メインメニューを開く

劉 汝賢(りゅう じょけん)は中華民国の軍人。北京政府国民政府に属した。竹波

劉汝賢
No image available.svg
プロフィール
出生: 1870年同治9年)
死去: 不詳
出身地: 清の旗 直隷省河間府献県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 劉汝賢
簡体字 刘汝贤
拼音 Liú Rǔxián
和名表記: りゅう じょけん
発音転記: リウ ルーシエン
ラテン字 Liu Ju-hsien
テンプレートを表示

事跡編集

保定速成武備学堂を卒業後、北京政府で陸軍軍人として経歴を重ねる。また、北洋陸軍大学教員もつとめた。

1923年民国12年)3月、陸軍軍学編輯局局長となる。第2次奉直戦争直後の翌年11月、参謀本部参謀次長に昇格した。1926年(民国15年)1月、許世英内閣において署理参謀総長となっている。

1928年(民国17年)11月、国民政府に転じて、やはり参謀次長として起用された。1931年(民国20年)12月に軍事参議院参議となる。1936年(民国25年)1月、陸軍少将銜を授与された。

以後、劉汝賢の行方は不明である。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
楊森
参謀総長(署理)
1926年1月 - 7月
次代:
劉湘