劉子嗣

中国の南北朝時代・宋の皇族

劉子嗣(りゅう しし、463年 - 466年)は、南朝宋皇族。東平王。孝武帝劉駿の二十七男。は孝叔。

経歴編集

463年大明7年)、劉駿と謝昭容のあいだの子として生まれた。9月、東平王に封じられ、東平沖王劉休倩の後を嗣いだ。劉休倩の母の顔美人に冷たく当たられたため、466年泰始2年)に生母の謝昭容が子嗣を本属にもどすよう上表して、明帝の許しをえた。この年のうちに死を賜った。

伝記資料編集