メインメニューを開く

前田 治郎(まえだ じろう、1928年 - 2014年3月12日)は、日本実業家、元毎日放送国際室長で、元同局アナウンサー、報道記者。

経歴編集

東京府(現東京都)出身[1]。毎日放送にアナウンサーとして入社し、その後、報道記者としてアメリカ合衆国駐在特派員を務める。

駐米特派員(ニューヨーク特派員)時代の1963年11月23日日本時間9時、日米間で初実施の「通信衛星によるテレビ放送通信伝送実験」の2回目のテスト時(初回は日本時間5時27分のモハーヴェ砂漠の風景)に[2]ジョン・F・ケネディ(第35代アメリカ合衆国大統領)の暗殺事件(ケネディ大統領暗殺事件)のニュースを日本側に伝えた人物として知られる[3]

同社では国際室長を最後に退職し、1991年からは神戸学院女子短期大学教授を務めた[1]

2014年3月12日10時37分、呼吸不全のため兵庫県西宮市の病院で死去[3]。85歳没。

出演番組編集

脚注編集

関連項目編集