メインメニューを開く

劇団中芸(げきだんちゅうげい)は、かつて存在した日本の劇団である。

目次

概要編集

1951年8月29日新協劇団を脱退した薄田研二らが劇団中央芸術劇場として設立し、その後劇団中芸に改称した[1][2]野々村潔岩下志麻の父)を書記長として、南品川の薄田研二の家を事務局兼稽古場にしていた。主な上演作品は「人形の家」、松川事件を題材にした「真実は壁を通して」、「こわれ甕」、「富島松五郎伝」、「国定忠治」等。

歩み編集

出典編集

  1. ^ 大橋喜一他編「自立演劇運動」91ページ年表
  2. ^ 東京芸術座 - Yahoo!百科事典
  3. ^ 大橋喜一他編「自立演劇運動」101ページ年表

外部リンク編集