刹那(せつな、: kṣaṇa[1]: khaṇa)とは、仏教時間の概念の1つで、きわめて短い時間、瞬間、最も短い時間の単位を表す[1]念念[1]叉拏(しゃな)、念頃(ねんきょう)[2]ともいう。

刹那の長さ編集

刹那の長さについては、指をひとはじきする(1弾指)間に65刹那ある[1]などの諸説ある。大毘婆沙論』では、24時間=30牟呼栗多=900臘縛=54,000怛刹那=6,480,000刹那とし、1刹那の長さを1/75に比定している。[要出典]

しかし、中観派の開祖である龍樹は、刹那に具体的な時間的長さを設定する思想を否定している。[要出典]

極めて短い時間を念といい、一刹那、または60刹那、または90刹那などを一念とする[3]

なお、物理学的な意味での「最も短い時間」(時間の最小の単位)は、2020年9月現在プランク時間とされている。

刹那と仏教思想編集

説一切有部では、人間の意識は一刹那の間に生成消滅(刹那生滅)を繰り返す心の相続運動であるとする。それについて曹洞宗道元は、『正法眼蔵』の「発菩提心」巻で、悟りを求める意志も、悟りを開こうとするのもその無常性を前にするからであり、常に変化するからこそ、悪が消滅し、善が生まれるのであると説く。

単位としての刹那編集

刹那は漢字文化圏では単位としても用いられている。10-18(100京分の1)で、弾指の10分の1、六徳の10倍に当たる。 朱世傑『算学啓蒙』(値が異なる)や程大位『算法統宗』に見えるが、現実には使われない。

SI接頭辞ではアト(atto)に当たるが、現在の中国では音訳の「阿(ā)」を使い、「刹那」は使わない。

脚注編集

  1. ^ a b c d 岩波仏教辞典 1989, p. 495.
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『刹那』 - コトバンク
  3. ^ 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合佛教大辞典』下巻、法蔵館、1988年1月、第一版、1135頁。

出典編集

  • 中村元他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。ISBN 4-00-080072-8

関連項目編集

外部リンク編集