劔神社(つるぎじんじゃ)は、福井県丹生郡越前町織田にある神社である。別名織田明神(おたみょうじん)。気比神宮に次ぐ越前国二宮とされる。越前国の式内社敦賀郡「劔神社」の論社とされる[1]

劔神社
Tsurugijinja-haiden01.jpg
拝殿
所在地 福井県丹生郡越前町織田113-1
位置 北緯35度57分28.22秒
東経136度3分19.42秒
座標: 北緯35度57分28.22秒 東経136度3分19.42秒
主祭神 素盞嗚尊
社格 式内小社論社・越前国二宮・旧国幣小社・別表神社
創建 伝仲哀天皇朝
本殿の様式 八棟造(織田造)
別名 織田明神
例祭 10月9日
テンプレートを表示

目次

祭神編集

素盞嗚尊を主祭神とし、気比大神・忍熊王を配祀する。

歴史編集

社伝によれば、御神体となっている剣は垂仁天皇皇子の五十瓊敷入彦命が作らせた神剣で、神功皇后摂政の時代に仲哀天皇皇子の忍熊王が譲り受け、忍熊王が高志国越国)の賊徒討伐にあたり無事平定した。のち、伊部郷座ヶ岳に祀られていた素盞嗚尊の神霊を伊部臣が現在地に勧請し、この神剣を御霊代とし祀ったことに始まると伝えられる。忍熊王はその後もこの地を開拓したことから、開拓の祖神として父である仲哀天皇(気比大神)とともに配祀されたと伝える。

中世以降、この地の歴代の領主、斯波氏朝倉氏織田氏の崇敬を受け保護された。特に織田信長は当社の神官の子孫とされ[2]織田家氏神とされた[3]柴田勝家の書状にも「殿様、御氏神、粗相仕るべからず」とある。尾張織田家はもともと越前織田荘出身で姓とし、主君の斯波氏の尾張守護任官で就いて尾張へ移ったので、数代前の越前守護斯波義将の被官の織田信昌、将広、父子も明徳4年(1393年)6月7日に「修理再興し、今後も課役を免除し、子々孫々修理を怠らない」と誓約しており、当社は織田氏と深い関係がある[4]。江戸時代には福井藩大野藩両藩からの崇敬を受け、幕末には伏見宮家祈願所ともされた。昭和3年に国幣小社に列格した。第二次大戦後は神社本庁別表神社となった。

文化財編集

 
八相涅槃図

国宝編集

  • 梵鐘[5] - 「劔御子寺鐘神護景雲四年九月十一日」の銘のある梵鐘(神護景雲4年は770年)。奈良時代の在銘鐘として貴重なものである。道鏡が失脚した際に神馬とともに奉納されたとの伝承がある。

重要文化財編集

  • 絹本著色八相涅槃図(附:紙本墨書涅槃講式断簡)[6] - 鎌倉時代中期の作。奈良国立博物館に寄託。

その他編集

  • 織田信長書状
  • 徳川家康書状
  • 柴田勝家書状
  • 古文書など

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 他に敦賀市莇生野(あぞの)の劔神社も論社とされる。
  2. ^ 2014年11月16日Yahoo!ニュース 雑誌関連記事「織田家第18代当主 織田家の400年の伝統を破り、息子の名に「信」をつけず」「週刊朝日」2014年11月21日号 リンク切れIA差し替え 2017年5月7日閲覧
  3. ^ 神田千里『織田信長』P.26 2014年 ちくま新書
  4. ^ 『織田家の人々』小和田哲男 p.12 1991年 河出書房新社、『天下人の父・織田信秀 信長は何を学び受け継いだのか』谷口克広 pp.22-23 2017年 祥伝社新書<史料は「織田劔神社文書」所収「仮名置文」>
  5. ^ 文化遺産データベース「梵鐘」”. 文化庁. 2015年12月2日閲覧。
  6. ^ 文化遺産データベース「絹本著色八相涅槃図」”. 文化庁. 2015年12月2日閲覧。

関連項目編集

関連図書編集

外部リンク編集