副交感神経系

副交感神経から転送)
副交感神経系の分布

副交感神経系(ふくこうかんしんけいけい、英語: Parasympathetic nervous system, PNSラテン語: Pars parasympathica divisionis)は、自律神経系の一部を構成する神経系であり、コリン作動性である。

交感神経系と対称的な存在であり、心身を鎮静状態に導く

概要編集

副交感神経は遠心性の自律神経であり、臓器近傍あるいは臓器内に存在する神経節を隔てて大きく節前線維と節後線維に分けられる。節前線維・節後線維ともに末端部から神経伝達物質としてアセチルコリンを放出することからコリン作動性神経と呼ばれる。

機構編集

アセチルコリンの再利用編集

シナプス間隙に放出されたアセチルコリンの一部はコリンエステラーゼによりコリン酢酸加水分解される。コリンは前シナプスに取り込まれた後、神経終末部に存在するコリンアセチルトランスフェラーゼによりアセチルCoAを基質としてアセチルコリンへ再合成される。その後アセチルコリンは前シナプス中の顆粒に取り込まれ、再びシナプス間隙へ放出される。

臓器に対する効果編集

関連項目編集