メインメニューを開く

前払式証票の規制等に関する法律(まえばらいしきしようひょうのきせいとうにかんするほうりつ、平成元年12月22日法律第92号)とは、かつて存在した日本法律商品券プリペイドカードなどの金券について規定していた。乗車券や入場券は対象外であった。

前払式証票の規制等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 前払式証票規制法、プリペイドカード法
法令番号 平成元年12月22日法律第92号
効力 廃止
種類 金融法
主な内容 前払式証票の規制
テンプレートを表示

1932年(昭和7年)に商品券取締法(昭和7年9月7日法律第28号)として制定され、1989年(平成元年)に全部改正されて改題された。

2010年(平成22年)4月1日資金決済に関する法律の施行に伴い廃止された。

構成編集

  • 第一章 総則
  • 第二章 自家発行型前払式証票の発行の届出等
  • 第三章 第三者型発行者の登録
  • 第四章 表示事項及び発行保証金の供託等
  • 第五章 監督
  • 第六章 前払式証票発行協会
  • 第七章 雑則
  • 第八章 罰則
  • 附則

関連項目編集

外部リンク編集