劉賛(劉贊、りゅう さん、泰始6年(470年) - 昇明3年4月3日479年5月9日))は、南朝宋皇族。武陵王。明帝劉彧の九男。は仲敷。

経歴編集

劉彧と徐良人のあいだの子として生まれた。元徽2年(474年)12月、武陵王に封じられた。元徽4年(476年)7月、使持節・都督南徐兗青冀五州諸軍事・北中郎将・南徐州刺史に任じられた。昇明元年(477年)7月、持節・都督郢州司州之義陽諸軍事・前将軍・郢州刺史に転じた。12月、都督荊湘雍益梁寧南北秦八州諸軍事・安西将軍・荊州刺史となった。昇明2年(478年)、沈攸之の乱が鎮圧されると、劉賛は江陵に赴任した。昇明3年(479年)4月、死去。封国は除かれた。

伝記資料編集