メインメニューを開く

前田 孫右衛門(まえだ まごえもん、1818年8月29日文政元年7月28日) - 1865年1月16日元治元年12月19日))は、江戸時代末期(幕末)の長州藩士は利済、字は致遠、通称は岩助、号は陸山。甲子殉難十一烈士の一人。

萩藩出身。藩校明倫館で学び、長州藩の代官や奉行を歴任後、1862年に上京して直目付に就任して軍備の整備に当たるが、奉勅攘夷の為出奔。1863年八月十八日の政変により直目付を罷免されるが、9月に表番頭格用談役に登用され、後に直目付に復職。1864年7月、山田亦介天野謙吉らと共に東上するが京師の変の報を聞いて帰国し、伊藤俊輔と共に応接使となる。禁門の変の後、直目付を再び罷免され、謹慎処分に処される。その後野山獄に入れられ、楢崎弥八郎松島剛蔵毛利登人山田亦介大和弥八郎渡辺内蔵太ら6人と共に処刑される。

関連作品編集