メインメニューを開く

劉広徳(劉廣德、りゅう こうとく、527年 - 569年)は、南朝梁からにかけての軍人本貫南陽郡安衆県西晋の鎮東将軍の劉喬の九世孫にあたる。

経歴編集

梁の安西湘東王長史・南郡太守の劉之亨(劉虯の子)の子として生まれた。学問を好み、才能への自負が強かった。承聖年間、軍功により給事黄門侍郎・湘東郡太守に任じられた。西魏軍の攻撃により江陵が陥落すると、広徳は王琳に従った。王琳が陳に敗れて北斉に逃亡すると、広徳は陳の文帝に降って、その旧兵を領したまま寧遠始興王府限外記室参軍となった。まもなく太尉侯瑱の下で湘州府司馬となり、楽山郡太守・豫章郡太守・新安郡内史を歴任した。光大年間、仮節・員外散騎常侍・雲旗将軍・河東郡太守となった。569年太建元年)、河東郡で死去した。享年は43。左衛将軍の位を追贈された。

伝記資料編集