっていないが、駿府城北側に位置する葵区長谷町付近が有力である。

※横田の駅、曲金の古代史跡、安倍の市など

中世編集

室町時代から戦国時代にかけて、今川氏城下町として栄えた。今川氏京の都を模して駿府の街造りを行い、現在でも地名や町名等に京都と同じ地名や町名が残る。また、荒廃した京の都を逃れた多数の公家や文化人が駿府に居を移し、「東国の京」或いは「東国の都」と呼ばれ、戦国三大文化の一つ、今川文化が栄えた。しかし、1560年桶狭間の戦い今川義元討死すると、今川氏は衰退し、武田信玄駿河攻めによって、駿府は焼討ちに遭い一時荒廃した。

徳川時代編集

今川氏人質として幼少時代を駿府で過ごした徳川家康が、1585年に駿府を本拠地に定め、城下を整備し、元の繁栄をとり戻した。家康は1590年に関東移封となり、豊臣秀吉配下の中村一氏が駿府に入るが[5]、家康は江戸幕府を開いたのち隠居するとして再び駿府城に居住、大御所政治が展開された。大御所家康公が駿府に君臨していた時代は、「駿府九十六箇町」と呼ばれる街区が整備され、人口10万人とも12万人ともいわれ、上方(京・大阪)、江戸(15万人)に並ぶ大都市となった。この時期、名目上の駿府城主(駿府藩主)は家康の十男・頼宣(よりのぶ)であった。

家康死去(元和2年、1616年)の3年後、頼宣は紀州に移封となり、秀忠三男の忠長(ただなが/駿河大納言)が駿府城主になる。忠長の改易以後は、大名は置かず城代が配属され、幕府の直轄都市として駿府城代駿府町奉行が置かれた。

東海道が整備されると、駿府城下には、江戸から数えて十九番の宿場、府中宿が置かれた。

府中宿東海道五十三次中、最大の都市であった。

明治編集

江戸幕府が滅ぶと、駿府に政庁を置いた藩(駿河府中藩、駿府藩)は「静岡藩」と新たに命名された。1871年廃藩置県で静岡藩が廃され、静岡県が成立[4]

1889年の市制施行により、駿府城下にあたる安倍郡の1宿74町および有渡郡の50町が合併して旧 静岡市が成立した[4]

現在、静岡市葵区の行政区画(町丁)として「駿府町」があり、駿府の名が住所に載る形で残されている。駿府町は、駿府城址の東側一帯にあたる。

駿府を題材にした作品編集

脚注編集

  1. ^ 家康公の生涯 - 隠居でなかった家康の晩年”. www.visit-shizuoka.com. 2020年11月2日閲覧。
  2. ^ 駿府のまちづくり”. 静岡市. 2020年12月5日閲覧。
  3. ^ 静岡まつりと駿府九十六ヶ町 | 静岡まつり公式ページ”. shizuokamatsuri.com. 2020年12月5日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本地名大系 静岡県の地名』(1988年)平凡社
  5. ^ 駿府城跡、豊臣方の「幻の城」天守台の石垣見つかる”. 毎日新聞 (2018年10月16日). 2018年10月17日閲覧。

関連項目編集

人物