メインメニューを開く

前田 長泰(まえだ ながやす)は、江戸時代中期の高家旗本式部権大輔高辻長量の次男。

 
前田長泰
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年(1690年
死没 宝暦13年10月3日1763年11月7日
改名 正長(初名)→賢長→長泰
別名 靭負(通称)
官位 従四位上、左少将、信濃
幕府 江戸幕府
氏族 高辻家→高家前田家
父母 父:高辻長量、母:高辻豊長の娘
兄弟 祖成尼、高辻総長長泰、栓雲院
正室:喜連川氏春の娘
長敦ら四男四女

宝永4年(1707年)7月25日、将軍徳川綱吉御目見した。それに伴い幕臣となり、小姓並として蔵米300俵を支給されることになった。同年12月18日従五位侍従伊豆守に叙任され、後に信濃守に遷任された。宝永5年(1708年)1月9日300石を加増されて、武蔵国多摩郡内で600石を支配することになった。宝永6年(1709年)2月21日、高家職に就いた。正徳3年(1713年)12月23日遠江国内で400石を加増された。延享4年(1747年)1月12日高家肝煎となる。その後、従四位上左少将にまで昇進した。宝暦13年(1763年)10月3日死去、74歳。

先代:
高家前田家(高辻家流)
初代当主
1707年 - 1763年
次代:
前田長敦