張家港市(ちょうかこう-し)は中華人民共和国江蘇省蘇州市に位置する県級市長江下流域の南岸に位置する。

中華人民共和国 江蘇省 張家港市
宝時得機械張家港有限公司
宝時得機械張家港有限公司
江蘇省中の張家港市の位置
江蘇省中の張家港市の位置
簡体字 张家港
繁体字 張家港
拼音 Zhāngjiāgǎng
カタカナ転写 ヂャンジャーガン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江蘇
行政級別 県級市
面積
総面積 998 km²
人口
総人口(2006) 89.3 万人
経済
GDP(2007) 1,050億元
電話番号 0512
ナンバープレート 蘇E
市樹 香樟樹
市花 キク
公式ウェブサイト http://www.zjg.gov.cn/Home/

目次

行政区画編集

楊舎、金港、塘橋、大新、楽余、錦豊、南豊、鳳凰の8つの鎮と張家港経済技術開発区、双山島旅游度假区、江蘇省農墾区画に属する現代農業示范園区(旧江蘇国営常陰沙農場)から構成される。

歴史編集

張家港市の北部はもともと長江の一部であり、近年になり陸地化した。南部は張家港市の周辺の地区とともに発展した。張家港市に最初に現れた人類の活動は、新石器時代の馬家浜文化以前にまで遡る。の時代の末期より、に属した。の時代には会稽郡が設置され、西晋の時代には曁陽県が設置され、の時代に、梁豊県が設置された。の後、常熟、江陰の両県に属し、から中華民国の時代には常通港以北は南通県に属した。

日中戦争の時期には、中国共産党は北部の沙州地区に沙州県を、南部及び常熟、江陰の両県との境界に、虞西県をかつて一度設置した。解放後、東部は常熟県に西部は江陰県に属した。

1962年、江陰県より九つの人民公社、常熟県より一つの人民公社を抜き出し、沙洲県を建設し、蘇州地区に属した。張港家はこれより、1県級行政単位となった。

1986年9月、中華人民共和国国務院は沙洲県を廃止し、蘇州市に属する張港家市を改めて設置した。

2004年、江蘇省農墾区画に属する旧江蘇国営常陰沙農場を張家港市の管理下においた。

地理・気候編集

張家港市の南東部は常熟市と、西部は江陰市と接し、北部は長江をはさんで南通市、如皋市及び靖江市を望む。

張家港市は長江下流の沖積平野にあり、亜熱帯海洋性気候に属し、年平均気温は15.5℃である。

方言編集

張家港市には7つの方言、江南方言、崇明方言、老沙方言、錫北方言、澄東方言、虞西方言、江北方言などが存在する。

交通編集

張家港市は上海市から98.1キロメートル、蘇州市から58キロメートル、無錫市から40キロメートル、常州市から70キロメートル、南通市から30キロメートル、南京市から200キロメートル、無錫空港から98キロメートル、上海虹橋国際空港から98キロメートル、上海浦東国際空港から150キロメートル、南京禄口国際空港から200キロメートルの位置にある。

張家港港は長江に沿って60キロメートルに渡り、1万トン級以上の船舶が停泊できる沿岸が33キロメートルある。2006年の貨物出入量は10035万トンになり1億トンを突破し、そのうち、コンテナは46万箱に達した。

工業編集

張家港市は2007年中国百強県の第3位に入り、全国で唯一、内河保税区を持つ。十大集団企業として、江蘇沙鋼集団zh)、東海糧油、華芳、永鋼、牡丹(自動車メーカー)、張銅、澳洋、華潤(ガラスメーカー)、聯合銅業、駿馬化繊がある。

江蘇沙鋼集団は、中国第3位の私営企業であり、蘇南地区では最大の企業である。2007年には世界8位の粗鋼生産量を記録した[1]。東海糧油はアジア最大の食用油の生産基地である。

その他の企業には、金陵体育(スポーツ用品メーカー)などがある。

教育編集

  • 沙洲工学院:1984年設立の県立大学である。
  • 国家級重点中学として梁豊高級中学、其余高級中学があり、ソフトウェア、ハードウェアの設備が充実している。

都市の風貌編集

張家港市は、過去に「国家衛生都市」、「全国環境保護模範都市」、「全国文化先進県(市)」、「全国計画出産優質服務示範都市」、「全国双擁模範都市」を獲得し、市内にある全ての鎮は全て「国家衛生鎮」となっている。

出身者編集

脚注編集

  1. ^ Top steel producers 2007”. 2008年7月25日閲覧。
  2. ^ 李刻 (2016年8月10日). “[奥运・苏州]小娘鱼袁琦琦:担当百米接力首棒” (中国語). 名城新闻网. 2016年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月18日閲覧。

外部リンク編集