劉子元

中国の南北朝時代・宋の皇族

劉子元(りゅう しげん、458年 - 466年)は、南朝宋皇族。邵陵王。孝武帝劉駿の十三男。は孝善。

経歴編集

劉駿と史昭儀のあいだの子として生まれた。462年大明6年)3月、邵陵王に封じられた。464年(大明8年)、度支校尉・秦南沛二郡太守となった。冠軍将軍・南琅邪泰山二郡太守に転じた。465年景和元年)8月、湘州刺史に任じられた。赴任する途中、晋安王劉子勛が反乱を起こしたため、子元は尋陽に留まって劉子勛に加担することとなった。撫軍将軍の号を受けた。466年泰始2年)8月、劉子勛が敗れると、子元も捕らえられて、殺害された。

伝記資料編集