メインメニューを開く

出来山(できやま)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・出来山が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。

また、相撲界では八百長のことを出来山とも言うが、それと年寄名跡との因果関係も明らかではない。

出来山の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 出来山岸右衛門 --- ---
2代 ? --- ---
3代 三河屋治右衛門 --- --- 1812年11月-1818年2月 5代に名跡変更
4代 常山倉之助 --- 粂川-雷部屋 1822年10月-1830年10月(死去) 二枚鑑札
5代 常盤戸文吉 --- 出来山-粂川-雷部屋 1832年11月-1850年10月(死去) 二枚鑑札
6代 立川定吉 --- 玉垣部屋 1851年11月-1866年11月(死去)
7代 大纒長吉 関脇 玉垣-出来山部屋 1882年1月-1889年12月(死去) 二枚鑑札
8代 大纒千代吉 前1 出来山-八角-出来山部屋 1899年1月-1917年5月(廃業) 二枚鑑札
9代 紫雲竜吉之助 前1 高砂-阿武松部屋 1917年5月-1940年1月 7代阿武松に名跡変更
10代 武藏山武 横綱 出羽海部屋 1940年1月-1943年1月 7代不知火に名跡変更
11代 藤ノ里栄藏 前5 湊川-高嶋-出羽海部屋 1943年1月-1947年6月(廃業)
12代 四海波好一郎 前10 出羽海部屋 1947年6月-1950年9月(廃業)
13代 汐ノ海運右エ門 大関 出羽海部屋 1951年5月-1983年2月(停年(定年。以下同)退職)
14代 黒姫山秀男 関脇 立浪部屋 1983年5月-1988年1月 借株、17代北陣に名跡変更
15代 出羽の花義貴 関脇 出羽海部屋 1988年1月-2016年5月(停年退職)
2016年5月-

再雇用