メインメニューを開く

円城寺 信胤(えんじょうじ のぶたね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将龍造寺氏の家臣。

 
円城寺信胤
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正12年3月24日1584年5月4日
主君 龍造寺隆信
氏族 円城寺氏
テンプレートを表示

略歴編集

千葉氏の子孫に当たるといわれる。千葉氏の支流が園城寺と関係があり、それをもじって円城寺氏と称したともいわれる。

武勇に優れた勇将であり、主君・龍造寺隆信に従って各地を転戦し、武功を挙げた。龍造寺四天王の一人に挙げられることもある。天正12年(1584年)、島津氏との戦い(沖田畷の戦い)では島津家久の奇襲によって龍造寺軍が大混乱に陥る中、「我こそは龍造寺山城守隆信なり」と名乗りを上げて敵軍に切り込み、隆信の身代わりとなって戦死したという。しかし、信胤の奮戦の甲斐もなく、隆信は島津軍の川上忠堅によって討ち取られた。