メインメニューを開く

別所梅之助

別所梅之助

別所 梅之助(べっしょ うめのすけ、明治4年12月12日1872年1月21日) - 昭和20年(1945年3月1日)は日本の牧師讃美歌作家。明治版共通『讃美歌』1903年)、昭和6年(1931年)版の『讃美歌』の編集に携わり、日本の讃美歌史に貢献した。1917年の『大正改訳聖書』の改訂にも委員として参加した。

目次

生涯編集

1871年(明治4年)に東京に生まれ、1887年(明治20年)に洗礼を受けた。献身を志し、東京英和学校(現、青山学院大学)で学んだ。その時の同級生に後の日本ホーリネス教会監督の中田重治がいる。基督教青年会 (YMCA) で中田と共に、高等部普通科の生徒に伝道した。

1894年(明治27年)メソヂスト監督教会の牧師に就任した。豊橋川越などの牧師を経て、メソヂスト教会の機関紙『護教』の主筆になり、青山学院で教鞭を取った。

 
青山学院教授の別所梅之助

1897年に『メソジスト監督教会教理及び条例』 別所梅之助編を教文館から発行し1905年改定。1907年にメソヂスト監督教会は、カナダ・メソヂスト監督教会アメリカ南メソヂスト監督教会と合同して、監督制日本メソヂスト教会が成立。本多庸一が監督に就任。

 
文語新約改訳委員のメンバー、左からC・K・ハーリントン、別所梅之助、H・J・フォス、C・S・デビソン、松山高吉川添万寿得、ラーネッド

讃美歌の編纂編集

1903年(明治36年)、1931年(昭和6年)の賛美歌の改訂の編集作業に携わり、自身も賛美歌を創作した。讃美歌委員会の委嘱によって日本讃美歌史の執筆を試みたが、未完の内に1945年(昭和20年)に死去した。

著書編集

共著編集

参考文献編集

  • 『讃美歌略解(前編-歌詞の部)』日本基督教団出版局、1954年
  • 米田勇『中田重治伝』中田重治伝刊行委員会、1959年

外部リンク編集