メインメニューを開く

劇団M.O.P.(げきだんエムオーピー)は、かつて存在した日本劇団。主宰は演出家脚本家劇作家マキノノゾミ

1984年つかこうへい作『熱海殺人事件』公演で旗揚げした。その後も『広島に原爆を落とす日』『ストリッパー物語』『飛龍伝』『寝取られ宗介』など、つか作品を次々に上演し、関西学生演劇ムーブメントの中心的劇団のひとつとなる。1989年の『HAPPY MAN』公演よりオリジナルの脚本を上演するようになる。

時代劇から青春ドラマ、有名人をモデルにした伝記物、アメリカを舞台にした作品など、幅広い作品を上演した。

2008年に「劇団解散カウントダウン宣言」を発表し、3作品を上演した後、2010年8月に解散した。

所属していた俳優編集

かつて所属していた俳優編集

  • 鈴木哲也

外部リンク編集