伊藤博文

日本の政治家。初代、第5・7・10代日本国内閣総理大臣。伊藤(博文)家初代。従一位公爵。大勲位菊花章頸飾。名誉博士(イェール大学)。校賓(早稲田大学)。

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日天保12年9月2日〉- 1909年明治42年〉10月26日)は、明治期の日本政治家[1]位階勲等爵位従一位大勲位公爵

伊藤 博文
いとう ひろぶみ
ITŌ Hirobumi.jpg
フロックコートを着用し、胸に勲章の略綬を着けた伊藤
生年月日 天保12年9月2日1841年10月16日
出生地 日本の旗 日本周防国熊毛郡束荷村
(現:山口県光市
没年月日 (1909-10-26) 1909年10月26日(68歳没)
死没地 Flag of China (1889–1912).svg 吉林省浜江庁ハルビン駅
(現:黒龍江省ハルビン市南崗区
出身校 松下村塾
前職 武士長州藩士
所属政党 立憲政友会
称号 従一位
大勲位菊花章頸飾
公爵
名誉博士イェール大学
校賓早稲田大学
配偶者 伊藤すみ子(先妻)
伊藤梅子(継妻)
子女 貞子(長女)
生子(次女)
朝子(三女)
文吉(長男・庶子
眞一(次男・庶子)
親族
サイン ItoH kao.png

内閣 第1次伊藤内閣
在任期間 1885年12月22日 - 1888年4月30日
天皇 明治天皇

日本の旗 第5代 内閣総理大臣
内閣 第2次伊藤内閣
在任期間 1892年8月8日 - 1896年8月31日
天皇 明治天皇

日本の旗 第7代 内閣総理大臣
内閣 第3次伊藤内閣
在任期間 1898年1月12日 - 1898年6月30日
天皇 明治天皇

日本の旗 第10代 内閣総理大臣
内閣 第4次伊藤内閣
在任期間 1900年10月19日 - 1901年5月10日
天皇 明治天皇

日本の旗 第10代 枢密院議長
在任期間 1909年6月14日 - 1909年10月26日
天皇 明治天皇

その他の職歴
日本の旗 初代 韓国統監
1905年12月21日 - 1909年6月14日)
日本の旗 第8代 枢密院議長
1903年7月13日 - 1905年12月21日)
日本の旗 第3代 枢密院議長
1891年6月1日 - 1892年8月8日)
日本の旗 初代 枢密院議長
(1888年4月30日 - 1889年10月30日
日本の旗 外務大臣臨時兼任
1887年9月17日 - 1888年2月1日
日本の旗 初代 宮内大臣
(1885年12月22日 - 1887年9月16日
日本の旗 第3代 宮内卿
1884年3月21日 - 1885年12月22日)
日本の旗 初代 工部卿
1873年10月25日 - 1878年5月15日
日本の旗 貴族院議員
(1890年7月10日 - 1891年7月
1895年8月 - 1907年9月
1907年9月 - 1909年10月26日)
兵庫県の旗 官選初代 兵庫県知事
1868年7月12日 - 1869年5月21日
テンプレートを表示

明治時代に4度にわたって内閣制度発足以降の内閣総理大臣初代[2]1885年-1888年5代1892年-1896年7代1898年10代1900年-1901年)を務めたことで知られる。1次内閣時には明治憲法起草の中心人物となり、2次内閣では日清講和条約の起草にあたった。4次内閣の組閣に際して立憲政友会を結党して初代総裁(在職1900年-1903年)となり、政党政治に道を開いた[1]。他、初代枢密院議長(在職1888年-1889年)、初代貴族院議長(在職1890年-1891年)、初代韓国統監(在職1905年-1909年)、元老などを歴任した[3][1]

博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。「越智宿禰博文」とも名乗った。幼名利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。

概要編集

周防国百姓の子として生まれる。父が長州藩足軽伊藤家に入ったため、父とともに下級武士の身分を得る。

吉田松陰私塾である松下村塾に学んだ。尊王攘夷運動に参加したが、1863年には藩命により井上馨らとともにイギリスに密航して留学して開国論者となる[4][3]1864年ロンドンで四国連合艦隊の長州藩攻撃の計画を知り、急遽帰国し、藩主毛利敬親に開国への転換の必要を説いたが、受け容れられなかった。同年幕府による第一次長州征伐に対する藩首脳の対応に憤慨した高杉晋作が起こした功山寺挙兵に参加。この藩内戦の勝利により藩主流派となり、藩政改革に参画するようになり、主に藩の対外交渉の任にあたった[3]

明治維新後の1868年から政府に出仕し、外国事務掛、参与、外国事務局判事、初代兵庫県知事などを歴任。1869年(明治2年)には陸奥宗光らとともに当面の政治改革の建白書を提出して開明派官僚として頭角を現した。また大蔵少輔民部少輔として貨幣制度の改革を担当し、1870年(明治3年)には財政幣制調査のために渡米し、翌年の金本位制の採用と新貨条例の公布を主導した。1871年(明治4年)の岩倉使節団にも参加し、副使として米欧に渡る。この間に大久保利通の信任を得た[3]

1873年(明治6年)の帰国後には大久保らとともに内政優先の立場から西郷隆盛征韓論に反対し、同年10月に西郷らが下野すると大久保の片腕として参議工部卿に就任した[1]1878年(明治11年)に大久保が不平士族に暗殺された後、その後を継いで内務卿に就任し、政府の中心人物となった。琉球処分侍補制度の廃止、教育令の制定などを推進した。1881年(明治14年)に大隈重信からイギリス型議会政治を目指す急進的憲法意見が出されると伊藤が反対し、大隈ら開明派官僚が下野するという明治十四年の政変が発生した[3][1]1882年(明治15年)にドイツオーストリアの憲法調査を行い、1884年に宮中に制度取調局を創設してその長官に就任し、立憲体制への移行に伴う諸制度の改革に着手[3]

1885年太政官にかえて内閣制度を創設し、内閣発足以後[2]の初代内閣総理大臣に就任した(第1次伊藤内閣)。井上毅伊東巳代治金子堅太郎らとともに憲法や皇室典範貴族院令衆議院議員選挙法の草案の起草にあたり、1888年枢密院が創設されるとその議長に就任し、憲法草案の審議にあたった。1889年に日本最初の近代憲法明治憲法を制定。君主大権の強いドイツ型の憲法だったが、伊藤は立憲政治の意義が君権制限と民権保護にあることを強調し、立憲主義的憲法理解を示した[3][1]

1890年(明治24年)に帝国議会が創設されると初代貴族院議長に就任(最初の議会のみ)。1892年(明治25年)に第2次伊藤内閣を組閣し、衆議院の第一党だった自由党に接近。日清戦争では首相として大本営に列席するとともに日清講和条約に調印した。戦後は自由党と連携して連立政権を組織[1]1898年(明治31年)に第3次伊藤内閣を組閣したが、自由党や進歩党との連携に失敗し、地租増徴が議会の反発で挫折したことで総辞職。他の元老たちの反対を押し切って大隈重信と板垣退助を後継に推して日本最初の政党内閣(第1次大隈内閣)を成立させた。さらに1900年(明治33年)には立憲政友会を結党して、その初代総裁となり、第4次伊藤内閣を組閣。明治立憲制のもとでの政党政治に道を開いた[1]。しかし1901年(明治34年)に貴族院の反発と財政問題をめぐる閣内不一致で総辞職[3]

同年に起こった日英同盟論には慎重でロシアとの協商を模索して訪露したが、具体的成果を得られず、結果的に日英同盟が促進された。帰国後は野党の立場を貫こうとする政友会の指導に苦慮し、1903年(明治36年)に総裁を辞し、元老の立場に戻った[3]

日露戦争開戦には慎重だったが[5]、日露戦争後の朝鮮満州の処理問題に尽力し、1905年(明治38年)には初代韓国統監に就任[3]韓国の国内改革と保護国化の指揮にあたり、3度にわたる日韓協約で漸次韓国の外交権や内政の諸権限を剥奪した[6]。伊藤は日本政府内では対韓慎重派であり、保護国化はやむなしとしたが、併合には慎重だったといわれる[5]。しかし韓国民族運動との対立の矢面に立つ形となり、1909年(明治42年)に韓国統監を辞職した後、ハルビン駅において韓国の民族主義運動家の安重根に狙撃されて死亡した[1]

開明派として日本の近代化、特に憲法制定とその運用を通じて立憲政治を日本に定着させた功績が評価される[1]

生涯編集

生い立ち編集

 
父親・伊藤十蔵
 
母親・伊藤琴子

天保12年(1841年)9月2日、周防国熊毛郡束荷村字野尻(現・山口県光市束荷字野尻)の百姓・林十蔵(のちに重蔵)の長男として生まれる。母は秋山長左衛門の長女・琴子。弘化5年(1846年)に破産した父がへ単身赴任したため母とともに母の実家へ預けられたが、嘉永2年(1849年)に父に呼び出され萩に移住した。萩では久保五郎左衛門の塾に通い(同門に吉田稔麿)、家が貧しかったため、12歳ごろから父が長州藩蔵元付中間水井武兵衛養子となり、武兵衛が安政元年(1854年)に周防佐波郡相畑村の足軽・伊藤弥右衛門の養子となって伊藤直右衛門と改名したため、十蔵・博文父子も足軽となった[7]

松下村塾入門編集

 
志士時代の伊藤
 
長州五傑。上段左から遠藤謹助野村弥吉(井上勝)、伊藤、下段左から志道聞多(井上馨)、山尾庸三
 
左から三谷国松高杉晋作、伊藤

安政4年(1857年2月江戸湾警備のため相模に派遣されていたとき、上司として赴任してきた来原良蔵と昵懇となり、その紹介で吉田松陰松下村塾に入門する。伊藤は友人の稔麿の世話になったが、身分が低いため塾の敷居をまたぐことは許されず、戸外で立ったままの聴講に甘んじていた。

  • 渡邊嵩蔵 「伊藤公なども、もとより塾にて読書を学びたれども、自家生活と、公私の務に服せざるべからざる事情のために、長くは在塾するを得ざりしなり」[8]

翌安政5年(1858年)7月から10月まで松陰の推薦で長州藩の京都派遣に随行、帰藩後は来原に従い安政6年(1859年)6月まで長崎で勉学に努め、10月からは来原の紹介で来原の義兄の桂小五郎(のちの木戸孝允)の従者となり、長州藩の江戸屋敷に移り住んだ。ここで志道聞多(のちの井上馨)と出会い、親交を結ぶ。

松陰が同年10月に安政の大獄で斬首された際、桂の手附として江戸詰めしていた伊藤は、師の遺骸を引き取ることなる。このとき、伊藤は自分がしていた帯を遺体に巻いた。このあと、桂を始め久坂玄瑞高杉晋作・井上馨らと尊王攘夷運動に加わる一方で海外渡航も考えるようになり、万延元年12月7日1861年1月17日)に来原に宛てた手紙でイギリス留学を志願している。

文久2年(1862年)には公武合体論を主張する長井雅楽の暗殺を画策し、8月に自害した来原の葬式に参加、12月に品川御殿山英国公使館焼き討ちに参加し、山尾庸三と共に塙忠宝[注釈 1]加藤甲次郎を暗殺する[10]など、尊王攘夷の志士として活動した[11]。筋肉質の体躯であったとされる。

イギリス留学編集

文久3年(1863年)には井上馨の薦めで海外渡航を決意、5月12日に井上馨・遠藤謹助・山尾庸三・野村弥吉(のちの井上勝)らとともに長州五傑の一人としてイギリスに渡航する。伊藤の荷物は文久2年に発行された間違いだらけの『英和対訳袖珍辞書』1冊と寝巻きだけであったという。しかも途中に寄港した上海で別の船に乗せられた際、水兵同然の粗末な扱いをされ苦難の海上生活を強いられた。

9月23日ロンドン到着後、ヒュー・マセソンの世話を受け化学者アレキサンダー・ウィリアムソンの邸に滞在し、英語や礼儀作法の指導を受ける。ロンドンでは英語を学ぶとともに博物館美術館に通い、海軍施設、工場などを見学して見聞を広めた。留学中にイギリスと日本との、あまりにも圧倒的な国力の差を目の当たりにして開国論に転じる。

元治元年(1864年)3月、4国連合艦隊による長州藩攻撃が近いことを知ると、井上馨とともに急ぎ帰国した。

6月10日横浜上陸後長州藩へ戻り、戦争回避に奔走する。英国公使オールコックと通訳官アーネスト・サトウと会見したが、両名の奔走も空しく、8月5日に4国連合艦隊の砲撃により下関戦争(馬関戦争)が勃発、長州の砲台は徹底的に破壊される。

伊藤は戦後、宍戸刑馬こと高杉晋作の通訳として、ユーリアラス号で艦長クーパーとの和平交渉にあたる。藩世子・毛利元徳へ経過報告したときには、攘夷派の暗殺計画を知り、高杉とともに行方をくらましている。そして、この和平交渉において、天皇将軍が長州藩宛に発した「攘夷実施の命令書」の写しをサトウに手渡したことにより、各国は賠償金江戸幕府に要求するようになる[12]

挙兵編集

オールコックらとの交渉で伊藤は井上馨とともに長州藩の外国応接係を任されるが、下関戦争と禁門の変で大損害を被った藩は幕府への恭順を掲げる俗論派が台頭、攘夷派の正義派(革新派)との政争が始まった。伊藤は攘夷も幕府にも反対でありどちらの派閥にも加わらなかったが、9月に井上が俗論派の襲撃で重傷を負うと行方をくらました。

11月、長州藩が第一次長州征伐で幕府に恭順の姿勢を見せると、12月に高杉らに従い力士隊を率いて挙兵(功山寺挙兵)。このとき、高杉のもとに一番に駆けつけたのは伊藤だった。その後、奇兵隊も加わるなど各所で勢力を増やして俗論派を倒し、正義派が藩政を握った。のちに伊藤は、このときのことを述懐して、「私の人生において、唯一誇れることがあるとすれば、このとき、一番に高杉さんのもとに駆けつけたことだろう」と語っている。

慶応元年(1865年)に藩の実権を握った桂の要請で行った薩摩藩や外国商人との武器購入および交渉がおもな仕事となり、第二次長州征伐にも戊辰戦争にも加勢できずに暇を持て余す形になった。

慶応4年(明治元年、1868年)に外国事務総裁東久世通禧に見出され、神戸事件堺事件の解決に奔走。これが出世の足がかりとなった[13]

明治維新編集

 
木戸孝允(前列中央)と伊藤(後列右端)ら。明治3年撮影。
 
岩倉使節団。右から大久保利通、伊藤、岩倉具視山口尚芳、木戸孝允

明治維新後は伊藤博文と改名し、長州閥の有力者として、英語に堪能なことを買われて参与外国事務局判事大蔵少輔民部少輔、初代兵庫県知事(官選)、初代工部卿宮内卿など明治政府のさまざまな要職を歴任する。これには木戸孝允の後ろ盾があり、井上馨や大隈重信とともに改革を進めることを見込まれていたからであった。

兵庫県知事時代の明治2年(1869年1月、『国是綱目』いわゆる「兵庫論」を捧呈し、

  1. 君主政体
  2. 兵馬の大権を朝廷に返上
  3. 世界万国との通交
  4. 国民に上下の別をなくし「自在自由の権」を付与
  5. 「世界万国の学術」の普及
  6. 国際協調・攘夷の戒め

を主張した。

明治3年(1870年)に発足した工部省の長である工部卿として、殖産興業を推進する。のちにこれは、内務卿大久保利通のもとで内務省へと引き継がれる。また同年11月から翌年5月まで、財政幣制調査のため芳川顕正福地源一郎らと渡米。中央銀行について学び、帰国後に伊藤の建議により、日本最初の貨幣法である新貨条例が制定される。

明治4年(1871年11月には岩倉使節団の副使として渡米、サンフランシスコで「日の丸演説」を行う[14][注釈 2]。明治6年(1873年)3月にはベルリンに渡り、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世に謁見。宰相ビスマルクとも会見し、ビスマルクから強い影響を受けた。

The red disc in the centre of our national flag shall no longer appear like a wafer over a sealed empire, but henceforth be in fact what it is designed to be, the noble emblem of the rising sun, moving onward and upward amid the enlightened nations of the world.
(国旗の中央なる吾等が緋の丸こそ最早閉ざされし帝国の封蝋の如く見ゆらざれ、将にその原意たる、旭日の貴き徽章、世界の文明諸国の只中に進み昇らん。) — Hirobumi Ito, 23rd of January 1872.

大蔵兼民部少輔を務めた際には、大隈重信とともに殖産興業政策の一環として鉄道建設を強力に推し進め、京浜間の鉄道は、明治5年5月7日1872年6月12日)に品川 - 横浜間で仮営業を始め、同年9月12日(1872年10月14日)、新橋までの全線が開通した[15]

当初、伊藤が新政府に提出した『国是綱目』が当時新政府内では極秘裏の方針とされていた版籍奉還に触れていたために大久保利通や岩倉具視の不興を買い、大蔵省の権限をめぐる論争でも大久保とは対立関係にあった。また、岩倉使節団がアメリカで不平等条約改正交渉を始めた際、全権委任状を取るため一旦大久保とともに帰国したが、取得に5か月もかかったことで木戸との関係も悪化した(改正交渉も中止)。

だが、大久保・岩倉とは西欧旅行を通して親密になり、木戸とものちに和解したため、明治6年(1873年)に帰国して関わった征韓論では「内治優先」路線を掲げた大久保・岩倉・木戸らを支持して大久保の信任を得るようになった(明治六年政変)。このあと木戸とは疎遠になる代わりに、政権の重鎮となった大久保・岩倉と連携する道を選ぶ一方、盟友の井上馨とともに木戸と大久保の間を取り結び、板垣退助とも繋ぎを取り明治8年(1875年)1月の大阪会議を斡旋する。明治10年(1877年)に木戸が死去、同年に西南戦争西郷隆盛が敗死、翌11年(1878年)に大久保も暗殺されたあとは内務卿を継承し、維新の三傑なき後の明治政府指導者の1人として辣腕を振るう[16]

明治12年(1879年)9月に「教育議」を上奏し、教育令発布となる[17]

明治14年(1881年)1月、日本の立憲体制をどう作るか井上馨や大隈重信と熱海で会談。しかし大隈が急進的な構想を内密に提出、独走するようになると、政界追放を決め工作に取りかかり、10月14日の大隈下野で目的を果たし、明治23年(1890年)に国会を開設することを約束する(明治十四年の政変)。伊藤の漸進的な提案が通り、黒田清隆西郷従道ら薩摩派とも提携したことで事実上伊藤が中心となる体制ができあがった。一方で井上毅が岩倉の指示を受け、大隈案への対抗からプロイセン憲法を元にした憲法の採用を提案したときは退けたが、これは井上が憲法制定を焦り、外国憲法をどう日本に定着させるかについて具体的に論じていないことと、上役の伊藤に憲法制定を促すなど分を越えた動きをしていたからであった。

明治15年(1882年)3月3日、明治天皇憲法調査のための渡欧を命じられ、3月14日、河島醇平田東助吉田正春山崎直胤三好退蔵岩倉具定広橋賢光西園寺公望伊東巳代治ら随員を伴いヨーロッパに向けて出発した。はじめベルリン大学公法学者、ルドルフ・フォン・グナイストに教示を乞い、アルバート・モッセからプロイセン憲法の逐条的講義を受けた。のちにウィーン大学の国家学教授・憲法学者であるローレンツ・フォン・シュタインに師事し、歴史法学行政について学ぶ。これが帰国後、近代的な内閣制度を創設し、大日本帝国憲法の起草・制定に中心的役割を果たすことにつながる。

明治18年(1885年)2月、朝鮮で起きた甲申政変の事後処理のため清に派遣され、4月18日には李鴻章との間に天津条約を調印している[18]

初代内閣総理大臣就任編集

明治18年(1885年)12月の内閣制度移行に際し、誰が初代内閣総理大臣になるかが注目された。衆目の一致する所は、太政大臣として名目上ながらも政府のトップに立っていた三条実美と、大久保の死後事実上の宰相として明治政府を切り回し内閣制度を作り上げた伊藤だった。しかし三条は、藤原北家閑院流の嫡流で清華家の一つ三条家の生まれという高貴な身分、公爵である。一方伊藤といえば、貧農の出で武士になったのも維新の直前という低い身分の出身、お手盛りで伯爵になってはいるものの、その差は歴然としていた。

太政大臣に代わる初代内閣総理大臣を決める宮中での会議では、誰もが口をつぐんでいるなか、伊藤の盟友であった井上馨は「これからの総理は赤電報(外国電報)が読めなくてはだめだ」と口火を切り、これに山縣有朋が「そうすると伊藤君より他にはいないではないか」と賛成、これには三条を支持する保守派の参議も返す言葉がなくなった。つまり英語力が決め手となって伊藤は初代内閣総理大臣となったのである。以後、伊藤は4度にわたって内閣総理大臣を務めることになる。

なお、44歳2か月での総理大臣就任は、2018年現在日本の歴代総理大臣の中でもっとも若い記録である(2番目は近衛文麿の45歳、現行憲法下では安倍晋三の52歳)。維新以来、徐々に政府の実務から外されてきた公卿出身者の退勢はこれで決定的となり、以降、長きにわたって総理大臣はおろか、閣僚すらなかなか出せない状態となった。

第1次伊藤内閣では憲法発布前の下準備の機関創設に奔走、明治19年(1886年)2月には各省官制を制定し、3月には将来の官僚育成のため帝国大学(現・東京大学)を創設し、翌年3月には国家学会が創設、これを支援した。一方、井上馨を外務大臣として条約改正を任せたが、井上馨が提案した改正案に外国人判事の登用などを盛り込んだことが問題になり、閣内分裂の危機を招いたため、明治20年(1887年)7月に外国へ向けた改正会議は中止、9月に井上馨が辞任したため失敗に終わった。同年6月から夏島で伊東巳代治・井上毅・金子堅太郎らとともに憲法草案の検討を開始する。

またイギリス自由党議員で鉄道事業家のジャスパー・ウィルソン・ジョーンズの義理の息子である法曹フランシス・ピゴットを憲法を含む法制顧問に迎えるなどし、のちに刊行した『秘書類纂』にも数々のピゴットの論文(和訳)を納めた[19]。なおジョーンズの娘でピゴットの妻マーベルは1896年に植民地看護協会を設立しており、ウィンストン・チャーチルは新人議員のときに同協会を支援した。

明治21年(1888年)4月28日、枢密院開設の際に初代枢密院議長となるために首相を辞任[20]

大日本帝国憲法発布編集

明治22年(1889年)2月11日、黒田内閣の下で大日本帝国憲法が発布される。これに際し、伊藤は華族同方会憲法に関して演説し、立憲政治の重要性、とりわけ一般国民を政治に参加させることの大切さを主張する。また6月には『憲法義解』を刊行する。明治25年(1892年)には、吏党の大成会を基盤にした政党結成を主張するが、明治天皇の反対により頓挫する[21]。この時伊藤は枢密院の議長。

第二次内閣編集

日清戦争編集

伊藤が明治25年から2度目の首相を務めていたとき、朝鮮甲午農民戦争(東学党の乱)をきっかけに、7月に清軍と衝突、朝鮮の主権をめぐって意見が対立し、8月に日清戦争が起こる。翌年の明治28年(1895年)4月に、陸奥宗光とともに全権大使として、李鴻章との間に下関の春帆楼で講和条約の下関条約(馬関条約)に調印する。また、戦争前に陸奥がイギリスと治外法権撤廃を明記した条約を結び、条約改正に大きく前進した。

朝鮮の独立(第一条)と遼東半島の割譲などを明記した下関条約がドイツフランスロシア三国干渉を引き起こし、第2次伊藤内閣は遼東半島の放棄を決め、翌明治29年(1896年)8月31日、伊藤は首相を辞任する[22]

第三次内閣編集

明治31年(1898年)1月、第3次伊藤内閣が発足。6月に衆議院解散閣議で政党結成の意思を表明するなど、新党結成を唱えるが、山縣有朋の反対に遭い首相を辞任。同年8月に長崎を出発し、朝鮮の漢城高宗と会見。9月には清の北京慶親王康有為らと面談、戊戌変法に取り組んでいた光緒帝に謁見し、10月には張之洞劉坤一と会談している。北京滞在中の9月21日に保守派が決行した戊戌の政変に遭遇、そのときの状況と戸惑いを日本の梅子夫人に書き送っている。翌32年(1899年)4月から10月まで半年かけて全国遊説を行い、政党創立の準備と民衆への立憲体制受け入れを呼びかけている。

伊藤の建議に基づき1899年に創設された帝室制度調査局では皇室典範の増補と公式令の制定に取り組んだ。

第四次内閣編集

明治33年(1900年)9月には立憲政友会を創立し、初代総裁を務める。10月に政友会のメンバーを大勢入れた第4次伊藤内閣が発足するが、政党としての内実が整わない状態での組閣だったため、内部分裂を引き起こし翌34年(1901年)5月に辞任。政友会はその後西園寺公望原敬らが中心となり伊藤の手を離れるが、立憲民政党とならぶ2大政党の1つとなり、大正デモクラシーなどで大きな役割を果たすまでに成長した。また貴族院議員として貴族院議長に就任する[23]

日露戦争編集

日清戦争後、伊藤は対露宥和政策をとり、陸奥宗光・井上馨らとともに日露協商論満韓交換論を唱え、ロシアとの不戦を主張した。同時に桂太郎・山縣有朋・小村寿太郎らの日英同盟案に反対した。さらに、自ら単身ロシアに渡って満韓交換論を提案するが、ロシア側から拒否される[注釈 3]

明治37年(1904年)から始まった日露戦争をめぐっては、金子堅太郎をアメリカに派遣し、大統領セオドア・ルーズベルトに講和の斡旋を依頼している[注釈 4]。これが翌38年(1905年)のポーツマス条約に結びつくことになる。なおこの日露の講和に際して、首相の桂が日本の全権代表として最初に打診したのは、外相の小村ではなく伊藤であった。桂内閣は、講和条件が日本国民に受け入れがたいものになることを当初から予見し、それまで4度首相を務めた伊藤であれば国民の不満を和らげることができるのではないかと期待したのである。伊藤ははじめは引き受けてもよいという姿勢を示したのに対し、彼の側近は、戦勝の栄誉は桂が担い、講和によって生じる国民の反感を伊藤が一手に引き受けるのは馬鹿げているとして猛反対し、最終的には伊藤も全権大使への就任を辞退した[26]。また交渉の容易でないことをよく知っていた伊藤は、全権代表に選ばれた小村に対しては「君の帰朝の時には、他人はどうあろうとも、吾輩だけは必ず出迎えにゆく」と語り、励ましている[27]。講和後は、勝利を手にした日本と敗戦国ロシアとの間の戦後処理に奔走した[28]

第二次日韓協約編集

1905年11月の第二次日韓協約(韓国保護国化=外交権を取り上げる等)で、伊藤は特派大使に任命され。林権助在韓大使とともに交渉に当った。その際強圧的言動があり(→第二次日韓協約#交渉過程)、のちに韓国皇帝が列強に条約強制を訴えたハーグ密使事件とそれに伴う韓国皇帝退位、第三次日韓協約につながった。官民の間で排日感情が高まり(→第二次日韓協約#韓国の嘆き・抗議・自決・排日)、義兵闘争が激化した。

初代韓国統監編集

 
長谷川好道陸軍大将と共に統監府へ向かう伊藤(手前)

明治38年(1905年)11月、第二次日韓協約[注釈 5]により韓国統監府が設置されると伊藤が初代統監に就任した。以降、日本は実質的な朝鮮の統治権を掌握した[注釈 6]

伊藤は国際協調重視派で、大陸への膨張を企図して韓国の直轄を急ぐ山縣有朋や桂太郎・寺内正毅陸軍軍閥としばしば対立した[29]。また、韓国併合について、保護国化による実質的な統治で充分であるとの考えから当初は併合反対の立場を取っていた。近年発見された伊藤の明治38年(1905年)11月の日付のメモには「韓国の富強の実を認むるに至る迄」という記述があり、これについて京都大学教授の伊藤之雄は「伊藤博文は、韓国を保護国とするのは韓国の国力がつくまでであり、日韓併合には否定的な考えを持っていた事を裏付けるものだ」としている[30][31]。実際に、この文言は「第二次日韓協約」に盛り込まれ、調印された。

伊藤は韓国民の素養を認め韓国の国力・自治力が高まることを期待し、文盲率が94%にも上った韓国での教育にも力を注いだ。1907年4月14日、韓国に赴任する日本人教師たちの前で「徹頭徹尾誠実と親切とをもって児童を教育し裏表があってはならないこと」「宗教は韓国民の自由でありあれこれ評論しないこと」「日本人教師は余暇を用いて朝鮮語を学ぶこと」を訓諭した[32]。また明治40年(1907年)7月、京城(ソウル)にて新聞記者たちの前でも「日本は韓国を合併するの必要なし。韓国は自治を要す」と演説していた[33]

原田豊次郎著『伊藤公と韓国』(日韓書房、1909年11月)に、韓国駐在の日本人記者を相手にした伊藤の演説の要旨が掲載されている[34]。「今回事件」とは、ハーグ密使事件のことであるが、日本人記者を相手にした演説であり、伊藤の本音か確証はないが、小島毅は「私は本音ととっていいのではないかと思います。研究者もそのようにとっています」「日韓併合については懐疑的な人」としている[34]

吞噬は日本の意にあらず。韓国人は動もすれば日本の意を誤解す、日本は決して此の如き意思を有する者にあらず、素より之を敢てする者にあらざる也。又今回事件の起生せるを機とし、韓国を併合すべしと論ずる日本人ありと云ふ。余は合併の必要なしと考ふ。合併は却て厄介を増すに過ぎず、宜しく韓国をして自治の能力を養成せしむべき也。縦令国富み兵強くなるも、韓国の戈を倒にして我に打ちかかり来るが如き憂はなかるべし。韓国の富国強兵は日本の希望する所なれども、唯一の制限は韓国が永く日本と親しみ、日本と提携すべき事即ち是也。かの独逸連邦ウルテンブルグの如く韓国を指導し勢力を養成し、財政経済教育を普及して、遂には連邦政治を布くに至るやう之を導くを恐らくは日本の利益なりと、余は信ずる者也。

日露協約の韓国条項推進編集

ただし1907年日露協約に際し同年4月13日付で伊藤が林外務大臣に出した意見開陳[35]では、同協約で将来の日韓「アネキゼイション(併合)」についてロシアの承諾を得ておくべきだとし、また「吾にとりては韓国問題を根本的に解決すること目下の急務」と述べた。日本本国の政府・元老は、ロシアが体面上韓国合併明記を認めず協約が不成立になってしまうことを懸念して本野在露公使にロシア側の意向を確認させた[36][37]ところ、ロシアは韓国合併を認める代わりに蒙古方面での譲歩を求めてきた[38]。この交換条件に対し日本では慎重論が強かった[38][39][40][41][42]が、伊藤は「耶蘇教の蔓延、排日思想の増加と言ひ前途頗る困難に至るは疑を容れず…此際韓国問題を決定(4月25日)」[43]「万一(交渉相手のロシア外相である)イズオルスキー氏交迭するが如きことあらば今日の好機を逸し韓国問題も現今の儘存在することとなり臍を噛むも及ばざるべし(6月10日)」[44]「今回の協商は完全に主眼たる韓国問題を解決し(6月11日)」[45]「露国をして日韓現存の関係を承認せしむるは避くべからざる必要ありと信ず(6月15日)」[46]「最重大なるは韓国問題にして(6月19日)」[47]などと繰り返し持論を主張[43]し、最終的には伊藤の主張が容れられ、7月30日調印日露協約中の秘密協約第二条に伊藤の望む韓国条項、第三条にロシアの望む蒙古条項が明記された[48]

韓国皇帝退位と第三次日韓協約編集

また同時期のハーグ密使事件では、伊藤は「税権、兵権又は裁判権を我に収むるの好機会」(同年7月3日付伊藤から林外務大臣宛文書)[49]と捉え、1905年第二次日韓協約で韓国の外交権を奪ったのに続き更なる主権奪取の意欲を見せた。実際それは7月24日第三次日韓協約極秘付属書において、大審院院長検事総長は日本人、韓国軍は解散という項目で実現した。伊藤は韓国を近代的独立国へと育成するため、徴兵制度を施行することすら言明していたが、韓国の民情では不可能に近く、訓練、装備が劣弱なだけでなく、一千万の人口に対して総兵力わずか一万の軍隊では、かえって騒乱の原因になる恐れもあって韓国軍の解体が決められた[50]。8月1日韓国軍解散式の際に韓国軍大隊長が自決するや韓国軍兵士が反乱を起こし日本軍死者4名、韓国軍死者70余名捕虜600名近く[51]が出た。また閔肯鎬のように解散後に義兵に加わる軍人もいた。またハーグ密使事件の責任として7月20日には高宗皇帝が退位させられたが、その際京城では一般民衆が暴徒と化し[52]、こうした京城軍民の抵抗・抗議から「余波全国に及びて地方民擾の続出を致せり」[53]という状態になってしまった。第三次日韓協約調印翌日7月25日の伊藤談話では協約締結で実力行使も辞さない覚悟が公言されている[54]が、実際伊藤は日本本国に対して軍隊増派を繰返し要請し[55][56][57]、条約締結のため渡韓した林外相も同様に派兵を要請[58]し、月末までに第十二旅団(小倉)が韓国に上陸して韓国側の抵抗の鎮圧に従事した[59][60]

韓国皇帝巡幸編集

1905年の第二次日韓協約、1907年の韓国皇帝退位及び韓国軍解散という2つの大きな契機で排日・独立である義兵闘争が盛んになり、それはピークの1908年には交戦数1451回に上った[61][62]。伊藤は1909年1月になると、韓国内の民心安定を狙って韓国皇帝巡幸を韓国側に提案した[63][64]。1月4日に出された韓国皇帝の巡幸詔勅でも「地方の騒擾は尚寧靖遅く…躬ら国内を巡り地方の情形を覧察し赤子の苦痛を詢問せんとす」[65]と同様の狙いが書かれているし伊藤から本国への報告[66]でも同趣旨が述べられている。伊藤は皇帝に付き従って地方を回ったが、各地歓迎会の挨拶では皇帝の配慮を無にするな、日本を疑わず両国民融和せよと繰り返し説いた[67][68][69][70]

ところが日本及び伊藤は必ずしも歓迎されなかったことが当時の文書に記されている。

  • 韓国人は皇帝が日本に連れ去られると思った[71]
  • 巡幸を中止させるため決死隊を組織[72]
  • 日本国旗を掲げたくない者がいる。開城で爆発物。伊藤を暗殺せよと流布する者[73]
  • 皇帝の義州訪問当日、現地で日本国旗が毀損[74]
  • キリスト教徒が日本国旗携帯を阻止したと演説[75]
  • 警察が言っても国旗を掲揚携行しない[76]
  • 巡幸は日本が皇帝にやらせていると非難[77]
  • 国旗毀損問題で日本側記者らが大邱・京城で抗議集会[78][79]
  • 西韓巡幸で「伊藤に危害を加へむと画策」(京城のロシア領事が伊藤暗殺後に語った[80]
  • 「西韓巡幸の際に於て伊藤公暗殺の風説の頻頻たるが如き状態」(韓国駐箚軍参謀長明石元二郞の伊藤暗殺後の報告[81]

また1月12日大邱で群守両班儒生を集めて伊藤が行った訓示では、一韓国人が演壇下まで近づいて発言し、これに伊藤が、個々人の意見は聞かない、日本に抵抗するなら来てみろと挑発・買い言葉で応じる[82]一幕もあった。

尚諸君に望む所は、諸君が韓国皇帝陛下の聖旨に服して、陛下の韓国々民の為に図らるゝの叡旨に違ふことなく、当地方人民の先進者として縉紳として聖旨の在る所を一般人民に伝へ、一日も速に韓国の文化に赴き富強の実の挙がる様努められんこと是なり。(此時群集中の一韓人何事をか陳んと欲して演壇の下に来りて発言す。群衆之を制す。統監語を続て曰く)固より国民としては一個人は一個人の考へあらむ。然れども此統監は個々人々の意見に耳を傾くるものにあらず。本統監は今赤心を披きて諸君が韓皇陛下の聖旨に服従せむことを勧告したり。韓国人なるもの須く全国を挙て其方向を一変するに努めざる可らず。諸君中単独に日本に抵抗せむと欲するあらば来り試みよ。 — 1909年1月12日、大邱で郡守両班儒生に対する伊藤統監訓示

伊藤は巡幸で韓民の感情が良くないことを再確認したのか、巡幸最終日前日の開城では、韓国人がどう思おうが日本はやるべきことをやるのだと諦めともとれる発言をした[83]

伊藤之雄はこの巡幸について「北韓国巡幸の失敗」[84]と表現している。

海野福寿は「民衆は明確に伊藤の意図を拒否し、抵抗の姿勢を示した」「慰撫・懐柔によっても韓国国民の心服を得ることはできず」[85]と書いている。

その後同年9月から10月にかけて日本軍は南韓大討伐作戦を実行し、義兵闘争を抑え込んだ。

伊藤の併合同意と閣議決定編集

明治42年(1909年)4月、時の首相・桂太郎と外相・小村壽太郎が伊藤に恐る恐る「韓国の現状に照らして将来を考量するに、韓国を併合するより外に他策なかるべき事由を陳述」すると、「公は両相の説を聞くや、意外にもこれに異存なき旨を言明」し、なおかつ桂・小村の提示した「併合の方針」についても「その大網を是認」した。その2週間後の東京での演説でも伊藤は、「今や方に協同的に進まんとする境遇となり、進んで一家たらんとせり」と併合を示唆し聴衆を驚かせたという[86]。そして同年5月、統監職を辞職する。伊藤の翻意を確認した桂と小村は、「対韓大方針」と「対韓施設大網」を作成し、「韓国」を併合する方針を明らかにした。韓国保護国化政策にまったく未練がなくなった伊藤は統監辞職後、4度目の枢密院議長に就任し、事後処理の為訪韓し陣頭指揮に立ち、「韓国」政府に「韓国司法及監獄事務委託に関する覚書」を調印させ、また「韓国軍部廃止勅令公布」を行わせた[87]。併合方針の閣議決定に反対した形跡はない(適当ノ時期ニ於テ韓国ノ併合ヲ断行スル事 明治42年(1909年7月6日)。また統監として日本の政策への韓国国民の恨みを買うことになり、朝鮮人安重根による暗殺につながった。事件に動揺した親日派が韓国併合を加速させたが、前述の通り、併合方針は事件前に内閣の閣議で決まっていた。

年表編集

  • 1905年11月、特派大使として韓国に渡り、ポーツマス条約に基づいて第二次日韓協約(韓国保護条約)を締結する。
  • 1905年11月22日、投石により韓国内で負傷する[88]
  • 1905年12月、韓国統監府が設置され、初代統監に就任する。
  • 1906年2月、日本公使館を韓国統監府に改め、国内12か所に理事庁、11か所に支庁を置く。
  • 1907年4月、日露協約に際し、日韓アネキゼイション(併合)についてロシアの承諾を得ておくべきと主張
  • 1907年6月、ハーグ密使事件
  • 1907年7月、京城(ソウル)にて新聞記者達の前で「日本は韓国を合併するの必要なし」と演説する[89]
  • 1908年、韓国銀行(のちの朝鮮銀行)を設立する[90]
  • 1908年9月、京城(ソウル)に朝鮮皇室博物館(現・韓国国立中央博物館)を造営する[91]
  • 1909年4月10日、桂太郎首相小村寿太郎外相との会談で韓国併合に賛成。
  • 1909年6月、韓国統監を辞任する。
  • 1909年10月26日、ハルビン駅安重根に暗殺される。これが日本国内に報じられると、翌10月27日に国葬を行う旨の勅令314号が公布された。

暗殺編集

伊藤は、亡くなる1か月前に高杉晋作の顕彰碑に、「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し、衆目駭然として敢えて正視するものなし。これ、我が東行高杉君に非ずや」で始まる碑文を寄せている。また、ハルビンで暗殺される前の歓迎会でのスピーチで「戦争が国家の利益になることはない」と語っている[92]

 
ハルビン駅に降り立った、暗殺直前の伊藤

明治42年(1909年)10月26日、ロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフ(ココフツォフ)と満州・朝鮮問題について非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で、大韓帝国の民族運動家の安重根によって射殺された。

安重根はただちに捕縛され、共犯者の禹徳淳曹道先劉東夏の3名もまたロシア官憲に拘禁された。日本政府は安らを関東都督府地方法院に移し、明治43年(1910年)2月14日、安重根に死刑、禹徳淳に懲役2年、曹道先および劉東夏に懲役1年6か月の判決が下された。

このとき、伊藤は「3発あたった。相手は誰だ」と叫んだという。安重根はロシア官憲にその場で捕縛された。伊藤は絶命までの約30分間に、側近らといくつか会話を交わしたが、死の間際に自分を撃ったのが朝鮮人だったことを知らされ、「俺を撃ったりして、馬鹿な奴だ」と呟いたといわれる[93]。また、伊藤の孫にあたる伊藤満洲雄の話によれば「俺は駄目だ。誰かほかにやられたか?」と聞き、森槐南も傷ついたと知って「森もやられたか…」と言ったのが、伊藤の最後の言葉だったという。享年69。11月4日日比谷公園国葬が営まれた[94]

暗殺に関しては、安重根単独説のほかにも、異説が存在する[95]。具体的には、暗殺時に伊藤が着用していたコートに残る弾痕から発砲位置を算出した結果、併合強硬派による謀殺説もある[96]

当時伊藤に随行した室田義文首席随行員がおよそ30年後に話した舞台の真相によると、彼の肉に埋まっていた弾丸が安重根のブローニング7連発拳銃用のものではなく、フランス騎馬隊カービン銃用であり、また弾丸があけた穴の向きが下向きであることがおかしく、安重根からならば上向きになるはずであり、彼への命中弾は駅の上の食堂あたりからではなかろうか、ということである[97]。しかし室田は事件当時は混乱していたためか、安重根の裁判では「数発爆竹の如き音を聞きたるも狙撃者ありしことを気付かず、少時して洋服を着たる一人男が、露国軍隊の間より身を出して、拳銃を以て自分の方に向ひ発射するを認め、初めて狙撃者あることを知り(中略)、狙撃当時の模様は是以外に知らず」と証言した[98]

また別の例では、暗殺現場を間近で目撃したココツェフ蔵相が当日ただちに駐日大使に宛てて電報を次のように打っている。「…陰謀は明らかに組織的なものだった。昨晩、蔡家溝駅で我が警察はブローニング銃を持った3人の疑わしい朝鮮人たちをすでに逮捕していたという…」( В.Н. Коковцов - Н.А.Малевский-Малевичу 13 октября 1909 г. // АВПРИ, Ф. 150, Оп. 493, Д. 171, Л. 175[98]

暗殺の報道は暗号電報を受けた五十嵐秀助電信技師が、全文を受ける前に金子堅太郎に電話した。彼はただちに大磯の別荘に急ぎ梅子夫人に見舞いの言葉を述べたが、夫人は涙一つ落とさなかった。「伊藤は予てから自分は畳の上では満足な死にかたはできぬ、敷居をまたいだときから、是が永久の別れになると思ってくれ」といっていたという[99]

当時の韓国内の反応について、警察資料[100]が次のように報告している。

「秘」印

兇変に対する韓国民心状況

今次の遭難に対する地方民心は既報の如く韓国民上下を通じ一般に重根の兇行を壮挙とし内心歓喜するが如き状あり。(229画像目)

平安北道義州方面に於ては公の遭難は韓国独立に利益を来せり、兇行者は実に愛国忠君の士なりと一般に称揚すと、同路竜川府尹金祥演の通信によれば義州地方民心を推究するに内心兇行者を追慕称讃し表面兇行の結果日本に併呑せらるゝなきやを憂ひつゝありと、以て該地民心の如何を知るべし。忠清南道咸鏡北道に於ては表面哀悼の意を表し内心兇行を歓迎するの状あり、(231画像目)

要するに各道民心の状況は内心之を歓迎し表面哀悼の意を表し極めて少数の有識者と雖も内心兇行を歓迎することは其揆〔ママ〕を同ふす。只其異なる処は兇行にあり韓国遂に併呑せらるゝなきやを憂惧するにあり。(233画像目)

尚ほ京城に於ける最近の民心状況左の如し。 初め前統監遭難の報伝はるや京城の韓民拍手して喜びたるの状あり。…最も事理に通ずる一部少数者間には一面兇行を喜ぶと同時に一面には之が為め日本の対韓政策に激変を来たし遂に併呑の厄に陥るなきやを憂ふるの状ありしと。(233・234画像目)

十一月四日追悼会には七十八校約二千名の生徒参会せしも之れ元より政府要路者勧誘の致す処にして進んで参会したるにあらざるものゝ如く(235画像目) — 韓国警察報告資料巻の1

死後編集

埋葬は東京都品川区西大井六丁目の伊藤家墓所。霊廟として、山口県熊毛郡大和町束荷(現・光市束荷)の伊藤公記念公園内に伊藤神社があったが、昭和34年(1959年)に近隣の束荷神社境内に遷座した。記念公園には生家(復元)や銅像、伊藤公記念館、伊藤公資料館などがある。平成18年(2006年)5月、山口県はこの公園に隣接した山林に、森林づくり県民税で「伊藤公の森」を整備して光市に引き渡した。のちに日本銀行券C千円券1963年11月1日 - 1984年11月1日発行)の肖像として採用された。

韓国では、2009年10月26日を「安重根が国権剥奪の元凶・伊藤博文をハルビンで狙撃した義挙から100周年に当たる」と位置づけ、これに合わせ新しい記念館をソウル南山にある現在の記念館付近に建設することを計画している。

人物・業績編集

明治天皇との関係
4度も内閣総理大臣を務めた国家の重鎮・伊藤と明治天皇の関係は、常に良好であったわけではない。明治10年代(1877年 - 1886年)、天皇は元田永孚佐々木高行ら保守的な宮中側近らを信任したため、近代化を進める伊藤ら太政官首脳との関係は円滑でないこともあった(後年、伊藤が初代の内閣総理大臣と宮内大臣を兼ねた背景には宮中保守派を抑えるとともに、天皇に立憲君主制に対する理解を深めてもらう面があり、機務六条を天皇に提示して認められている)。また、伊藤が立憲政友会を結成する際には政党嫌いの天皇の不興を買い、その説得に苦慮したという。
しかし、明治天皇は伊藤を信頼していた。明治天皇の好みの性格は、お世辞を言わない無骨な正直者で、金銭にきれいなことだった。伊藤はこれに当てはまり、伊藤に私財のないこと[注釈 7]を知った明治天皇は、明治31年(1898年)に10万円のお手許金を伊藤に与えている。ただし、後述にもある伊藤の芸者好きに対してはほどほどにするようにと苦言を呈したこともあった。日露戦争開戦直前の御前会議当日の早朝、伊藤に即刻参内せよという勅旨が下り、伊藤が参内すると明治天皇は夜着のまま伊藤を引見し、「前もって伊藤の考えを聞いておきたい」と述べた。これに対し伊藤は「万一わが国に利あらずば、畏れながら陛下におかせられても重大なお覚悟が必要かと存じます」と奏上した。また、伊藤は天皇から「東京を離れてはならぬ」とまで命じられていた[102]
女子教育
明治19年(1886年)、当時あまり顧みられていなかった女子教育の必要性を痛感した伊藤は、自らが創立委員長となり「女子教育奨励会創立委員会」を創設した(翌年には「女子教育奨励会」となる)。委員には、伊藤の他に実業家渋沢栄一岩崎弥之助や、東京帝国大学教授のジェムス・ディクソンらが加わり、東京女学館を創設するなど女子教育の普及に積極的に取り組んだ。また、伊藤は日本女子大学の創設者、成瀬仁蔵から女子大学設立計画への協力を求められ、これに協力した。
女子教育者であった津田梅子とは岩倉使節団で渡米のとき同じ船に乗ってからの交流があった。日本に帰ってから津田は伊藤への英語指導や通訳のため雇われて伊藤家に滞在し、伊藤の娘の家庭教師となり、また「桃夭女塾」へ英語教師として通っている。津田は明治18年(1885年)に伊藤に推薦され、学習院女学部から独立して設立された華族女学校で英語教師として教えることとなった。また、津田とは気が合ったのか、帰宅してから家庭教師の津田と国の将来について語り合っていた。伊藤からみれば津田は同じ日本人の婦人というよりは、顧問のつもりであったという[103]
暮らしぶり
衣食住には頓着しない性格で、大磯で伊藤と隣り合わせで住んでいた西園寺公望は食事に招かれても粗末なものばかりで難渋したといい、晩年には私邸の滄浪閣を売り払って大井の恩賜館にでも隠棲しようかと梅子夫人を呆れさせてもいる。首相在任時にも自室の装飾などには無関心で、人から高価な珍品をもらっても惜しげもなく他人に贈ってしまったりしている。庭掃除などを官邸の使用人が手抜きしても気にもかけず、そのため次の総理が伊藤と知るや、使用人一同万歳したと言われている[104]
女好き
女好きは当時から非常に有名であり、女性とよく遊ぶことから「箒」(女が掃いて捨てるほどいたため)というあだ名がついた。時には先述の明治天皇にすら、「少し女遊びを控えてはどうか」と窘められたこともあるという。地方に行った際には一流の芸者ではなく、二流・三流の芸者をよく指名していたという。これは、伊藤の論理によると「その土地々々の一流の芸者は、地元の有力者が後ろ盾にいる。そういう人間と揉め事を起こさないようにするには、一流ではない芸者を指名する必要がある」とのことであった。40度の高熱に浮かされているときでも両側に芸者2人をはべらせたという。柳橋の16歳の芸者りょうを大正天皇の伯父・柳原前光と後落を争い、結果、前光が囲って産まれたのが柳原白蓮である。このような様を、宮武外骨は自身が発行する一連の新聞で、好色漢の代表格としてパロディの手法を使いたびたび取り上げた。しかし実際は、伊藤にはそれほど多くの子どもはできなかった。衆議院議員松本剛明はその子孫の一人である。
民族衣装
 
韓国の民族衣装を着て記念撮影におさまる伊藤(韓国統監時代、前列左から2番目が梅子夫人)
伊藤と妻の梅子が韓国の民族衣装を着ている写真がある[105]。韓国統監として朝鮮人の民族衣装を身に纏った。伊藤はまた韓国皇太子・李垠を日本に招き、日本語教育を行っている。
操り人形発言
お雇い外国人であったドイツ人医師のエルヴィン・フォン・ベルツは『ベルツの日記』の中で、伊藤が会議の席上、半ば有栖川宮威仁親王の方を向き、「皇太子に生まれるのは、全く不運なことだ。生まれるが早いか、到るところで礼式の鎖にしばられ、大きくなれば、側近者の吹く笛に踊らされねばならない」と言いながら、操り人形を糸で踊らせるような身振りをして見せたことを紹介している。
通称の変遷
当初は自身の曽祖父「利八郎」と「助左衛門」から「利」と「助」をとり「利助(りすけ)」と名づけられたが「としすけ」とも読み、「としすけ」の音から「俊輔」とも書かれるようになり、そうなると今度は「しゅんすけ」と読まれることになり、その音から「春輔」とも表記され、こんどはそれが「しゅんぽ」と音読されたので、最終的に「春畝」をにしたものである。
ふぐ料理とのかかわり
古来から毒魚とされ、明治維新後も食用を禁止されていたふぐ料理を明治21年(1888年)、周囲の反対を押し切って下関にて食した際に大変気に入り、当時の山口県知事に解禁するよう語って食用・商用のきっかけをつくったと伝えられている。
その他のエピソード
当時大磯には伊藤をはじめ、政治家の別邸が立ち並んでいたが、土地には伊藤の人柄について次のような逸話が残っている。「山縣は護衛の人が付き、陸奥は仕込み杖をもつて散歩するが、伊藤博文は、平服で一人テクテク歩き、時には着物のしりをはしょつた姿で出歩き、農家に立ち寄り話しかけ、米の値段や野菜の価格なども聞き、暮らしのことなども畑の畦に腰掛け老人相手に話すことがあった。村の農民や漁民などは伊藤を「テイショウ(大将)」と気軽に呼んで、話しかけた」
憲法制定に際して担当官に対し「新憲法を制定するに、伊藤は一法律学者であり、汝らもまた一法律学者である。それ故、我が考えが非也と思わば、どこまでも非也として意見せよ。意見を争わせることがすなわち新憲法を完全ならしめるものである」と訓示している[106]。今よりも特権意識の強い時代の政治家としては異例の見識であるとされている

嗜好編集

  • 関直彦 「伊藤伯もまた葉巻を好まる。嘗て余が東京日日新聞の社長たりし時、しばし伺候しては度々御厄介になりしのみか、憲法発布後その自著の憲法訳義一冊を自著して贈られたれば、その御礼に何がなと思いつつ葉巻が嗜好と気付きたれば、横浜に出向き、洋館の煙草屋にて一本一円ばかりの葉巻(専売前ゆえ、今日の二円のものより遥かに上等のもの)を二箱(五十本)を贈呈せり。その後十日ばかりを経て、再び伺候せしに、公は御機嫌にて、『関、貴公もシガーが好きらしいが、良い葉巻を一本分けてやろう、喫んで見よ』とて一本を割愛せらる。見れば先日余より贈呈したるものなるが、公は之を忘れられて、自慢せられて余に分かたれしものなりき。頭にはただ国家あるのみ、誰から何を贈られしか、そんな小事は気にも止めず、とんと忘却せらるるも誠に無理ならぬことなり。余としては進呈せしものが、公の意に叶いしを知り、大いに満足でありし」[107]
  • 松井広吉
    • 「公は午餐に大抵軽い洋食を取られるが、晩は日本食が主で、時として洋食だとのこと。酒は葡萄酒と日本酒であった。葉巻煙草は当時の金で一本五十銭位なのを吹かし、鬚の焦るまで吸われる」[108]
    • 「早くから茶道の嗜好が深く、茶会の料理にも抜群の手腕があった。現に客などを招かれる場合には、公自身台所に出張して、一々盬梅を嘗め試みて、矢釜しく板前を指揮されたという。公の薨去後、同家の料理人は麻布桜田町へ興津庵という料亭を出したが、流石に公から仕込まれた包丁の腕前で、食通を悦ばせている。来客にも公と縁故のあった人々が多く、山縣公、杉孫七郎子、その他の連中も皆来客帳に自署しおられ、今や手狭ながら帝都名物の一つともなっている」[109]
  • 吉田武子 「公爵は琵琶が何よりもお好きのこととて、毎日自分に琵琶を弾ぜしめ、これを聞くを楽しみとなし居られたり」[110]

評価編集

 
晩年の伊藤

伊藤博文は豊富な国際感覚を持っていた穏健な開明派で、日本の近代化、特に憲法制定とその運用を通じて立憲政治を日本に定着させた功績が大きい[1]

明治初年より開明派と目されていた人物で、諸制度の近代化と立憲制への転換を主導した。議会の開設にあたって当初伊藤は「超然主義」を宣言して政党を無視する立場をとろうとしたが、初期議会の経験から政党内閣の必要性を痛感すると、自ら率先して政党の組織に乗り出すなど、状況の変化に柔軟に対応する人物だった[3]

アジア最初の立憲体制[注釈 8]の生みの親であり、その立憲体制の上で政治家として活躍した最初の議会政治家として、西洋諸国からも高い評価を得ている[111]

伊藤は1882年(明治15年)から翌年にかけてドイツオーストリアイギリスなどヨーロッパ諸国を歴訪して憲法調査を行った。その際に伊藤は議会権力の弱いドイツ・オーストリア型ばかりに固執していたわけではなく、議会権力が強力なイギリス型も将来の視野に入れていた。そして1889年(明治22年)に明治憲法を制定して以降、明治天皇の理解も得て数度の憲法危機を憲法停止させずに乗り超えて立憲体制を維持した。1900年(明治33年)に立憲政友会を創設した後は政党政治も推進した。西洋のドイツでさえ憲法を一度停止する事態に追い込まれていたため、憲法を一度も停止することなく立憲体制を存続させた伊藤は、イギリスはじめ西欧諸国から立憲主義・議会政治の父として高い評価を受け続けた[112]

外交面では冷徹な政治的リアニズムに基づき、国際協調路線を重視し、日露戦争開戦にも朝鮮併合にも慎重だった[5]。他方で朝鮮や中国に対する政策の面では強硬姿勢をとることもあり、日清戦争の講和交渉や日露戦争後の対韓政策などにおいて日本の利益実現のため強圧的交渉を行っている[3]

伊藤の穏健な政治路線は、山県有朋らの保守派官僚層と対立することが多く、彼らは伊藤の外交を軟弱外交と批判し、また伊藤が政党を結成することに対しても否定的反応を示していたが、明治天皇からの信任は強く、明治期を通じて伊藤は元老中第一の実力者として内外政策に大きな影響力を持った[3]。陽気な開放的性格で国民からの人気は高かったが、強固な派閥を作らなかったため、晩年の国内政治への影響力は、広い派閥網を形成した山県有朋に劣ったという[1]

同時代人の評価編集

  • 吉田松陰
    • 「才劣り、学幼し。しかし、性質は素直で華美になびかず、僕すこぶる之を愛す」
    • 「俊輔、周旋(政治)の才あり」
  • 高杉晋作 「(井上)聞多は面白い奴なり。後来あるいは役に立つともあれば、御世話頼み申し候。(伊藤)俊介も才子なり。これまた同様御見捨てなく御教導を願い候」(山縣有朋へ宛てた手紙)
  • 大久保利通 「伊藤は長州の人ではあるが実は天下の英物である。成程才子に相違ないけれども決して君の言う様な才子ぢゃァない。国家経綸上に就いて、自分はモウ悉く伊藤に相談をする。一から十まで話す。鎖港攘夷の時と違うのであるからドウかよく百年の後を達観する程の見識ある人とよく用いなければならぬ。それに当る者は伊藤である。しっかり見識が立ってそうして之れを応用する力の有る人である。私の政策は悉く彼の人に相談する。彼の人と共に談ってやるのである。すっかり信じて秘談を話す」[113]
  • 井上馨は自身が刺客に襲われた際に駆けつけた伊藤の様子について「(伊藤は)自分の枕辺に涙をホロホロ落とした。自分は(喋ることも出来ないので)ただ手まねで、お前も危ないから一刻も早く帰ってくれと頼むようにせきたてたけれど、なかなか枕許を離れようとしなかった」と語っている。
  • 伊藤真一 「私の記憶に残っている父は、非常に記憶力のいい人でした。古い話を何月何日まで正確に覚えておりました。また浴衣を着て胡坐をかいている時でも、話が明治天皇のことになると、自分はもちろん私達もきちんと正座させられ、『天子様がね・・・』というように話をされたものです。『キサマ維新史を読め』父は私に良くこう申しました」[114]
  • 大隈重信
    • 「伊藤氏の長所は理想を立てて組織的に仕組む、特に制度法規を立てる才覚は優れていた。準備には非常な手数を要するし、道具立ては面倒であった。氏は激烈な争いをしなかった。まず勢いに促されてすると云うほうだったから敵に対しても味方に対しても態度の鮮明ならぬ事もあった。伊藤のやり口は陽気で派手で、それに政治上の功名心がどこまでも強い人であるから、人心の収攬なども中々考えていた」
    • 「専門分野の知識に偏るのではなく多方面に知識が豊富な政治家であった」
    • 「常に国家のために政治を行ふて、野心のために行はなかった」[115]
  • 黒田清隆 「日本の今日あるは、実に公の慧眼達識に負う所多きは言うをまたず、殊に憲法制定の如き公なかりせば誰れが今日の如き良果を挙げ得べかりしかと思わるる位なり」[116]
  • 松方正義 「(慶応三年)その時分から伊藤公は才気横溢して諸藩士の間に頗る重んぜられて居た。(新政府においても)工業に、法制に、行政に何事でも適く処として可ならざるはなかったのは、実に伊藤公が大智円満の人で、他に比類の少ない所であろうと思う」[117]
  • 後藤象二郎 「公に於いてその最も偉大なりし点を言えば、その生涯の常に発展しつつ、進んで嘗て一日も一所に停滞する事をなさず、無限の精力を以て一意公に奉じ恬淡無欲遂に何事にも拘泥する事をしなかったという点にある。もし公の一生を通じ、何れの時代がその最も精力を蓋し、その最も能く修養鍛錬を経た時代かといえば、木戸、大久保両公の間に周旋して、その融和を計り、両公を開発指導して、その智願を開かしめ、終に維新回天の事業を成さしめたその時であろう。維新の業成ってその位置を作ってからは、周囲の人々は却って公を開発指導した。公はこの開発指導を受けて、能く之を消化し、之を容れて、即ち今日を円熟した人である。公の如く偉大にして、しかも順潮に最も立派なる一生を終始した人は、蓋し何れの時代の偉人と比較するも到底相比すべき者は一人もなかろう」[118]
  • 板垣退助 「予は既往に於いては公を敵にもし、又味方にもしたりき。さればこの点に於いては単に公と交際厚き人の語る月旦よりは、予の述ぶる所は幾分かの興味多きを信ず。概言すれば、伊藤公は明治の国家に対しての大功労者たるに疑いを容れざるなり。木戸時代の知恵袋は伊藤公なりき。大久保を援けたるもまた伊藤公なりき。公は確かに明治政治家の大立者として、また文明の指導者として、終生忘る可からざるの恩人なり。公嘗て予に語って曰く『予は朝に在って憲法に尽力せり。君は野に在って憲政の民を指導促進せり。およそ人は始めあって終わり無かる可からず。憲政有終の美をなすは、互いの義務となさざる可からず』と。以ってその憲政指導者としての抱負を見るに足る可し」[119]
  • 西園寺公望 「伊藤の話を聞いて見ると、その経綸の順序が立って居って、その遣り方には上手下手はあるかも知らんが、その順序は結構だと思った。また是だけの話が出来る人は多くあるまいと感心したのです。(大久保は)政治の事は殆んど伊藤に任せて居ったのであって、伊藤はその信任を得てこれを背景としてつかえて居ったから行けたのである。その代り総ての事が軍配は薩摩の方へ五分の三、長州の方へ五分の二を取ると云う地位を保って居た。且つ至って聡明は人であったから遣る事が私の心でないから行けたのです。その時分から能く言った事であるが、伊藤は鈍忠だと行って居た。その間には反対側からは色々悪口を言われたり、俗吏等からは怪しく見られたりした事もあったろう。伊藤は極く淡泊で金を出してやる事が嫌いであった。また自分と交渉がなければ相手にせぬと云うような風であった。山縣や大隈などと違って、薩摩人とも違って、執着が少ない。要するに何うも人を使う事を知らぬのです。山縣の評に伊藤は善い人だが自分の補佐の人を得なかったと今でも言うが兎に角、自分が聡明過ぎて居った為めに人を使ってはもどかしいのであったろうと思われる。それで子分と云う者がなかったようです。この点に於いては井上程人を世話すると云う事が出来なかったようです。また伊藤が人才を用うると云う場合には何処でも構いはない。それは長州人であろうと、薩摩人であろうとそんなことは構わなかった。しかし薩摩人には余程鉾先を避けて居ったようです。それも時代に依りますが、盛んな時と晩年とは余程差がありますが、先ず自分のものを一つ渡して向うのものを一つ取ろうと云う主義であった。桂(太郎)などは取るだけは自分で撮ろうと云うのであったが、伊藤は之と違う。大久保の評でも伊藤は聡明な人であると云う事をたしかに言って居る。岩倉もそう言って居る。伊藤の一生に就て支那の李鴻章が伊藤を評して治国の才と言って居る。言を換えて云えば王様の才と云うも同様で治国の才は容易く許すべきものではないのですが、是れがチャンと支那の歴史に載って居るのです。政党内閣を理想としたのも伊藤です。その点に於いては山縣などと違って憲法政治をやるようにしたのは伊藤の力であるのに徴してもわかるのです。一体伊藤は理屈が好きで演説などはまるで下手だけれども座談は中々上手で一杯酒でも飲んで調子に乗って来るとその鉾先あたるべからざるものであった。伊藤は勉強家ではなかったようです。尤も必要な時には偉い勉強もしたのですが、普段は決してしない。マア偉い勉強家とは思いません。手紙を書くことは中々上手でした。しかもその文章が一番上手で是れも初めのほうはそうでもなかったようですが、晩年に至ってはいくらか注意して書いたようでした。兎に角非常に聡明で智慧があったから前途を見て是れは止した方が宜いと見たら直ぐなげ出して仕舞う。前にも云う通り総てが彼の取りえは碁盤の目を盛ってからと云うそれだけです。それに基礎を置いて掛かるのだから究極に陥って腰弱く逃げ出すと云うような事はなかった。また涙脆いとか義侠心が何うと云う事は余り感じませんが廉潔であったことは非常なものです。兎に角皇室中心と云う事に基いて実際自ら手を附けてやって居る。誰でも忠義々々と口には言って居るけれども、実行と云うに至っては中々六かしい事である。それが維新後沢山の法規が出来て今にその遺志をつないでやって居るような訳で是れは伊藤の経綸の成功と謂って宜かろうと思います。伊藤の事を明治の叔孫通と評した者がありますが、是れは半分は悪口のようですが・・・。才不才の間と云う事を云いますが、明暗双双と云い伊藤はその評です。一方から見ると甚だ愚のような、目から鼻に抜けるような才ではないようでした。鈍なような人で所謂明ばかりでなく暗の方が沢山ありはすまいかと思うような事がありました。国家の政治の才から云えば、前申したようでありますが、個人としてつきあって見ますと明も沢山あるが暗の方も沢山あったようです。正直で一寸見ると鈍根ですナア」[120]
  • 渋沢栄一
    • 「私が初めて公にお目にかかったのは明治二年で、当時大蔵省に改正係というものがあって、制度文物百般の調査をして段々改善をして行くという今日の調査局見たやうなものであった。余は即ち其の掛り長で伊藤公は総裁というような役であった。其頃から公は事務に熱心で何も彼も自分で遣る。決して事を疎かにするような事はなかった。勿論当時は極めて百事錯綜して大いに改善して行かなければならぬという時であるから、安閑として椅子に凭れて居る訳にも行かなかった。併し公は特に熱心であった。人は地位が進み身分が高まると、兎角自ずから事務を執ることをしない。皆下級に命じて自分は何もしないで唯だ坐って居るという風であるが、公は決して其の事がない。是れは其の当時ばかりでなく終生変わらなかったようである。三十九年頃余は朝鮮に行って公に面した際にも公は卓によって切りに事務を執って居た。電信のようなものでも、又た一寸した意見書などのようなものでも総て自分で書かれた。実に敬服すべきである」[121]
    • 「どうも激しい議論家で、どこまでも論じて、相手を説破せねば止まぬという風の人でありました」[122]
    • 「なかなか優れた才を持っておられた方ゆえ、志は政治にあっても、いろいろさまざまの芸があらせられた御仁で、詩も作れば書も達者、音曲のことも心得ておられるという風であったのだ。しかしやはり一生政治に囚われ暮された方で、死ぬまで政治の囚われより全く脱してしまわれる訳には参らなかったらしく思える。つまり哈爾賓で亡くなられるまで、政治癖から抜け切れなかった方であるとみるのが至当だろう。しかしまた公が政治に囚われて、政治に終始せられた結果、今日の日本をして、立憲国としての繁栄を享有するを得せしむるに至らせられたのは、全く以て同公に先見の明があらせられたからの事で、その功績に至っては、決して忘却すべからざるものである。この一点のみでも、伊藤公は実に優れた豪い人であったと謂わねばならぬのだ」[123]
    • 「伊藤公は何事においても、常に自分が一番えらい者であるということになっていたかった人である。そうじて長州人は薩摩人に比べれば人当たりが穏当なものであり、伊藤公とても決して人当たりが悪かった方ではない。至極穏当なところのあった御仁ではあるが、それでも横合いから他人が出てきて、公の知らずにいることを教えてあげようとでもすれば、『そんなことは疾うの昔から知ってるぞ』といったような態度に出られたもので、何事につけ、自分が一番えらく、自分が一番物知りになっていなければ気が済まなかった御仁である。伊藤公は碁なども打たれたが、決して上手ではなかった。むしろ下手な方でザル碁(漏れの多い下手くそな碁)の方だったのだが、それでもなお碁において『自分が一番だ』ということになっていたがった方だった。いかに盤を囲んで勝負が決まり、ご自分が負けになっても、決して『自分は碁が下手である』などと参ってしまわず、何のカンのと理屈をこねあげて、『やはり自分が、一番碁が上手』ということにしてしまわれたものである。また他人が起草した文章なんかを見られても、決してそれをすぐ誉めて、『なかなかうまい』などとはいわなかったものである。『そこの文字の用い方がどうである』『それでは少し書き方が長過ぎる』『そんなことは書かなくともいい』『もう少し何とか書きようがありそうなものだ』とか、いろいろ好んで難癖をつけた。文章においても『やはり自分が一番えらいのだ』ということになっていないと、気の済まなかった方である。しかし、『そんならどう訂正したらよろしかろうか』と、一歩踏み込んで問いかけてみると、公はもともと文章のうまく書けなかった御仁であるから、ちゃんとした返答ができず、とても曖昧な調子で、『そこはその・・・何とか考えて・・・うまく』などと答えられ、確かな文案があるのでも何でもなかったものである」[124]
    • 「伊藤公の如きは何事にも自分が一番豪いと思ふ慢心があつて。下問を恥ぢぬといふ徳はなかつたやうに思はる」
    • 「明治維新前後には随分人物も多く現れたが。伊藤公でも、大隈候でもまた井上候でも。皆善に伐りたがる方であつて「おれは是程豪いぞ」と言はぬ計りに吹聴せられ。善に伐らぬ人は甚だ少なかつた」[125]
  • 犬養毅 「公は職務を行うに、賄賂を使ったことはなく、公自身もまた賄賂を要求することはなかった。公を批判する者はいれども、公の金銭に関する清廉さを非難する者はいない」
  • 谷干城 「公は憲法制定の大功臣である。初め自由党のごときは乱暴にも主権在民的憲法論を振り回して急いで憲政を敷くことを企図したものであるが、公はこの怒涛澎湃の中を漕ぎ抜けて万事遺漏なき準備の後、明治22年に至って公の起草した憲法を発布し、欧州の憲法史に見られるような凄惨な流血の歴史を繰り返すことなく、平和円満のうちに我が国民を憲政の恩恵に浴せしめた。当時もし自由党の言う通りに行って、明治8年、9年ないし明治14年、15年の段階で憲法を発布したらどうだろう。我が国民はいまだ憲法が何であるか理解できる状況にない故にその議会政治も専らケンケンガクガクとした政客の論争で終わり、真の憲政の運用は到底実現することはなかったであろう。この点においても伊藤公は特に偉いと言わねばならない」[126]
  • 尾崎行雄
    • 「余が公の人物に於いて最も敬服せるは第一に公の人格が高潔にして且つ其の政治道徳の比較的秀でたる事、第二に性質円満にして調和的資質に富まれたる事、第三に事物に執拗凝滞せず且つ極めて利欲の念に淡かりし事、第四に天真流露、愛憎を以て公器を私せざりし事等の諸点なり」[127]
    • 「山縣は面倒見が良く、一度世話したものは死ぬまで面倒を見る。結果、山縣には私党ができる。一方、伊藤はそのような事はしない。信奉者が増えるだけで是が非でも伊藤の為に働こうとする者はいなかった。しかし伊藤はそれを以て自己の誇りとしていた」[128]
    • 「伊藤伯は才子なり。才子の功労を経たるものなり稟質多血性なるがため、多情多愛にして、その嗜好する所広く且つ多し。詩文を作り、書画を好み、英語を善くし、弁論巧みに、学は即ち和漢洋の三端を窺へり。もし才芸の多少を比較すれば、世間恐らくは之が右に出るもの少なかるべし。(中略)伊藤伯の手腕は、山縣伯と比すれば頗る敏活なるべし。然れども勇断果快の資質に乏しきが故、鋭利の働きをなすあたわず。常に調和瀰縫の忙しくして、その束縛する所となる」[129]
    • 「伊藤公の人物について最も特色と見るべきことは執着心のないことである。人に対しても物に対しても。だから役人でも気に入る間は思い切って使うが、役に立たなくなると平気で棄ててしまう。あるとき身辺の者が公に向って『犬養でも星でも彼等には終身離れぬ乾分が大分ある』と話したところ、公は『俺はその反対で、乾分を作らぬということが俺の長所である』といった」[130]
    • 「経済のことは若い頃から井上候に一任して少しも研究しなかったためか、公私ともに公の経済知識はすこぶる幼稚であった」[131]
    • 「伊藤公は大変怒りっぽい人だった」[132]
    • 「公の主義思想は何事に対しても決して極端に走らず、常に中正を保ち、調和を旨とせられたり。世間往々公を評するに、姑息、八方美人を以てしたるは之が為めなり。是れ実に公の短所たると同時にまた得難き長所なりき。公はまた毫も物に凝滞せざる人なりき。例えば政治上に於ても敵を窮地に追及して完膚なからしむるが如きは、公の決して為さざりし所なり。その他一器一物に付ても毫も之に執着するの念なく、従って利欲に極めて冷淡なりしこと、また公の一美質とす」[133]
    • 「伊藤のしたことに過失はあっても悪意はなく、あれくらい公平に国家のためを思えば、まず立派な政治家といってよかろう」[134]
  • 三浦梧楼
    • 「伊藤とは、俺は小僧の時からの知り合いだから、まあよく知って居るほうぢゃろう。あれはなかなか豪い奴だよ。井上がいう様に、伊藤の頭脳はあくまで組織的だ。それに欲がない。金の点に於いては大隈、伊藤は全く綺麗なものぢゃ。しかしな、欲といっても金ばかりが欲ぢゃないからのう。欲といえば、それは名誉さ。全く名誉の点に至っちゃ、伊藤は三つ四つの子供だよ。(中略)どうもその名誉欲は非常のものだった」[135]
    • 「伊藤は存外稚気があって、比較的率直だった。山縣は『俺は唯一介の武弁だ』と言った調子で、表をつまらぬもののように見せかけておった。これが二人の間の相異なる点である。ある時、郷里のものが東京に出て来て、二人の所を訪ねた。それが後にて、『山縣さんへ行くと、お取扱いが誠に親切であったが、伊藤さんは大違いで、ろくに話も聞いて下さらない』と言うから、我輩が『なるほどそれはちょっと左様見えるが、伊藤の泣く折りは、本当の涙を出すが、どうも目白(山縣)の涙は、当てにならんぜ』と言ったことだが、これは二人に対する適評だと思う」[136]
  • 高崎正風 「誠に大久保公の言われる通り、一を聴いて十を知るの才である」[137]
  • 牧野伸顕 「伊藤さんは相手が大臣だろうが、書記官だろうが、また老人だろうが、青年だろうが、そのようなことには一切頓着なく、そういう意味で非常に親しみ易くて、誰であろうと相手の言うことを熱心に聞き、また時には言ってることが間違ってることを遠慮なく指摘するという風だった。全く坦懐な人で、満州で遭難された時は一時世の中が真暗になった気がした」[138]
  • 松井広吉
    • 「英語はもとより達者であり、漢詩漢文から筆札も巧なので、その秘書官たる者は骨が折れるようで、実は一方ならぬ気苦労で、容易な人には勤まらぬ。伊東巳代治伯の如き人物なればこそ秘書官も書記官も勤まると、一時公の秘書官となった頭元元貞氏がシミジミ語られたこともある」[140]
    • 「公の身体は先天的に強い上、少壮から鍛えに鍛えられた為か、驚くべき頑健振りで、喉頭病に罹られた場合など、医師の与えた濃茶褐色の薬液をば、公自身毛筆に浸して、無造作に口中へ突っ込み、グルグルかき回し、跡をうがいして、またまた煙草も吸い、酒も飲み続けられるという状態で、余はその無茶と健康とに舌を巻かざるを得なんだ」[141]
    • 「公が開明的で、公明で、政権になど執着されぬ美点は別に伝わるものがあるから、余の申すを待たぬが、公は辞職をして悠々野鶴を学ぶと、やがて体重一貫匁位怱に増加するよといわれたことが一再でなかった。以て国家に奉公の苦心の尋常ならぬことが知られると共に、余などは自然に頭の下がるを禁じ得なんだ」[142]
  • 中江兆民 「今日、伯子男爵政治家中、第一流の政治家なり。機敏幹錬周到、勤勉等の数形容詞は、伯の固有名詞の上に冠して始めて妥当なるを覚う」[143]
  • 長澤柳政太郎 「明治十七八年当時に於いては、殆んど学問するものは寧ろ愚物視せられしを以て教育界の沈鬱せしもまたむべなりしなり。伊藤公が主としてこの情弊を破られ、人材登用の為に文官任用令を制定し、大いに教育ある人士を登用するの途を開かれたるは、単に行政上の功業たるのみならず、之が為に教育界の興隆を勧め、遂に今日の盛況を得たるなり。之れ実に伊藤公施政の結果として、国民は公の恩を謝せざるべからず」[144]
  • 三輪田真佐子 「亡夫綱一郎と伊藤さんとは維新時代からの知己で御座いまして、その時分から能く御目に懸って居りましたが、昔から金銭と云う事には一向おかまいが無いようで御座いました。明治の初年から五六年頃迄のことでした、全国有志会と申すものが建てられまして、伊藤さんも綱一郎もその会に加わりましたが、その頃伊藤さんは御自分の月給全部を寄付なされて平気で居られたそうで御座います。また伊藤さんは位人臣を極める御身分でいらせられながら、その御手軽なことは昔日と少しも御変わりが御座いませんで、会抔へ御出に成りましても、何時御出に成りましたか判らぬ程で御座いまして『アア伊藤さんが御出なされたから御挨拶申上げて来よう』と申すような次第で御座います。御見受け申したところ、御服装も極めて質素な方で、別段是ぞと眼を止めるような派手なところも御座いません。併しお年齢に似合わず大変に若く見えます。そして暖炉の前でお腰を撫でながら昔話などを為されまして御演説とても学者らしく六ヶ敷事も仰らずに淡泊としたもので御座います。殊に吾々婦人が感謝しなければ成りませんのは、吾々の為に御尽力下さって婦人の地位を与えて下さったのも全く伊藤さんで御座います。以上申し上げた次第で詮じ詰めて申上げれば、極めて平和で円満なお方で御座いました。唯欠点と申しますれば、新聞などにも度々出ましたですが、婦人を側に近付けると言うような事で御座いまして、それさえ御座いませねば誠に神とも尊ぶべき方だろうと存じます」[145]
  • 三宅雄二郎 「伊藤公の陰には必ず女があった。併し伊藤公の女に対する必ずしも多淫多情の結果ではない。一寸煙草を吸って気を転ずるその煙草代りに女を取ったのである。藤公は眼中唯国家あるのみ。風俗や人情や是等は顧みるにいとわなかったのであろう。婦人の貞操に対してもどの位まで尊重して居ったか・・・。かかる事には余り意を留めなかったらしい。故に文部大臣が折角真面目な訓令を発しても、上に立つ人が反対の行動を取る為め滑稽に感じらるる事もないでもなかった。併し翻って考えれば、藤公が女に対して自由主義、開放主義であった為、人も自然と近づき易く、その花々しい生涯は一は之あるが為めである。もし藤公が道徳堅固の君子人であったならば、今日の如き派手な名声は得られなかったかも知れぬ」[146]
  • 宮武外骨 「我輩は伊博(伊藤博文の略)を平凡の常人なりとは云はない、されど彼の死は世界の大損失ドコロか、日本の小損失にもあらずとするのである。(中略)明治十三四頃、國會願望者なる者全國に蜂起して東京に押寄せ、若し之を聴かずんば極端の暴動も起こるべき輿論の大勢に迫られ、餘義なく十年後を期して輿望を達せしむる事にしたのであって、在朝伊博の輩は、只其時代の要求に屈服したに過ぎないのである。斯かる輩を指して立憲の大元首と賞揚するが如きは、往事迫害を恐れずして自由民権の論を主張せし民間の志士を無視するの甚だしき者である。(中略)非命の死に同情を寄せて、死者を哀惜するのは人情の常であるから、我輩とても亦其事を非難しないが、其程度を過ごせし没理狂的の哀惜には寧ろ大反対である」[147]
    • 一方では「伊藤公の死は日本の大損失」、「明治維新の大功臣、憲法政治の大元首、古今無類の大偉人を失ひたりと嘆き」と高く評価したとも[148]
  • エルヴィン・フォン・ベルツ 「韓国人が公を暗殺したことは、特に悲しむべきことである。何故かといえば、公は韓国人の最も良き友であった。日露戦争後、日本が強硬の態度を以って韓国に臨むや、意外の反抗に逢った。陰謀や日本居留民の殺傷が相次いで起こった。その時、武断派及び東京の言論機関は、高圧手段に訴うべしと絶叫したが公ひとり穏和方針を固持して動かなかった。当時、韓国の政治は、徹頭徹尾 腐敗していた。公は時宜に適し、かつ正しい改革によって、韓国人をして日本統治下に在ることが却って幸福であることを悟らせようとし、六十歳を超えた 高齢で統監という多難の職を引き受けたのである。欧州においては韓国保護について新統治の峻厳を批判する者は多い。これらの批評者は日本当局が学校を創設し、農業を改善し、鉄道を敷設し、道路を開設し、船舶や港湾を建造し、かつ日本人移民によって勤勉な農夫、熟練工たる模範を韓国民に示そうという苦心経営の事実をことごとく無視する者である。私は三度現地に赴き、実際の状況を目撃して感服した。(略) 東京で公より話を聞いた時も、公が韓国とその人民の幸福を推進するためにいかに尊敬すべき企画を持ち、いかに多大な功績をあげたかを明白に推知しえた」[149]
  • アルジャーノン・ミットフォード 「精悍で野性的、隼のようであり、冒険好き、無類に陽気な青年であった。しかし、いざ仕事となると正確で機敏、天稟が高鳴りする人物だった」

語録編集

  • 「大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ」
  • 「今日の学問は全て皆、実学である。昔の学問は十中八九までは虚学である」
  • 「いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ」
  • 「お前に何でも俺の志を継げよと無理は言はぬ。持って生まれた天分ならば、たとえお前が乞食になったとて、俺は決して悲しまぬ。金持ちになったとて、喜びもせぬ」
  • 「たとえここで学問をして業が成っても、自分の生国が亡びては何の為になるか」
  • 「本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない」
  • 「国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去つて、何でも意の如く出来るが如くに思ふのは、多くは実験のない人の空論である」
  • 「われわれに歴史は無い。我々の歴史は、今ここからはじまる。」(『ベルツの日記』)
  • 「韓国人の何人が、韓国の独立を承認したであろうか。あるならば聞きたい。韓国人は、三、四千年来、固有の独立を有するように言っているが、自分はこれを承認できない[151][152]
  • 「朝鮮の独立と言うものを最初に認めたのは、個人としては自分であり、独立国家としては日本が最初である[151][152]
  • 「日本はできるだけ韓国を独立させようと欲して来た。けれども韓国はついに独立できなかった。ために、日本は、日清、日露戦争の二大戦役を開くもやむなき結果となった。その結果として、日本はついに韓国を保護国とした。これをしも日本がこれをしも日本が禍心を包蔵するものであると言うならば、言うがよい。日本は自衛上、実に、やむを得ずして韓国を保護国としたものである。かつ、世界の大勢を見るがよい。どんな強大国でも、今日未だ一国だけで世界の平和を維持できるものではない。僅かに局部局部の泰平を維持しつつあるだけである。これすなわち、同盟国の必要なゆえんであって、もし、一衣帯水をへだてる韓国に外国に一指を染むるを許さんか、日本の独立を危うくするおそれがある。日本は、断じて韓国の日本に背くを許すことができない[151][152]
  • 「けれども、日本は非文明的、非人道的な働きをしてまでも韓国を滅ぼさんと欲するものではない。韓国の進歩は大いに日本の望むところであって、韓国はその国力を発展せしむるため、自由の行動をしてよろしいけれども、ただ、ここにただ一つの条件がある。すなわち、韓国は日本と提携すべしということ、これである。日章旗と巴字旗(韓国旗)とが並び立てば日本は満足である。日本は何を苦しんで韓国を滅ぼすであろうか。自分は実に日韓の親睦を厚うするについては、自分の赤誠を貢献しようとしている。しかも、日清、日露の両大戦役の間、韓国は一体何をなしたか。陰謀の外に何をなしたか。戦争中は傍観しただけではないか。諸君は、日本が、にわかに立って、韓国を滅ぼすならんと思うのは、果たして何に基づくのかを聞きたいものである[151][152]
  • 「日本は韓国の陰謀を途絶するため、韓国の外交権を日本に譲れと言う。だが、日本は韓国を合邦する必要はない。合邦は甚だ厄介である。韓国は自治を要する。しかも、日本の指導監督がなければ、健全な自治を遂げ難い。これが今回の協約を結んだ所以なのである[151][152]

住居編集

記念館編集

銅像編集

1901年に伊藤博文の還暦祝賀会招待者たちが銅像建設を決めたが、出来が悪かったため作り直すなどしてだいぶ遅れ、1904年10月22日に神戸の湊川神社に伊藤博文の銅像が建てられ除幕式が行われたが、伊藤がまだ存命であったのに像が立てられたことや、本来この神社に祭られている楠木正成より目立っている[注釈 9]ことが4日後の読売新聞で「嗚呼醜臣軟猿乃図」という挿絵入りの風刺記事として載せられる。

このときは揶揄の範囲であったが、日露戦争後の1905年9月7日、講和条約の内容に不満を持った人たちが大黒座で演説会を開いていたところ、湊川神社まであふれていた気のたった人たちが、工具を持ち込み像の頭を叩いたり鎖(像の周囲にあったものが切断されていた)を巻きつけて引っ張るなど像を倒そうとしている3人の男を見て感化され、いつの間にか集まった数十人で像を引き倒した。それを見た100名ほどの群衆たちはおもしろがって像を引きずり回して暴徒と化し、通り道の派出所を破壊して回った[注釈 10]。最終的に警官隊によって群衆が追い払われ像が回収されたときには、銅像は「鼻がすりむけ、顔に3か所の穴、頭部はくぼんで全身に打撲傷多数の上、頭に小便をかけられていた」という[153]。像本体以外も周囲の物で前述の鎖の切断、柵の杭になっていた石柱も抜かれて壊され、発起者名版も潰されているという破損であった[154]

なお、その後銅像は警官隊が騒動の翌朝、検疫所に使っていた操江に運ばれ、以後数年間表に出ないまま本人が暗殺されてしまい、これを機に伊藤の評価も同情的なものに変わったことで、修繕したうえ[注釈 11]で神戸市諏訪山公園に再建するべく、1910年2月4日から寄付金を集めたが、実際は1911年10月26日に諏訪山ではなく大倉山[注釈 12]、補修ではなく新造で再建された[注釈 13][155]

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

系譜編集

林氏(伊藤氏)
林氏は本姓越智河野氏の支流といわれる。家紋はもと「折敷に三文字」だが、伊藤姓に改姓以後「上がり藤」を用いた。
博文自身の語るところ[注釈 14]によれば、「先祖は河野通有の裔で、淡路ヶ峠城主の林淡路守通起である」という。また「実家は周防国熊毛郡束荷村の農家で、博文の祖父林助左衛門は、林家の本家林利八郎養子となり本家を継いだ。林助左衛門の子十蔵萩藩の蔵元付中間水井武兵衛の養子となり「水井十蔵」と名乗るが、安政元年(1854年)に水井武兵衛が周防国佐波郡相畑の足軽で藤原姓を称する伊藤弥右衛門の養子となり、伊藤直右衛門と名を改めたため、十蔵も伊藤氏を称した[注釈 15]」という。十蔵の長男が博文である。博文の跡は養子の博邦(盟友井上馨の甥)が継いだ[174]。束荷村に嘗てあった林氏の菩提寺林照寺は、元真言宗寺院吉祥院であったが、江戸時代初めに林淡路守通起の菩提寺となり、浄土真宗に改宗して林照寺と改めた。明治維新後、廃寺となる[175][176]
伊藤家
本姓藤原氏を称する。早川隆の著書『日本の上流社会と閨閥』によれば「もともと伊藤の家は水呑み百姓で父親十蔵は馬車ひきなどをしていたが食い詰めて長州藩の伊藤という中間の家に下僕として住み込んでいるうちに子供のない同家の養子になり伊藤を名乗った。博文は幼名を利助といい捨て子だったという説もある。それが武士のはしくれから明治の指導者に出世すると家系が気になりだしたのか孝霊天皇の息子伊予皇子の三男小千王子が祖先とか、河野通有の子孫とか言い出した。系図屋に、りっぱな系図を作らせるのは今も昔もよくある話で、とがめ立てするほどのこともあるまいが、偉くなってからの彼は故郷へはほとんど帰らなかった。昔の素性を知るものには頭が上がらないからである。だが、身分が低かろうが実力さえあれば偉くなれるという混乱期の日本を象徴するように首相、政党総裁、枢密院議長、公爵と位人臣(くらいじんしん)を極めた伊藤の生涯は、いわば明治版太閤記である」としている[177]。伊藤家の菩提寺は萩市津守町の浄土宗心徳院報恩寺[178][179]

家族・親族編集

 
毎日新報に掲載された写真。左端で腰掛けているのが安俊生、右端で腰掛けているのが文吉である。

関連作品編集

書籍
  • 浅野豊美『帝国日本の植民地法制 法域統合と帝国秩序』名古屋大学出版会、2008年2月。ISBN 978-4-8158-0585-2
  • 『実録首相列伝 国を担った男達の本懐と蹉跌』学習研究社編集部編、学習研究社〈歴史群像シリーズ 70号〉、2003年7月。ISBN 4-05-603151-7
    • 『実録首相列伝 国を担った男達の本懐と蹉跌』学習研究社編集部編、学習研究社〈学研M文庫〉、2006年9月。ISBN 4-05-901189-4 - 2003年刊の増訂版。
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人『高松宮日記 第二巻 昭和八年一月一日~昭和十二年九月二十六日』中央公論社、1995年6月。ISBN 4-12-403392-3
  • 早川隆『日本の上流社会と閨閥』角川書店、1983年9月、211-215頁。ISBN 978-4-04-820001-1
  • 『伊藤博文文書』全36巻、檜山幸夫総編集、伊藤博文文書研究会監修、ゆまに書房、2007-2010年。ISBN 978-4-8433-2294-9,ISBN 978-4-8433-2295-6,ISBN 978-4-8433-2296-3,ISBN 978-4-8433-2297-0,ISBN 978-4-8433-2520-9
  • 『日本の名家・名門 人物系譜総覧』新人物往来社〈別冊歴史読本57、第28巻26号〉、2003年9月、226-227頁。ISBN 4-404-03057-6
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下巻』人事興信所、1943年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成 上巻』吉川弘文館、1996年。
伝記
  • 伊藤博文『伊藤博文直話 暗殺直前まで語り下ろした幕末明治回顧録』新人物往来社編、新人物往来社〈新人物文庫〉、2010年4月。ISBN 978-4-404-03839-5 - 唯一の回顧記の復刻。
  • 佐々木隆『伊藤博文の情報戦略 藩閥政治家たちの攻防』中央公論新社〈中公新書〉、1999年7月。ISBN 4-12-101483-9
  • 伊藤之雄『伊藤博文-近代日本を創った男』講談社〈講談社学術文庫〉、2015年3月
映画
テレビドラマ
漫画

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 塙忠宝の子・塙忠韶は明治維新後政府から召しだされ大学少助教に任ぜられ、文部小助教、租税寮十二等出仕、修史局御用掛へと一旧幕臣でありながらと異例の出世を経験した。これについて小説家の司馬遼太郎は、伊藤が後年自責の念から忠宝を礼遇したのではないかと推測している[9]
  2. ^ 引用内は西洋歴(新暦)。
  3. ^ 伊藤はロシアと戦うことに対しては終始慎重な態度をとり続け、「恐露病」と揶揄されることさえあった。伊藤が自らロシア入りして日露提携の道を探ったことが、逆にロシアとのあいだでグレート・ゲームを繰り広げていたイギリスを刺激する結果となり、日英同盟締結へとつながったことはよく知られている。[24]
  4. ^ 金子がそのような重大な使命は果たせないと固辞すると、伊藤は「ロシアが九州海岸へ来襲すれば自分も武器をとって戦う覚悟だ」と説き、金子はその気迫に感銘を受けて渡米を決意したといわれる。[25]
  5. ^ 韓国側では乙巳保護条約と呼ぶ。
  6. ^ 広義の日本統治時代として韓国併合時代の35年と保護国時代の5年をひとつながりでとらえることもある。
  7. ^ 私的蓄財はほとんどないとされていた伊藤だが、実は公債だけで14万円(2009年換算で約28億円)も溜め込んでいたことが明らかになっている[101]
  8. ^ 1876年発布のオスマン帝国憲法(ミドハト憲法)は大日本帝国憲法より13年早いが、2年後の1878年から1908年まで停止しており、また現在のトルコ共和国政府はトルコをヨーロッパの国であるとみなしている。
  9. ^ 後述の「嗚呼醜臣軟猿乃図」では皇族である有栖川宮大将の像でさえ、楠木正成の像がある宮城前には立てなかったという主張がある。
  10. ^ なお、この事件の起こる2日前に東京でも日露戦争講和条約の内容に不満を持った人たちによる日比谷焼き討ち事件が起きている。神戸の場合主に被害に遭ったのは前述の銅像関係と有馬筋・西門筋・福原口の3か所の派出所。
  11. ^ 前述の破損状況は『神戸新聞』1905年9月9日付けの説明なのだが、1909年12月6日付の同紙では前回と異なり「顔には別段異常はなく、後頭部は摩擦痕はあるが台座を高めにすれば目立たない、服のボタンやポケット付近に目立つ損傷があるがすぐに直せる範囲。」としている。
  12. ^ 所有地寄付の申し出があったため
  13. ^ なお、引きずり回しにされた方の銅像は知人の服部一三がしばらく庭に置き、彼の死後の1930年に山口県萩市の伊藤旧宅隣に寄付されるが戦争中の金属供出に出され現存しない。
  14. ^ 明治42年(1909年)松山での講演会での発言。
  15. ^ 『海南新聞』1909年明治42年)3月18日号の記事によると、同年3月16日松山道後を訪れた伊藤博文は、歓迎会演説の中で自らの出自に就いて 「予ノ祖先ハ當國ヨリ出デタル者ニテ、伊予ニハ予ト同シク河野氏ノ末流多シト存スルガ、予ノ祖先ハ300年以前ニ於テ敗戰ノ結果、河野一族ノ滅亡ト共ニ中國ヘ移リタル者テ「通起(みちおき)」ト称シ慶長16年(1609年)5月26日ニ死歿シタルガ故ニ、明年ニテ恰モ300年ニ相当ス。彼ハ「林淡路守通起」ト称シ、予ハ其レヨリ第11代目ニ當レリ。「通起」ハ敗戰ノ後、毛利氏ヲ頼リタルモ、毛利氏モ當敗軍ニ属シ、頗ル艱難ヲ極メタル時ナルカ故ニ、遂ニ村落ニ埋歿シ落魄シテ、眞ニ僻遠ナルカ寒村ニ居住シ、其裔孫此処ニ存続シテ、今ヤ一族60餘軒ヲ算スルニ至レリ。予モ即チ其一人ニシテ、明年ヲ以テ齢70ニ達スルガ故ニ、恰モ周防ニ移リタル通起ノ歿後230年ニ出生シタルモノナリ。予カ父母ニ擁セラレテ萩ノ城下ニ出デタルハ僅ニ8歳ノ時ニシテ、爾来幾多ノ変遷ヲ経テ、今日ニ及ベリ。近來家系ノ事ニツイテ當國ノ諸君ガ頗ル調査ニ盡力セラレタル結果、周防移住以前ノ事蹟、大ニ明確ト成リタレハ、明年ハ周防ニオイテ親族ヲ参集シ、通起ノ為ニ300回忌ノ法要ヲ營ム心算ナリ。今次當地ニ於テハ、諸君ガ頗ル厚意ヲ以テ來遊ヲ歓迎セラレタルハ、右ノ縁故ニ基クモノトシテ、予ハ殊更ニ諸君ニ対シテ感謝ノ意ヲ表スル次第ナリ。顧フニ古來成敗ノ蹟ニ就テ考フレハ、予ガ祖先ハ當國ヨリ出デタルモノナレバ、當國ハ即チ祖先ノ故郷ナリ。今ヤ祖先ノ故郷ヘ歸リ來リテ斯クノ如ク熱誠ナル諸君ノ歓迎ヲ受ク。胸中萬感ヲ惹カザルヲ得ズ。加之、本日ハ諸君ガ我過失ヲ論ゼズシテ、唯々微功ヲ録セラレタルニ至テハ、深ク諸君ノ厚意ヲ心ニ銘シテ忘却セズ」と発言している。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 朝日日本歴史人物事典『伊藤博文』 - コトバンク
  2. ^ a b 内閣発足以前を含めた日本国の初代内閣総理大臣は三条実美である。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 日本大百科全書(ニッポニカ)『伊藤博文』 - コトバンク
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『伊藤博文』 - コトバンク
  5. ^ a b c 百科事典マイペディア『伊藤博文』 - コトバンク
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説『日韓協約』 - コトバンク
  7. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 22 - 25)
  8. ^ 『吉田松陰全集 第12巻』
  9. ^ 司馬遼太郎「死んでも死なぬ」『幕末』収録より
  10. ^ 春畝公追頌会編『伊藤博文伝』
  11. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 22 - 25)、瀧井一博 (2010, pp. 3 - 5)
  12. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 25 - 45)、瀧井一博 (2010, pp. 7 - 12)
  13. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 45 - 71)
  14. ^ Lanman, Charles (1872). The Japanese in America. pp. 13-15. https://archive.org/details/japaneseinameric00lanm 
  15. ^ 朝日新聞 2008年6月3日付記事
  16. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 74 - 141)、瀧井一博 (2010, pp. 18 - 48)
  17. ^ 瀧井一博 (2010, pp. 75, 375)
  18. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 161 - 201)、瀧井一博 (2010, pp. 55 - 66, 75 - 77)
  19. ^ 貴族院議員資格及選挙争訟判決規則に対するピゴット氏意見』等。1890年。
  20. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 201 - 208, 217 - 229)、瀧井一博 (2010, pp. 66 - 84)
  21. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 295 - 298)、瀧井一博 (2010, pp. 92 - 103, 119)
  22. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 309 - 373)
  23. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 393 - 405, 416 - 426, 434 - 457)、瀧井一博 (2010, pp. 120 - 129, 167 - 203)
  24. ^ 黒岩比佐子『日露戦争 勝利のあとの誤算』文藝春秋<文春新書>、2005年10月。ISBN 4-16-660473-2、10頁
  25. ^ 猪木正道『軍国日本の興亡』中央公論社<中公新書>、1995年3月。ISBN 4-12-101232-1、36頁
  26. ^ 黒岩比佐子 (2005, pp. 9 - 10)
  27. ^ 猪木正道 (1995, pp. 56 - 62)
  28. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 458 - 495)
  29. ^ 『伊藤博文と韓国併合』 青木書店
  30. ^ 2010年8月22日放送 7:00-7:45 NHK総合
  31. ^ 韓国併合 伊藤博文のメモ見つかる 2010年8月22日 NHKニュース・オンライン。
  32. ^ 『伊藤博文演説集』〜普通教育に従事する日本人教師への訓諭〜(講談社学術文庫)
  33. ^ 『伊藤博文演説集』(講談社学術文庫)
  34. ^ a b 小島毅『歴史を動かす―東アジアのなかの日本史』亜紀書房、2011/8/2、ISBN 978-4750511153、p62-p63
  35. ^ 한국사데이터베이스 비교보기 > (14) [韓日合倂을 위한 日露協約締結에 관한 意見開陳 件]”. db.history.go.kr. 2021年9月5日閲覧。 “一. 韓国に関する条項は本協約中に規定して発表し之に加ふるに本野公使の稟議の如を公文を交換して将来の発展なる語はアネキゼイシヨン迄も包含する旨を明にするを最も得策なりとす已むを得ずして本条項を秘密協約に移すも尙本野公使の稟議を採用するの必要ありと認む韓国の形勢今の如くにして推移せば年を経るに随てアネキゼイシヨンは益々困難なるに至るべし故に今日に於て我が意思の在る所を明にし予め露西亜の承諾を得置かざるべからず 二. 蒙古問題に関しては露西亜ノ意向を察するに満州を南北ニ両分シ韓国を日本に与へる報酬として蒙古を得て以て今回の協定を対等の形式と為さんとするに在ること疑なし故に韓国に関しては露国をして我が要求を無限に承諾せしむるに拘はらず蒙古に関して種々なる束縛を加ふるに至りては露西亜は同意を表し難かるべし吾に取りては韓国問題を根本的に解決すること目下の急務なるが故に蒙古問題に関しては成るべく露西亜の要求を容るゝこと緊要なり故に往電第十二号中に陳述せる如く蒙古の主権及領土保全問題の如きは之を再言せずして本協約第二条の大体論に譲り露西亜の面目を保たしむるを得策とす”
  36. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」124-126頁「日露協約の露国対案に関する在露本野公使宛訓令案」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “蓋し露国政府は日本が他日韓国を合併することを事実に於て承認するの決心ありとするも此際本件に関して直接且正式の承認を与ふるに憚るやも知るべからず、露国が此承認を拒絶する動機何れにありとするも我より一旦提議を通告せる上に於て結局協定の不成立に帰するが如きことあらば是実に我将来の対韓政策に重大なる妨礙礙を来すの因を胎すべし。従て帝国政府は本問題に関し貴官に確乎たる訓令を発するに先ち従来の露国外務大臣が此関係に於て如何なる程度迄言質を与へたるや又貴官の請議にかかる本案が同大臣の同意を得べき確実なる成算ありやに付貴見稟報あらんことを希望す。”
  37. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」127-128頁「日露協商問題に関し各元老と熟議決定の結果通報の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “露国は実際に於て日本の韓国合併を承認するの決心なりとするも此際直接且つ正式に之を約束することは体面上同意し難きやも知るべからず、若し一旦我より本件提議の上万一露国に於て結局之に同意せざるときは我は進退に窮するに至るべく…之を提議するに於て露国の同意を得べき確実なる見込あるかを本野(在露)公使に確むることに決せり。”
  38. ^ a b 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」128-129頁「一三二 韓国併合及蒙古に関する保証に対する露外相の意向報告の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “※1907年4月19日付、本野在露公使から林外務大臣への報告「貴電第六八号アネクセエション(※引用者注:韓国合併)に関する保証の件に就ては今日迄本官と露国外務大臣との私の談話に於てはイズヲルスキイ氏は明かに異存なきことを断言すると同時に若し如斯保証を与ふるに於ては日本よりも蒙古に関し相当の保証を得るを要すと云減り…蒙古に関する露国の対案を全部撤回せしむる以上は韓国アネクセエション保証の件は閣下御意見の通り之を提議せざる方然るべし。」”
  39. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」136-137頁「一四ニ 日露協約案中蒙古問題に関する本野公使宛訓令案に付伊藤統監の意見問合の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “※1907年5月4日付 林外相が伊藤に、以下の指示を本野在露公使に出していいかと尋ねる文書「蒙古其他清国西部の辺境に関する露国の提議に至りては…韓国に関する我提案の報償として著しく過当なるを信ず…韓国合併の承認に関する保証に就ては露国は之に対して過大なる報償を予期するの状あり、之に牽連して諸般の問題を生ずべきを以て今後一切右の合併問題に言及することを避けらるべし。」”
  40. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」139頁「蒙古問題に関し在英山本海軍大将より西園寺首相宛意見開陳の件」”. 外務省外交史料館. p. 139. 2021年9月12日閲覧。 “1907年5月10日付「我政府に於て此際韓国合併の件を提議せざることに決定せられたるは時宜に適したる御措置と信ず。”
  41. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」154-155頁「一五九 日露協商中の案件に関する元老会議の決定に付意見問合の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “※1907年6月14日付 林外相が元老会議の結果を伊藤に通知「韓国及蒙古に関する事項を除きて協商を成立せしめ日露両国の親交を図るを以て韓国問題の解決に資するに若かずと認め右に付閣下の御同意を求むることに決せり。」”
  42. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」156頁「一六一 日露協約案中より韓国関係時効削除の趣意に付説明の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “(※6月18日付 林外相から伊藤に対して)「元老会議に於て決したる韓国に関する事項を協約中より削除すとのことは全部削除の意味なりしなり…全部削除のことに御同意相成度」”
  43. ^ a b 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」132‐133頁「一三八 日露協商案中韓国問題に関し意見回報の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “1907年4月25日付 伊藤から林外務大臣へ「尚韓国の状勢に鑑みるときは耶蘇教の蔓延、排日思想の増加と言ひ前途頗る困難に至るは疑を容れず、故に此際韓国問題を決定せざるは遺憾とする所なれども…」”
  44. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」153頁「一五七 日露協約案件に付本野公使の意見に全然賛同なる旨申出の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。
  45. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」153頁「一五八 韓国問題の解決が日露協商の眼目なる旨意見開陳の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “主眼たる韓国問題に至てはポーツマス条約に於て遺憾ながら尚日露両国相だに異議を挟むの余地を残したるを以て今回の協商は完全に主眼たる韓国問題を解決し”
  46. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」155頁「日露協約中の案件に関する元老会議の決定に付意見開陳の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。
  47. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」157頁「日露協約中より韓国関係事項全部削除に対し反対意見開陳の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “我政府に於て日露協商を締結せんとするの決意を為したるは日露戦争の原因をなせる主要問題中にて講和条約(※ポーツマス条約)を以て未だ全く解決せられざるものあり、これを一掃せざれば真に両国の交誼を図り東洋の平和を保つ能はざるが故なり。就中最重大なるは韓国問題にして同国に関し露国をして将来容喙の余地を存せしむれば日本は到底露国と円満なる交誼を期する能はざるは論なし…日露協商中より韓国に関する事項を全然削除することに決せば本官は大に考慮せざるべからず。右の趣旨首相及元老へ御伝達相成りたし。”
  48. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「5 第一回日露協商一件」173-175頁「一八二 日露協約及付属文書調印済の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “秘密協約第二条 露西亜国は日本国と韓国との間に於て現行諸条約及協約(日本国より露西亜国政府に其の謄本を交付せるもの)に基き存在する政事上利害共通の関係を承認し該関係の益々発展を来すに方り之を妨礙し又は之に干渉せざる事を約す…第三条 日本帝国政府は外蒙古に於ける露西亜国の特殊利益を承認し該利益を損傷すべき何等の干渉を為さざることを約す。”
  49. ^ 外務省: 外交史料館 日本外交文書デジタルアーカイブ 第40巻第1冊(明治40年/1907年)「11 海牙平和会議ヘ韓帝密使派遣一件」430頁「海牙に於ける韓帝密使の姓名資格等問合並対韓措置に関する件」”. www.mofa.go.jp. 2021年9月7日閲覧。 “右の運動果して勅命に基くものなれば我政府に於ても此際韓国に対して局面一変の行動を執るの好時機なりと信ず。即ち前記の陰謀確実なるに於ては税権兵権又は裁判権を我に収むるの好機会を与ふるものと認む。”
  50. ^ 黄文雄『日本の植民地の真実』扶桑社、2003年10月31日、142頁。ISBN 978-4594042158
  51. ^ 韓国施政年報.  明治39,40年”. 国立国会図書館デジタルコレクション. pp. 136-137. 2021年9月12日閲覧。 “八月一日午前八時侍衛第一連隊第一大隊の日本教官は同隊を営庭に整列せしめ訓練院の解散式場に誘導せんとする際、同大隊長は突然兵舎内に自殺し之と同時に整列したる兵卒は沸騰離散して…此戦に於ける損害は我に於て戦死中隊長以下四名、負傷将校以下二十一名にして韓兵の戦死者は将校以下七十余名、負傷者百余名、捕虜は六百名に近し。”
  52. ^ 韓国施政年報.  明治39,40年”. 国立国会図書館デジタルコレクション. pp. 133-134. 2021年9月12日閲覧。 “(1907年7月)十九日朝来多数の韓民鐘路に集合し激烈なる路傍演説を試むる者あり。群民は石を投ずる等狂暴を極め死傷者を生ずるに至れり…二十日も朝来韓民の騒擾未だ休まず韓国脱走兵及群民と日韓警察官との間に数回の衝突あり…同日一群の暴徒は李総理大臣邸を焼き”
  53. ^ 韓国施政年報.  明治39,40年”. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 129. 2021年9月12日閲覧。
  54. ^ 『韓国の保護及併合』朝鮮総督府、1917年、119-120頁。「統監本協約締結に関する談話に曰く…何れの国人と雖も進みて其の国の存立に反する約束をなすべき筈なし・…韓国に於て我が提議を拒絶したる場合には無論強制的の処置をとること言ふ迄もなきも幸に承諾せしを以て此等の処置も亦之を執るの必要を見るに及ばざりしなり。乍併政府部内に於て多少の擾乱を生ずることは予め期せざるべからずと考ふ。之に対しては本国より軍隊を招き十分鎮圧の手段を講ずる覚悟なり。七月二十五日正午」
  55. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「12 日韓協約締結一件(韓帝譲位一件)」477頁「五〇九 韓国秩序維持の為混成一旅団派遣方稟請の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “(※7月21日付 伊藤から西園寺首相へ)京城目下の情況は錯雑にして将来其波及する所を予知し難きも一面には韓国軍隊の情況不穏にして如何なる事変を生ずるや測り知り難く…混成一旅団を至急当地に送らるゝは必要の措置なりと思考す。地方は京城の報知未だ達せざるが故に目下差したるものなしと雖も数日の後には多少の擾乱の起るは今日より予期し置かざるべからず。”
  56. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「12 日韓協約締結一件(韓帝譲位一件)」488頁「五二四 京城へ我軍隊派遣方に関する件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “(※7月24日付 伊藤から西園寺首相へ) 要求したる軍隊派遣は之れを実行せらるるや果して決行の場合には何日京城に到着する見込なるや至急返電を乞ふ。”
  57. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「12 日韓協約締結一件(韓帝譲位一件)」498頁「軍隊派遣早急実行方稟請の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “(※7月24日付 伊藤から西園寺首相に)往電第八九号の如く協約の調印は無事之を了したるも善後策として林大臣の往電第八八号に陳述したる強制手段を執るの必要あるが故に出兵は成るべく速に実行せられむことを切望す。”
  58. ^ 日本外交文書デジタルアーカイブ第40巻第1冊(明治40年/1907年)「12 日韓協約締結一件(韓帝譲位一件)」496頁「韓国秩序維持の為軍隊派遣方稟申の件」”. 外務省外交史料館. 2021年9月12日閲覧。 “目下京城には約六千人の韓国兵ありて何時蜂起するやも計られざるに付…多数優勢の兵力を要するを以て内地より速に出兵せらるゝことを緊要なりと認む。”
  59. ^ 韓国施政年報.  明治39,40年”. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 142. 2021年9月12日閲覧。 “同月末に至り歩兵第十二旅団韓国に上陸し第十三師団と協力して各地の守備に就く。”
  60. ^ (154) [順興·淸州·鎭川·楊州·抱川 地方의 暴徒鎭壓狀況 報告]”. 2021年9月12日閲覧。 “往電第四九號 明治四十年九月七日 午後二時一○分 京城發 明治四十年九月七日 午後一一時一○分 大磯着 長谷川 統監代理 伊藤 統監 安東方面ニ派遣シアル步兵第十四聯隊西岡大尉ノ中隊ハ本月四日頃順興南方方成洞ニ於テ賊ト衝突シ之ヲ擊退シテ其根據地ヲ燒キ盡ス我ニ死傷ナシ 步兵第十二旅團ノ慶尙北道暴徒討伐隊ハ本日大邱ニ出發ス前電暴徒討伐ノ爲メ京釜線天安驛ニ下車シ五川方面ニ前進シタル步兵小隊ハ更ニ淸州ノ地方鎭川ニ到リ賊ヲ急擊シテ之ヲ擊退ス賊ノ死傷三十鹵獲品多數 京城ノ北方約七里ノ楊州附近ニ暴徒三百名起リ郵便所員其他居留民六名今朝坡州ニ引揚ク右討伐ノ爲メ本日第十五師團ヨリ一中隊ヲ派遣ス 本月六日京元街道抱川ヨリ京城ニ向ヒ郵便護衛ノ爲メ來リタル第五十一聯隊ノ兵二名ハ遞送人ト共ニ暴徒ニ襲ハレ兵一名戰死シ遞送人一名殺害セラル 昨夜暴徒京畿道安城ノ居留民ノ家ヲ襲ヒ居留民四十名成歡ニ引揚ク死傷ハ未タ明カナラス”
  61. ^ 金容賛 (2011). “金 容賛 近代朝鮮におけるネイション形成の政治的条件に関する一考察 — 「他者」の意識化と義兵運動の高揚をめぐって —”. 立命館国際研究 24 (2): 204. http://www.ritsumei.ac.jp/ir/isaru/journal/. 
  62. ^ 戸部良一 (2005). “朝鮮駐屯日本軍の実像:治安・防衛・帝国”. 第1期日韓歴史共同研究報告書 第3分科(近現代): 393. https://www.jkcf.or.jp/projects/2005/18003/?. 
  63. ^ 久保伸子 (2018). “伊藤博文と明治日本の朝鮮政策”. 博士学位論文: 187. https://kitakyu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=635&item_no=1&page_id=13&block_id=424. 
  64. ^ 卜煥模 (2006). “朝鮮総督府の植民地統治における映画政策”. 学位論文: 128. 
  65. ^ 戸叶薫雄, 楢崎観一『朝鮮最近史 : 附・韓国併合誌』蓬山堂、1912年、194-195頁。
  66. ^ (3) [韓國皇帝 南方巡幸에 관한 報告 件]”. 2012年9月12日閲覧。 “目下尙ホ民心穩カナラス殊ニ極寒ヲ犯シテ皇帝自ラ巡視セラルゝハ民心ニ影響ヲ及ホス疑ヲ容レスト確信ス”
  67. ^ 伊藤公全集第2巻政治演説「韓国陛下の巡幸」(明治四十二年一月七日 大邱達城館の歓迎会に於て)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. pp. 475-476. 2021年9月13日閲覧。 “即ち其の(韓帝)詔書に在るが如く、韓国地方の状況は、未だ全く平穏に帰せざるの地方南北に現存す。…韓国人中に動もすれば隣国の好誼を疑ひ、或は日本は韓国を扶助すろ言ひながら其真意は之を滅却するにありと云ふもの無きにあらず。此ことたる各地より本職の許に達する報道に依て明かなり。然れども日本は如斯不誠実のものに非ず。誠実に隣邦を助け之を扶植し之を誘導し韓国臣民の幸福を増加せむことを熱望するものなり。…故に韓国民諸君は、(韓帝)陛下が如斯臣民の幸福を軫念せられ、国内の状況を視察せられむが為めに玉体を労せらるゝの趣旨を深く拝察して、聖意を遵奉せられむことを本職は希望せずんばあらず。”
  68. ^ 伊藤公全集第2巻政治演説「韓帝御巡幸に扈従して所懐を述ぶ」(明治四十二年一月八日釜山官民歓迎会に於て)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 479. 2012年9月13日閲覧。 “尚ほ日韓人の間に紛議断へざるは如何。是れ日韓両国皇帝陛下の屡々宸慮に上る所以なり。”
  69. ^ 伊藤公全集第2巻政治演説「日韓国防上に於ける鎮海湾の価値」(明治四十二年一月十日馬山歓迎会に於て)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 484. 2021年9月13日閲覧。 “両国の臣民たるもの互に信義を以て相交り国の強弱を以て之を軽蔑し之を賤むるが如きことなく…韓皇陛下が南巡に就て自国民情の視察と共に日韓の関係を深く軫年せらるゝを了解し、”
  70. ^ 伊藤公全集第2巻政治演説「日韓両帝の聖意は韓国の富強を図るに在り」(明治四十二年二月二十九日義州歓迎会席上に於て)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 491. 2021年9月13日閲覧。 “韓皇の玉体を労せらるゝは、臣民の幸福を増進せられんとするに在り。日本の韓国を保護する所以も、亦韓国の富強を謀るに在れば、其趣旨は即ち揆を一にして相悖らず。此の辺境に居住する両国臣民は、此歓迎会に於けるが如く、互に兄弟の如く相親しみ韓国の進運に力を致さゞるべからず。”
  71. ^ 行幸ノ各道民心ニ及ホシタル影響電報摘要 (京城ヲ除ク)”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “忠淸北道 各別ニ調査スルトキハ行幸ノ名義ニ止マリ其ノ內容ハ餘義ナキ事情ノ下ニ日本ニ拉去セラルゝモノニシテ陛下ヲ拜スルコト之ヲ空前絶後トストナシ車窓ヲ拜シテ落淚別離ヲ惜ム者アリ 忠淸南道 事理ニ通シタル者ハ聖恩ヲ感シ儒生兩班ノ徒ハ一時日本ニ誘行セラルゝモノト誤解セシモ 全羅南道 行幸ノ報初メテ傳ハルヤ日本ニ拉去セラルゝモノト疑懼セシカ”
  72. ^ (25) [平壤 泰西學校 耶蘇中學生의 皇帝巡幸阻止 協議 件]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “今回韓皇陛下ノ義州御巡幸ヲ差止ムル爲在平壤泰西學校及耶蘇中學校トノ間ニ決死隊ヲ組織シ薄弱ナル協議中”
  73. ^ (29) [皇帝西巡幸時 平壤義州 地方韓人의 態度報告]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “昨夜平壤發松井警務局長ノ報告ニヨレハ一昨日電報報告セシ如ク今回行幸ノ地方ニ於ケル韓人側ノ狀況ハ表面上歡迎シ居ルモノゝ如クナルモ義州·定州·平壤等ニテハ日本國旗ヲ揭クルヲ快シトセサル者アリ又開城ニ於テハ昨夜臨時事務所ニ爆發物ヲ投シタル者アリ其他平壤ニ於テハ北韓行幸ハ日本人カ政略上誘ヒ出シタルモノニテ之レヨリ又元山ニ御巡行ヲ勸メ同地ヨリ日本ニ船ニテ陛下ヲ連レ行カントスルモノニ付決死隊ヲ作リ平壤以北ノ巡行ヲ止メントノ企ヲナシ其他伊藤統監ヲ暗殺スヘシ等ノ風說ヲ流布スル者アリトノ事ニ付昨夜來專ラ視察ニ努メタルモ確實ナル根據アル風說ニアラサルモ何トナク民心穩カナラサル點ヲ認メタルヲ以テ尙ホ十分警備ヲ嚴重ニシ私服巡査ヲ增置スル等其他裏面ノ偵察ニ努力スヘキ樣關係警察部長及警察署長ヘ訓電シ專ラ警戒中ナリ 右及報告候也”
  74. ^ (37) [韓國皇帝陛下 義州巡幸時 日章旗 毀損事件 內査 件]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “憲機第三四五號 明治四十二年一月二十九日韓皇帝陛下義州行幸當日當地普通學校內ニ日韓民ノ主催ニ係ル宴會埸表門ニ交叉シタル日韓國旗ノ內日本國旗ノミヲ同夜間ニ於テ國旗ノ地質約三分ノ一ヲ殘シ小刀ノ如キモノヲ以テ切リ破リ其半片ヲ取リ去リタルヲ翌三十日朝會場取リ片付ケニ至リシ者之ヲ見付ナカラ無意味ノ裡ニ取片付ケ置キシヲ二月二日觀察道ニ於テ諸品整理ノ際發見セシ旨通知アリ依テ何者ノ所爲ナルヤ目下之レカ內偵中 以上 明治四十二年二月十五日”
  75. ^ (40) 行幸奉迎ニ關スル狀況報告”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “九. 耶蘇信徒ノ重ナル吉善宙·金聖澤ハ去二日米國宣敎師ノ設ケタル西門外格物 學校ニ約二百餘名ノ信徒ヲ集會シテ曰ク抑モ韓國ヲ開發スルニハ耶蘇ヲ崇拜スルニアリ耶蘇信徒ニアラサレハ到底日本ニ對抗スルノ力ナシ現ニ今回陛下ノ行幸ニ際シ警察ノ力ヲ以テ日本國旗ノ携帶ヲ諭サレシモ遂ニ其目的ヲ果ス能ハサリシハ全ク耶蘇ノ强固ナルニ依ルモノニシテ今後陛下ニ對シ耶蘇ヲ崇拜セラルゝコトヲ上奏シタランニハ上下一致シ日本ノ威力ヲ壓制スルハ期シテ疑ハサル所ナリ云々ト言ヒタリ”
  76. ^ (54) [皇帝 義州巡幸에 대한 定州의 反應追加報告 件]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “韓民自由ニ放任セハ日章旗ヲ揭揚スルモノ皆無ナリシナランカ行幸仰出サレシ當時郡守ニ協議セシ處宣川郭山ハ同意ナリシモ定州郡守ハ反對シタリ此意見ナルヲ以テ況ンヤ人民ハ更ニ揭揚スル意思ナキヲ以テ警察ヨリ直接沿道面洞長ニ對シ說諭ヲ加ヘタル故定州七分宣川四分郭山嘉山二分揭揚シタルモ奉迎場ニ兩國旗ヲ携行シタルモノ僅少ナリシ依テ一般ニ嚴重加諭セシ結果御還幸ノ際總テ兩國旗ヲ揭揚幷ニ携行シタリ”
  77. ^ (56) [西北巡幸後의 民心動向 追加報告]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “甑山咸從地方ニ於ケル耶蘇敎徒及頑迷輩等ハ種々ナル說ヲ爲シ居レリ而シテ其要點ヲ擧クレハ 今回ノ行幸ハ陛下ノ御心ニ出テタルモノニアラス日本官吏ニ煽動セラレ己ムヲ得ス行幸セラレタルナリト 今回西南地方ニ行幸シ無事還幸セラレタルモ之レ日本人ノ計略ニシテ韓國人ヲシテ疑念ナカラシメ然ル後國外ニ連レ行カントスルニアリト 行幸ニ付テハ多額ノ費用ヲ要セリ韓國ヲシテ此ノ如ク多額ノ費用ヲ出サシメ以テ國ヲ亡ホサントスル計劃ナリト 行幸ニ際シ日韓國旗ヲ携帶スヘク勸誘セラレタルモ日韓國君主御同列ノ行幸ナラハ兩國旗ヲ携帶スルハ當然ナルモ伊藤統監ハ臣下ニ過キサレハ日本國旗ヲ携帶スルノ理由ナシ云々”
  78. ^ (118) [言論人들의 日章旗問題를 主題로 한 演說會 狀況報告]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “三. 演說ノ要領ハ隆熙三年二月韓國皇帝北韓巡幸當時我國民ノ守護神トシ我國民ヲ代表スル日章旗ニ對シ拭フヘカラサル一大侮辱ヲ加ヘラレタリ吾人日本國民トシテ斯ノ如キ重大事件ヲ等閑ニ附スルヲ得ンヤ伊藤統監ノ巡幸ニ陪從セラレタル主義目的トスル處ハ韓皇ノ御伴ニアラス又同行シタルニモアラス其眞意ハ韓皇ノ保護ニ出テタルモノニシテ其責任ハ重且ツ大ナリ然ルニ不幸ニモ此行幸中國旗侮辱問題ナル重大事件ヲ惹起スルニ至リタレハ大ニ國民一般ノ遺憾トスル所ナリ當時新義州ニ於テ同地學生カ國旗ヲ破棄シタルハ素ヨリ學生又ハ敎師ノ責任ニアラス監督長官卽チ學部大臣ノ責任ナリ苟モ我國旗ニ對シ侮辱ヲ加ヘラレ日本國民トシテ之ヲ袖手看過スルコトヲ得ンヤ日本臣民協同一致大ニ期スル處ナカルヘカラス云々午後十時三十分無事閉會ヲ告ケタリ”
  79. ^ (115) 國旗問題ニ關スル政談演說”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “大韓日報 記者 山道亞川 「革新ノ氣運」ナル演題ニテ南北巡幸カ果シテ幾何ノ効果ヲ奏シタルカ却テ日韓ノ和親ヲ破ルノ結果ヲ生スルニ至レリ然レトモ吾人ハ努メテ沈默ノ態度ヲ取リ其筋ノ處置ヲ待ツト雖トモ國旗問題ニ付テハ何等ノ處置ヲ爲サゝルヲ以テ日本國民トシテ沈默スル能ハサル場合ニ遭遇セリ本問題ハ日本帝國ヲ侮辱シタルモノニ付韓國上下ヲシテ謝罪セシムルハ素ヨリノ事ナルカ關係當局者ヲ處決セシメサル可カラス云々 雜誌朝鮮記者 釋尾旭邦 「國旗問題ハ最後ノ洗禮ヲ受クルニハアラサルカ」ナル演題ニテ統監府設立以前ト統監府設置後ノ韓國人ハ其性質カ全ク異リ居レリ統監府設置以前ノ韓國人ハ日本人ニ對シテハ萬事服從シ居リタルカ統監府設置後ノ韓人ハ頗ル暴慢ニシテ反ツテ日本人ヲ侮辱ス國旗問題ノ如キ之レナリトテ統監府ノ施政ハ懷柔ニ過クト爲シ尙在韓日本官吏カ韓人官吏ニ對シ頭ノ上ラサルヲ冷評シタリ”
  80. ^ (149) [伊藤公 暗殺事件의 首謀者에 관한 露總領事의 談話]”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “憲機第二一三一號 駐京露國總領事ハ同館員等ニ對シ伊藤公暗殺事件ノ首謀者ハ李範允ニシテ本年二月韓皇帝ノ西韓巡幸當時公カ扈從セシ際モ危害ヲ加ヘムト劃策スル處アリ又田明雲等カ米人「スチーブン」ヲ殺害セシモ同人ノ敎唆ナルカ如ク之等ニ要セシ費用ノ一切ハ在浦塩崔鳳俊カ支出セシモノト認メラル云々ト談話シ居レリト 以上 明治四十二年十一月八日”
  81. ^ (309) 伊藤公爵兇變ニ付テノ報告”. db.history.go.kr. 2021年9月12日閲覧。 “韓國內地ニアリテモ常ニ排日思想ノ橫溢セルコトハ押收新聞紙雜誌等ノ記事暴徒ノ檄文敎育家及宗敎家等ノ排日的思想鼓吹ノ如キ又ハ西韓巡幸ノ際ニ於テ伊藤公暗殺ノ風說ノ頻頻タルカ如キ狀熊ニ照スニ必スシモ韓國內ニ關係ナシト斷言スルヲ得スト雖モ…”
  82. ^ 伊藤公全集第2巻政治演説「日本の目的は韓国の扶植に在り」(明治四十二年一月十二日、大邱理事官々舎に於ける、郡守両班儒生に対する訓示)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年9月14日閲覧。 “尚諸君に望む所は、諸君が韓国皇帝陛下の聖旨に服して、陛下の韓国々民の為に図らるゝの叡旨に違ふことなく、当地方人民の先進者として縉紳として聖旨の在る所を一般人民に伝へ、一日も速に韓国の文化に赴き富強の実の挙がる様努められんこと是なり。(此時群集中の一韓人何事をか陳んと欲して演壇の下に来りて発言す。群衆之を制す。統監語を続て曰く)固より国民としては一個人は一個人の考へあらむ。然れども此統監は個々人々の意見に耳を傾くるものにあらず。本統監は今赤心を披きて諸君が韓皇陛下の聖旨に服従せむことを勧告したり。韓国人なるもの須く全国を挙て其方向を一変するに努めざる可らず。諸君中単独に日本に抵抗せむと欲するあらば来り試みよ。”
  83. ^ 伊藤公全集第2巻”. 国立国会図書館デジタルコレクション. pp. 493-494. 2021年9月13日閲覧。 “日韓親睦を敦くし我が日本の保護によらざれば韓国の進歩は百年河清を待つに等し。南北に亘り力を尽して視察したる結果は韓人の歓んで迎ふると却くるとは日本の問ふ所にあらず。日本は韓国民の現状を傍観座視するを得ず。畢竟隣誼を厚くし韓国の力を増し、日本国と共に韓国民の安寧幸福を増進せざるべからずとの観念は予の此行に於て益々深かうしたる所なること之れなり、予は日韓両国人が深く此事を記憶せられんことを希望す。”
  84. ^ 『伊藤博文をめぐる日韓関係』ミネルヴァ書房、2011年、79頁。
  85. ^ 『伊藤博文と日韓併合』青木書店、2004年、114頁。
  86. ^ 伊藤公全集. 第2巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. p. 495. 2021年9月7日閲覧。 “従来両国は両国として共に存立し共に列立せしに、今や方に協同的に進まんとする境遇となり、進んで一家たらんとせり。今日に於て斯る事情を解せず、時に紛乱を試みんとする者あるは予の取らざる所なり。”
  87. ^ 伊藤博文伝 春畝公追頌会
  88. ^ 『伊藤博文伝』下巻p702
  89. ^ 『伊藤博文演説集』(講談社学術文庫)
  90. ^ 『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』(PHP出版社)
  91. ^ 『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』(PHP出版社)
  92. ^ 『実録 首相列伝』学研
  93. ^ 『親日派のための弁明』ISBN 4-594-04845-5
  94. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 564 - 576)
  95. ^ #高松宮日記2巻263-264頁『六月九日(略)東京での話で、武藤氏の暗殺は刺客をまたその場で殺した人があるのださうだ。刺客の頭の弾丸ハ「ピストル」が異る弾丸ださうだ。その黒幕はまだ不明とか。ほんとに世の中がメンドウになる。そしたらハルピンの伊藤侯の殺されたのも、安重根ではなく、その時は弾丸とピストルを比べなかつたから、どうも近くの二階窓から打つたらしいと云ふ(その時ゐた人の話で疑つてゐるとのこと)。』
  96. ^ 上垣外憲一『暗殺・伊藤博文』ちくま新書、2000年、大野芳『伊藤博文暗殺事件 闇に葬られた真犯人』新潮社、2003年、海野福寿『伊藤博文と韓国併合』青木書店、2004年
  97. ^ 口述筆記の自叙伝『室田義文翁譚』(共編: 田谷広吉山野辺義智、常陽明治記念会東京支部、1938年)
  98. ^ a b 麻田雅文日露関係から見た伊藤博文暗殺 : 両国関係の危機と克服」『東北アジア研究』第16巻、東北大学東北アジア研究センター、2012年、 1-26頁、 ISSN 1343-9332
  99. ^ 松村正義 (2014)
  100. ^ 韓国警察報告資料巻の1”. www.jacar.archives.go.jp. 2021年9月7日閲覧。
  101. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 412 - 413)
  102. ^ 以上引用『実録 首相列伝』学研より。
  103. ^ 大庭みな子『津田梅子』朝日文芸文庫、朝日新聞社、ISBN 4-02-264013-8
  104. ^ 御厨貴編 『歴代首相物語』新書館、ISBN 4-403-25067-X (伊藤の項目は坂本一登が執筆)
  105. ^ 扶桑社刊の『新しい歴史教科書』と小学館刊の『21世紀子ども百科 歴史館』に所収。
  106. ^ 一般社団法人全国日本語学校連合 留学生のための物語日本史
  107. ^ 『七十七年の回顧』
  108. ^ 『四十五年記者生活 松井広吉 著』
  109. ^ 『四十五年記者生活 松井広吉 著』
  110. ^ 『嗚呼伊藤公爵』P60
  111. ^ 鳥海靖「伊藤博文」『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞出版伊藤之雄 (2009, pp. 582 - 583)
  112. ^ 伊藤之雄 2009, p. 581-583.
  113. ^ 『伊藤侯,井上伯,山県侯元勲談』
  114. ^ 『歴史読本 臨時増刊'79-12』
  115. ^ 春畝公追頌会(編) 2004, p. 888-891.
  116. ^ 『嗚呼伊藤公爵』P66
  117. ^ 『嗚呼伊藤公爵』P67
  118. ^ 『嗚呼伊藤公爵』P71
  119. ^ 『嗚呼伊藤公爵』72P
  120. ^ 『園公秘話』141P
  121. ^ 『孝子伊藤公』P394
  122. ^ 『伊藤博文公』
  123. ^ 『処世の大道』P613
  124. ^ 『経営論語』
  125. ^ 『論語講義.乾』
  126. ^ 春畝公追頌会(編) 2004, p. 894-895.
  127. ^ 『嗚呼伊藤公爵』P68
  128. ^ 尾崎行雄『近代快傑録』(千倉書房、1934年/中公クラシックス、2014年)p.55
  129. ^ 尾崎行雄『内治外交』
  130. ^ 尾崎行雄『咢堂放談』
  131. ^ 尾崎行雄『咢堂放談』
  132. ^ 尾崎行雄『咢堂放談』
  133. ^ 『嗚呼伊藤公爵』P68
  134. ^ ジョージ・アキタ著・荒井孝太郎、坂野潤治訳『明治立憲政と伊藤博文』、東京大学出版会、1971年、292頁。
  135. ^ 『観樹将軍豪快録』
  136. ^ 『観樹将軍縦横談』
  137. ^ 『伊藤候井上伯山縣候元勲談』
  138. ^ 『回顧録・上 P86』
  139. ^ 『七十七年の回顧』
  140. ^ 『四十五年記者生活 松井広吉 著』
  141. ^ 『四十五年記者生活 松井広吉 著』
  142. ^ 『四十五年記者生活 松井広吉 著』
  143. ^ 『中江兆民集』
  144. ^ 『嗚呼伊藤公爵』73P
  145. ^ 『嗚呼伊藤公爵』74P
  146. ^ 『嗚呼伊藤公爵』75P
  147. ^ 『大阪滑稽新聞』11月25日号、通巻26号
  148. ^ 木本至『評傳宮武外骨』、社会思想社、1984年、290頁
  149. ^ 春畝公追頌会(編) 2004, p. 921.
  150. ^ 春畝公追頌会(編) 2004, p. 917.
  151. ^ a b c d e 深谷博治『明治日本の対韓政策』友邦協会、1968年。
  152. ^ a b c d e 黄文雄日本の植民地の真実扶桑社、2003年10月31日、142-143頁。ISBN 978-4594042158
  153. ^ 平瀬礼太、「民衆が市中引き回し、のちに再建「伊藤博文像」」(銅像はつらいよ十選 1)、日本経済新聞、2013年12月13日
  154. ^ 平瀬礼太『銅像受難の時代』吉川弘文館、2011年、P106-108。
  155. ^ 平瀬礼太『銅像受難の時代』吉川弘文館、2011年、P108-109・112-119。
  156. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar 伊藤博文」 アジア歴史資料センター Ref.A06051170400 
  157. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号109
  158. ^ 『官報』第993号「叙任及辞令」1886年10月20日。
  159. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  160. ^ 『官報』第7905号「叙任及辞令」1909年10月28日。
  161. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  162. ^ 『官報』第1683号「叙任及辞令」1889年2月12日。
  163. ^ 『官報』号外「詔勅」1889年11月1日。
  164. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  165. ^ 『官報』第2094号「彙報」1890年6月24日。
  166. ^ 『官報』第3631号「叙任及辞令」1895年8月6日。
  167. ^ 『官報』第3632号「叙任及辞令」1895年8月7日。
  168. ^ 『官報』号外「詔勅」1898年6月30日。
  169. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  170. ^ 『官報』第7272号「授爵・叙任及辞令」1907年9月23日。
  171. ^ 『官報』第68号「賞勲敍任」1883年9月18日。p.2
  172. ^ 『官報』第569号「賞勲」1885年5月27日。
  173. ^ 『官報』第1152号「叙任及辞令」1887年5月5日。
  174. ^ 『日本の名家・名門 人物系譜総覧』 226、227頁
  175. ^ 指定文化財光市/指定文化財
  176. ^ 木造阿弥陀如来坐像 - 文化財要録山口県/社会教育・文化財課/山口県の文化財
  177. ^ 同書211、214頁
  178. ^ 萩の伊藤家墓碑修復 13日お披露目式山口新聞 2009年9月12日(土)掲載
  179. ^ 伊藤博文公先祖の墓碑萩博物館
  180. ^ a b c d e f g 霞会館、P167。
  181. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 56 - 59)
  182. ^ a b c d 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017、「伊藤博文」の章
  183. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨
  184. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 58 - 59)
  185. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 62 - 63, 88)
  186. ^ a b 霞会館、P768。
  187. ^ a b c d e f 人事興信所、フ42。
  188. ^ 聯合ニュース 2009年10月21日付(朝鮮語)
  189. ^ 毎日新報」1939年10月18日付より。
  190. ^ 『フランクリンの果実』ユキコ・アーウィン、文藝春秋 (1988/05)、p26
  191. ^ 伊藤之雄 (2009, pp. 378)

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代:
山県有朋
西園寺公望
大木喬任
(新設)
  枢密院議長
第10代:1909年
第8代:1903年 - 1905年
第3代:1891年 - 1892年
初代:1888年 - 1889年
次代:
山県有朋
山県有朋
大木喬任
大木喬任
先代:
土方久元
総裁心得
  帝室制度調査局総裁
1903年 - 1907年
次代:
(廃止)
先代:
山県有朋
松方正義
(新設)
  法典調査会総裁
1900年 - 1901年
1898年
1893年 - 1896年
次代:
桂太郎
大隈重信
松方正義
先代:
(新設)
  帝室制度調査局総裁
1899年 - 1900年
次代:
土方久元
総裁心得
先代:
(新設)
  参事院議長
1881年 - 1882年
次代:
山県有朋
先代:
塚本明毅
正院法制課長
  法制局長官
1875年 - 1879年
次代:
井上馨
先代:
(新設→欠員)
  工部卿
1873年 - 1878年
次代:
(欠員→)井上馨
先代:
(新設)
  賞勲局長官
1876年 - 1878年
賞勲事務局長官
1876年
次代:
三条実美
総裁
先代:
後藤元曄
  工部大輔
1871年 - 1873年
(1872年から山尾庸三と共同)
次代:
山尾庸三
先代:
(新設)
  租税頭
1871年
次代:
(欠員→)陸奥宗光
先代:
(新設)
  大蔵少輔
1869年 - 1871年
(1870年中吉井友実と、1870年から1871年途中まで井上馨と共同)
次代:
津田出
先代:
(新設→欠員)
  民部少輔
1869年 - 1870年
(1870年途中から吉井友実と共同)
次代:
吉井友実
党職
先代:
(新設)
立憲政友会総裁
初代:1900年 - 1903年
次代:
西園寺公望
日本の爵位
先代:
陞爵
公爵
伊藤(博文)家初代
1907年 - 1909年
次代:
伊藤博邦
先代:
陞爵
侯爵
伊藤(博文)家初代
1895年 - 1907年
次代:
陞爵
先代:
叙爵
伯爵
伊藤(博文)家初代
1884年 - 1895年
次代:
陞爵