劉天華(りゅう てんか、1895年2月4日 - 1932年6月8日)は中国作曲家演奏家であり、中国の伝統音楽と、二胡をはじめとする民族楽器の改革に多大なる貢献をした。

劉天華
刘天华.jpg
プロフィール
出生: 1895年
死去: 1932年
出身地: 江蘇省江陰県西横街[1](現:江陰市
職業: 作曲家演奏家
各種表記
繁体字 劉天華
簡体字 刘天华
拼音 Liú Tiānhuá
和名表記: りゅう てんか
発音転記: リウ ティエンホア
テンプレートを表示

劉天華の作曲した47の練習曲と10の二胡独奏曲は、二胡が独奏楽器として発展する上で重要な役割を担った。

功績編集

以下のような功績を残した[2]

  • 二胡の音域の拡大
  • 二胡の弓法の制定
  • 中国伝統音楽と西洋音楽との融合
  • 国楽改進社の創立

作品編集

二胡曲 (劉天華十大名曲)編集

  • 病中吟 (1918)
  • 月夜 (1924)
  • 苦悶之謳 (1926)
  • 悲歌 (1927)
  • 良宵 (1928)
  • 閑居吟 (1928)
  • 空山鳥語 (1928)
  • 光明行 (1931)
  • 独弦操 (1932)
  • 燭影揺紅 (1932)

琵琶曲編集

参考文献編集

  1. ^ 刘天华 中国音乐学网 2020年6月16日閲覧。
  2. ^ 増山賢治『中国音楽の現在―伝統音楽から流行音楽まで』東京書籍、1994年。ISBN 4-487-79187-1