円光寺 (京都市左京区)

京都市左京区にある寺院

円光寺(えんこうじ)は、京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派寺院山号は瑞巌山(ずいがんさん)。本尊千手観音。開基(創立者)は徳川家康。正式には圓光寺と表記する。当寺では徳川家康の命により、日本における初期の活字本の一つである「伏見版」の印刷事業が行われた。秋は紅葉の名所となり多くの人が訪れる。

圓光寺
圓光寺 - panoramio (3).jpg
所在地 京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
位置 北緯35度2分42秒 東経135度47分49秒 / 北緯35.04500度 東経135.79694度 / 35.04500; 135.79694座標: 北緯35度2分42秒 東経135度47分49秒 / 北緯35.04500度 東経135.79694度 / 35.04500; 135.79694
山号 瑞巌山(ずいがんさん)
宗派 臨済宗南禅寺派
本尊 千手観音
創建年 慶長6年(1601年
開山 閑室元桔
開基 徳川家康
文化財 円山応挙筆 紙本墨画竹図、絹本着色元佶和尚像、伏見版木活字52,320個(重要文化財
法人番号 6130005001099 ウィキデータを編集
円光寺 (京都市左京区)の位置(京都市内)
円光寺 (京都市左京区)
テンプレートを表示
手水鉢と水琴窟
秋の円光寺

歴史編集

徳川家康により慶長6年(1601年)に足利学校の第9代の庠主(しょうしゅ、学頭)であった閑室元佶が招かれ、伏見城下に伏見学校円光寺として建立されたのに始まる。

当寺は学校でもあったので、家康から与えられた木活字を用いて、『孔子家語』(こうしけご)『貞観政要』(じょうがんせいよう)、『三略』などの儒学・兵法関連の書物を刊行した。これらの書物は伏見版、あるいは円光寺版と呼ばれ、そのとき使用された木製の活字が保存されている。その数は約5万個にのぼり日本最古の活字であり重要文化財となっている[1]

その後、当寺は相国寺山内に移り、更に三世澤雲祖兌禅師のとき、寛文7年(1667年)に現在地に移された[2]

明治時代以降、臨済宗南禅寺派の尼僧の修行道場となっていた時もあった。

境内編集

文化財編集

重要文化財編集

  • 紙本墨画竹図(雨竹風竹図) - 六曲屏風一双、円山応挙筆。
  • 絹本著着色元佶和尚像 - 自賛あり。
  • 伏見版木活字 52,320個(附:摺刷盤2面)

拝観編集

拝観料は大人500円・中高校生400円・小学生300円。9時から17時まで開門。

要予約・有料(2017年現在1000円)で紅葉期のみ7時30分から約1時間の早朝拝観ができる。坐禅堂では日曜日の朝6時から2時間にわたり日曜坐禅会が行われており、要予約・志納でだれでも座禅だけでなく、作務(境内掃除の修行)や法話・粥坐(朝粥を食べるのも修行のひとつとされている)を体験できる。

近隣編集

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 『月刊文化財』346号、p.47
  2. ^ 『京都の禅寺散歩』、p.90

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集