メインメニューを開く

神功皇后

日本の皇族

神功皇后(じんぐうこうごう、成務天皇40年 - 神功皇后69年4月17日)は仲哀天皇の皇后。古代日本の摂政(在位:神功皇后元年10月2日 - 神功皇后69年4月17日)。一部史書では女帝とされる伝説上の人物。

神功皇后
「御誂座敷幟ノ内 神功皇后と武内大臣」
歌川国貞ヴィクトリア&アルバート博物館[1]
第14代仲哀天皇后
立后 仲哀天皇2年1月11日

誕生 成務天皇40年
崩御 神功皇后69年4月17日

皇后 仲哀天皇2年1月11日
陵所 狹城楯列池上陵(五社神古墳
身位 皇后
地位 摂政(神功元年10月2日 - 神功69年4月17日
気長足姫(おきながたらしひめ)
氏族 皇族(開化天皇5世孫)
諡号 気長足姫尊、神功皇后
父親 息長宿禰王
母親 葛城高顙媛
配偶者 仲哀天皇
子女 誉田別尊(応神天皇
皇居 磐余若桜宮
異表記 息長帯比売命(古事記)
大帯比売命(古事記)
大足姫命
テンプレートを表示

目次

略歴編集

父は開化天皇玄孫・息長宿禰王で、母は天日矛(あめのひぼこ)裔・葛城高顙媛。弟に息長日子王、妹に虚空津比売、豊姫[2]がいる。

仲哀天皇2年、1月に立后。天皇の熊襲征伐に随伴する。仲哀天皇9年2月の天皇崩御に際して遺志を継ぎ、3月に熊襲征伐を達成する。同年10月、海を越えて新羅へ攻め込み百済高麗をも服属させる(三韓征伐)。12月、天皇の遺児である誉田別尊を出産。翌年、誉田別尊の異母兄である香坂皇子忍熊皇子を退けて帰国。摂政となり誉田別尊を太子とした。誉田別尊が即位するまで政事を執り行い聖母(しょうも)とも呼ばれる。一部の史書では第15代天皇で初の女帝とされている。摂政69年目に崩御。

編集

  • 気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと) - 『日本書紀』、和風諡号
  • 息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと) - 『古事記
  • 大帯比売命(おおたらしひめのみこと) - 『古事記
  • 大足姫命皇后

漢風諡号である「神功皇后」は、代々の天皇と同様、奈良時代に淡海三船によって撰進された。

事跡編集

熊襲征伐編集

仲哀天皇2年1月11日に立后。翌年、2月に角鹿の笥飯宮(けひのみや)へ。3月、天皇が紀伊国の德勒津宮(ところつのみや)に向かうが皇后は角鹿に留まる。同月、天皇が熊襲再叛の報を聞き親征開始。穴門で落ち合うよう連絡を受ける。7月、穴門豊浦宮で天皇と合流。仲哀天皇8年、筑紫橿日宮に天皇と移動。そこで神懸り、神託を受ける。熊襲の痩せた国を攻めても意味はない、神に田と船を捧げて海を渡り金銀財宝のある新羅を攻めるべしという内容だった。天皇はこの神を信じず熊襲を攻めたが空しく敗走。翌年2月に天皇が香椎宮にて急死。『日本書紀』内の異伝や『天書紀』では熊襲の矢が当たったという。

3月1日、小山田邑の斎宮で武内宿禰を審神者として託宣の神が事代主神住吉三神などであることを確認。吉備鴨別を派遣して熊襲を従わせた。3月17日、皇后自ら松峽宮(福岡県筑前町)に移動し、20日に羽白熊鷲という者を討った。3月25日、山門県に移動して田油津媛という女酋を討ち兄の夏羽は逃げ出した。

三韓征伐編集

 
月岡芳年筆「日本史略図会 第十五代神功皇后」

4月、松浦郡で誓約(うけい)を行い勝利を確信すると神田を作って橿日宮に戻った。そして角髪を結って男装すると渡海遠征の全責任を負うことを宣言した。9月、大三輪神を祀って船と兵を集めた。また草という海人を派遣して新羅までの道を確かめさせた。そして略奪、婦女暴行、敵前逃亡の禁止などの軍規を定め、依網吾彦男垂見(よさみのあびこおたるみ)に航海の無事を祈らせた。

10月、お腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。その勢いは船が山に登らんばかりだったという。新羅の王は「吾聞く、東に日本という神国有り。亦天皇という聖王あり。」と言い白旗を上げ[3]、戦わずして降服し朝貢することを誓った。皇后は宝物庫に入って地図と戸籍を手に入れ、王宮の門に矛を突き立て宗主権を誇示した。新羅王の波沙寐錦(はさ むきん)は微叱己知(みしこち)という王族を人質とし、さらに金・銀・絹を献上した。これを見た高句麗百済も朝貢を約した。

帰国した後の12月14日、皇后は筑紫誉田別尊を出産した。出産した土地を「生み」から転じて「宇美」という。そして穴門の山田邑で住吉三神を祀った

帰国編集

新羅を討った翌年2月、皇后は群臣を引き連れて穴門豊浦宮に移り天皇を行った。そして畿内への帰途についた。しかし都には天皇の長男、次男である坂王忍熊王がいた。彼らは誉田別尊の誕生を知り、皇后たちがこの赤子を君主(天皇、あるいは太子)に推し立ててくることを察した。そこで播磨赤石に父の山陵を作ると称して挙兵、五十狹茅宿禰(いさちのすくね)に命じて東国から兵を集めさせた。そして菟餓野というところで「戦いに勝てるならば良い猪が捕れる」と誓約(うけい)の狩りを行った。ところが突然現れた獰猛な赤い猪に坂王は食い殺されてしまった。凶兆と理解した忍熊王住吉まで撤退した。

忍熊王たちが待ち受けていることを知った皇后は、一旦紀伊に寄って誉田別尊を預けて北上。しかし紀淡海峡を突破できなかったため明石海峡を回って務古水門に到着。道中で天照大神稚日女尊事代主神住吉三神を祀った後に進撃。忍熊王はまた撤退して山背菟道に陣を敷き、ここが決戦の場となった。皇后軍を率いる武内宿禰武振熊命は一計を案じて偽りの和睦を申し出た。兵に命じて弓の弦を切らせ剣も捨てさせた。忍熊王がそれに応じて自軍にも同じようにさせると武内宿禰は再び号令し、兵に替えの弦と剣を取り出させた。予備の兵器など用意していなかった忍熊王は敗走した。武内宿禰逢坂山を超えて狹々浪の栗林(大津市膳所)まで追撃した。逃げ場のなくなった忍熊王は五十狹茅宿禰と共に瀬田川入水した。遺体は後日になって引き上げられた。

摂政編集

忍熊王を討った10月、皇后は群臣に皇太后と認められた。この年が摂政元年である。摂政2年11月8日、天皇河内国長野陵に葬った。摂政3年1月3日、誉田別尊を太子とし、磐余若桜宮に遷都。摂政5年3月7日、新羅からの人質だった微叱己知が本国に一時帰国したいと言い、聞き入れて葛城襲津彦を監視に付けるも逃がしてしまう。摂政13年、2月に太子武内宿禰に連れられて角鹿笥飯大神に参拝。母の摂政皇太后はこれを喜び酒宴を催す。

摂政46年3月、斯摩宿禰を朝鮮半島の卓淳国(大邱)に派遣した。斯摩宿禰はさらに百済へ使者を送り、百済から日本への道を繋いだ。翌年4月、新羅百済が朝貢してきた。百済の貢物が酷くみすぼらしいので使者の久氐に問い詰めたところ、新羅に貢物を奪われたと訴えた。摂政49年、新羅を再征伐することになった。将軍として派遣された荒田別(あらたわけ)・鹿我別(かがわけ)は百済の木羅斤資(もくらこんし)・沙々奴跪(ささなこ)と共に七つの国を平定した。以後、摂政52年まで久氐が日本と百済を往復し、百済から七支刀などの宝物をもたらした。七支刀は今、奈良県天理市石上神宮にある。摂政62年、新羅朝貢してこないので葛城襲津彦に征伐させる。摂政69年、4月に崩御。翌年、誉田別尊が71才で即位した。

系譜編集

系図編集

 
神功皇后関係系図
 
 
 
 
 
 
豊城入彦命
 
毛野氏族]
 
 
 
 
 
10 崇神天皇
 
 
11 垂仁天皇
 
12 景行天皇
 
日本武尊
 
14 仲哀天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭姫命
 
 
13 成務天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 彦坐王
 
丹波道主命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 山代之大
筒木真若王
 
迦邇米雷王
 
 息長宿禰王
 
神功皇后
(仲哀皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15 応神天皇
 
16 仁徳天皇
 
17 履中天皇
 
市辺押磐皇子
 
飯豊青皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18 反正天皇
 
 
 
 
 
 
24 仁賢天皇
 
手白香皇女
(継体皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菟道稚郎子皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23 顕宗天皇
 
 
25 武烈天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19 允恭天皇
 
木梨軽皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20 安康天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21 雄略天皇
 
22 清寧天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大娘皇女
(仁賢皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
稚野毛
二派皇子
 
 意富富杼王
 
 乎非王
 
彦主人王
 
26 継体天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍坂大中姫
(允恭皇后)
 
 


年譜編集

『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである[4]。機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

  • 成務天皇40年
    • 誕生
  • 仲哀天皇2年
    • 1月、皇后に立てられる
    • 3月、天皇が熊襲を討つため親征を開始。
    • 6月、天皇を追い角鹿から穴門の豊浦津に向かう
    • 7月、豊浦津で海中から如意玉を拾う
  • 仲哀天皇8年
    • 1月、筑紫の橿日宮へ
    • 9月、神がかり渡海遠征の奨励を託宣。天皇は無視して熊襲と闘い敗北
  • 仲哀天皇9年
    • 2月、天皇崩御。
    • 3月、橿日宮から松峽宮へ。熊襲征伐を引継ぎ完遂
    • 4月、火前国松浦県で渡海遠征を宣言。橿日浦で神託を受け男装
    • 9月、大三輪社を祭り挙兵
    • 10月、和珥津から出発。新羅を屈服させ百済高麗をも従える(三韓征伐
    • 12月、筑紫で譽田別尊を生む
  • 神功皇后摂政元年
    • 2月、穴門の豊浦宮に移動して天皇の殯を行い、京へと向かう
    • 3月、畿内で天皇の第二皇子忍熊王との戦争、勝利
    • 10月、摂政に就任
  • 神功皇后摂政3年
    • 1月、譽田別尊を太子に立て、磐余若桜宮に遷都
  • 神功皇后摂政5年
    • 3月、新羅からの人質だった微叱己知が本国に逃げ帰る
  • 神功皇后摂政13年
  • 神功皇后摂政46年
    • 3月、斯摩宿禰を卓淳国(大邱)に派遣。さらに斯摩宿禰が従者を百済の肖古王に派遣。
  • 神功皇后摂政47年
    • 4月、新羅百済の朝貢。百済の使者である久氐が新羅に貢物を奪われたと訴える
  • 神功皇后摂政49年
    • 3月、久氐に荒田別を付けて新羅を征伐
  • 神功皇后摂政50年
    • 2月、荒田別が復命
    • 5月、千熊長彦に伴われて久氐が来朝
  • 神功皇后摂政51年
    • 3月、百済の朝貢使として久氐が来朝
  • 神功皇后摂政52年
    • 9月、久氐が来朝、七枝刀一口・七子鏡一面・及び種々の重宝を献上
  • 神功皇后摂政62年
  • 神功皇后摂政69年
    • 4月、皇后崩御。100歳(『日本書紀』『古事記』)
    • 10月、狹城盾列池上陵に葬られる

編集

宮(皇居)の名称は、『日本書紀』では磐余若桜宮(いわれのわかざくらのみや、奈良県桜井市池之内に稚桜神社がある)。後の履中天皇の宮と同名である。

陵・霊廟編集

(みささぎ)は、宮内庁により奈良県奈良市山陵町にある狹城盾列池上陵(さきのたたなみのいけのえのみささぎ、位置)に治定されている[5][6]。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「五社神古墳」で、墳丘長275メートルの前方後円墳である。

神功皇后の陵について、『古事記』では「御陵は沙紀の盾列池上陵(さきのたたなみのいけがみのみささぎ)に在り」、『日本書紀』では「狭城盾列陵(さきのたたなみのみささぎ)に葬る」と記している。

承和10年(843年)、盾列陵で奇異があり、調査の結果、神功皇后陵と成務天皇陵を混同していたことがわかったという記事が『続日本後紀』にある。後に、「御陵山」と呼ばれていた佐紀陵山古墳(現 日葉酢媛陵)が神功皇后陵とみなされるようになり、神功皇后の神話での事績から安産祈願に霊験ありとして多くの人が参拝していた。

その後、西大寺で「京北班田図」が発見され、これにより神功皇后陵が五社神古墳とされ、文久3年(1863年)に五社神古墳が神功皇后陵に治定され、現在に踏襲されている。

2008年、宮内庁日本考古学協会などの要請に応じ、五社神古墳の立ち入り調査を許可した。これは、考古学者の要請に答えて古墳の調査が許可された初めての例となった。ただし調査は古墳外周の表層だけとされたため、調査ではさしたる成果は上がっておらず、宮内庁調査の確認と円筒埴輪列が新たに発見されたに留まっている。この古墳は4世紀中から末5世紀初めの築造とされていたが、円筒埴輪列によってやや新しく(5世紀)なるのではないかと推測される。

伝承編集

 
歌川国芳筆「賢女八景 筑紫帰帆」

※ 史料は、特記のない限り『日本書紀』に拠る[4]

浮鯛編集

天皇と合流するため角鹿から出発し、渟田門に着いたときのことである。船の上で食事をしている時、鯛が船の傍に集まった。そこで酒を注ぐと酔うように浮かんだ。海人はたくさんの鯛を採って「聖王から頂いた魚だ」と喜んだ。以後、毎年同じ時期になるとに魚が酔っ払うように上がってくるようになったという。これはあくまでも伝承であるが、瀬戸内海では急激な海水の流れによって浮袋の調節機能が十分働かなくなった鯛が水面に浮く現象があることは事実である。この神秘的な現象について今でも祭りがおこなわれている[7]

松浦の釣り編集

熊襲を征した後のことである。火前国で誓約(うけい)を行い「西の財(たから)の国を得られるならば魚はこの釣針を飲むだろう」と宣言して釣りをした。すると細鱗魚(鮎)が釣れた。なかなか「めずらしい」ということで、この土地は「めずら」と名付けられ、後に訛って松浦(まつら)と呼ばれるようになった。松浦の女性は『日本書紀』が書かれた頃になっても4月上旬に釣針を河中に投げて魚を捕る風習を残していた。しかし男が釣ろうとしても魚は取れなかったという。

月延石編集

渡海の際は、お腹に月延石鎮懐石と呼ばれる石を当ててさらしを巻き、冷やすことによって出産を遅らせたとされる。月延石は3つあったとされ、それぞれ長崎県壱岐市月讀神社京都市西京区月読神社福岡県糸島市の鎮懐石八幡宮に奉納されたと言われている。その帰路、筑紫宇美応神天皇を出産し志免でお紙目を代えたと伝えられている。他にも壱岐市の湯ノ本温泉で産湯をつかわせたなど九州北部に数々の伝承が残っており、九州北部に縁の深い人物であったと推測される。

常世編集

忍熊王菟道に追い詰めていたときのことである。昼なのに夜のような暗さが続き、これを常世といった。原因を調べたところ二人の神官を共葬したためでないかということになった。そこで聞きまわってみると怪しげな話が見つかった。この土地の神官である小竹と天野は親友だったが、小竹が病気になって死ぬと天野は血の涙を流して嘆き悲しみ殉死して共葬を望んだという。すぐに墓を暴いてみると事実だったので棺を新しく作って別々の場所に埋めた。するとすぐに日光が降り注ぎ、再び昼と夜が分かれたということである。

信仰編集

住吉三神とともに住吉大神の1柱として、また応神天皇とともに八幡三神の1柱(祭神)として信仰されるようになる。武家社会の神である八幡神の母にあたる神であり、数多くの武人が神功皇后を崇拝していた。有名なのが八幡太郎こと源義家である。また八幡神と同じく、その言い伝えは九州はもとより関東から近畿の大津や京都や奈良や大阪の住吉大社、瀬戸内海を挟んで広島や岡山、四国と、日本中に数多く存在する。今でも全国各地で神功皇后の三韓征伐を祝うための山車が存在しており、その業績をたたえる祭りが多い。

大分県宇佐神宮大阪府大阪市住吉大社をはじめ、福岡県福津市宮地嶽神社、福岡県大川市風浪宮、京都市伏見区御香宮神社など、いくつかの神社の祭神となっている。所縁ある福岡市香椎宮筥崎宮、福岡県宇美町宇美八幡宮壱岐市聖母宮でも祀られている。

そのほか、以下のものがある。

考証編集

実在性編集

明治から太平洋戦争敗戦までは学校教育の場で実在の人物として教えられていたが、現在では実在説と非実在説が並存している。直木孝次郎は、斉明天皇持統天皇が神功皇后のモデルではないか、との説を唱えている。

即位説編集

新唐書』列伝第145 東夷 倭日本[8]に「仲哀死、以開化曽孫女神功為王」、『宋史』列伝第250 外国7 日本国[9]に「次 神功天皇 開化天皇之曽孫女、又謂之息長足姫天皇」とあるが、『新唐書』が編纂されたのは10世紀であり、唐時代に日本からの留学生・留学僧が伝えた内容が掲載されたと考えられる。明治時代以前は、神功皇后を天皇(皇后の臨朝)とみなして、第15代の帝とした史書もあったが、1926年(大正15年)10月の皇統譜令(大正15年皇室令第6号)施行以降、皇統譜上の歴代天皇の代数から外された。

卑弥呼との関係編集

日本書紀』には魏志晋書からの女王についての記述が引用されている。

  • 神功皇后摂政39年
    • 魏志云「明帝景初三年六月、倭女王 遣大夫難斗米等 詣郡 求詣天子朝獻 太守鄧夏 遣吏將送詣京都也」
      (訳:魏志によると景初3年6月、倭の女王は大夫の難升米等を郡(帯方郡)に遣わし天子への朝獻を求め、太守の劉夏は吏將をつけて都に送った)
  • 神功皇后摂政40年
    • 魏志云「正始元年 遣建忠校尉梯携等 奉詔書印綬 詣倭国也」
      (訳:魏志によると正始元年、中校尉の梯儁らを遺わして倭國に詔書・印綬を与えた)
  • 神功皇后摂政43年
    • 魏志云「正始四年、倭王復遣使大夫伊聲者掖耶約等八人上獻。」
      (訳:魏志によると正始四年、倭王はまた大夫の伊聲耆・掖邪狗たち8人を遣わした」
  • 神功皇后摂政65年
    • 是年 晋武帝泰初二年晋起居注云「武帝泰初二年十月 倭女王遣重貢獻」
      (訳:この年は晋の武帝泰初二年である。晋の記録によると泰初二年に倭の女王が使者を送り重ねて朝貢した)

以上が引用分の全文であり、江戸時代までは神功皇后が卑弥呼だと考えられていた。しかし神功皇后摂政65年の泰初(泰始)二年に卑弥呼は既に死去しており、この年の倭の女王は台与の可能性が高いとされている(ヤマト王権の項など参照)。また倭の女王の記述はあくまでも引用されているだけであり神功皇后と卑弥呼台与を同一視する記述はない。『日本書紀』には卑弥呼台与の名前すら書かれていない。

紀年編集

紀年について『日本書紀』は百済三書を参照または編入している[10]。百済王に関しては薨御年と即位年も記されている。

  • 神功皇后摂政55年
    • 百済の肖古王が薨御
  • 神功皇后摂政56年
    • 百済の貴須王が即位
  • 神功皇后摂政64年
    • 百済の貴須王が薨御
    • 百済の枕流王が即位
  • 神功皇后摂政65年
    • 百済の枕流王が薨御
    • 百済の辰斯王が即位

肖古王、貴須王、枕流王辰斯王はそれぞれ朝鮮半島の正史である『三国史記』百済本紀の近肖古王(在位:346年 - 375年)、近仇首王(在位:375年 - 384年)、枕流王(在位:384年 - 385年)、辰斯王(在位:385年 - 392年)と思われ、仇首王枕流王については在位期間もほぼ一致している。少なくとも神功皇后摂政紀においていわゆる二倍暦説は当てはまらない可能性が高い。

ただし『日本書紀』の年代を機械的に西暦に置き換ると神功皇后55年から65年は西暦255年から265年のため『三国史記』とは120年ずれている。百済三書の年月は干支で記しているので60年で一周するが、『日本書紀』の編者は日本の歴史の一部を2周(2運)繰り上げて(120年)書いているとされており、三書もそれに合わせて引用されているので、当該部分の記述も実年代とは120年ずれていると考えられる[10]井上光貞も『日本書紀』の編者が神功皇后卑弥呼に比定したため干支を二運繰り上げたという説を支持している。ただし井上秀雄は、百済記の年紀は干支だけの簡単なものでありそれだけでは絶対年代が確定せず、『日本書紀』も『三国史記』百済本紀も、それぞれの編者が独自に考証して絶対年代を付与したものであって、既存の伝承があった上でそれよりも上げたり下げたりしたわけではない、とみている。[10]

また神功皇后52年9月に肖古王から献上された七枝刀、通説ではこの七枝刀とは石上神宮につたわる七支刀と考えられているが、その銘文にある「泰■四年」の部分の解釈にも干支のニ運くりあげに関係する諸説がある。

  • 通常暦説(戦前の説)

西晋の泰始4年の西暦268年と考える。『日本書紀』における神功皇后52年は西暦252年なのでの誤差は16年と大きい。また『日本書紀』で七支刀を奉じたとされる肖古王(在位:166年 - 214年)は『三国史記』において三韓征伐の時の百済の王であるのだが、七支刀が奉じられたと仮定される西暦252年に在位していた百済王は肖古王ではなく古尓王(在位:234年 - 286年)である。これは日本側で百済王の代替わりが認識されていなかったためと解釈されていた。さらに次代の仇首王については古尓王の子である責稽王(在位:286年 - 298年)の誤読であるとされていた。枕流王についてはどう考察しても遥かに時代が下る人物であるが、これは後代になっても百済が毎年貢物を奉じている旨を神功皇后の記事に挿入しただけであり、七枝刀が献上された時期とは分ける必要があるとしていた。

  • 二運くりあげ説(戦後の説)

東晋の太和4年の西暦369年と考える。『日本書紀』における神功皇后52年を120年くりさげると西暦372年となり誤差は3年とかなり小さくなる。七支刀を奉じた百済王は肖古王肖古王ではなく近肖古王とする。『三国史記』ではどちらも単に肖古王と記載されているため王名に関する矛盾はない。以降の『日本書紀』における百済王も貴須王(きすおう)は素直に近仇首王(くゐすおう)にあたり、枕流王辰斯王はそのまま『三国史記』と一致し、在位期間も上記の通りほぼ一致する。

その他編集

肖像が描かれた紙幣と切手編集

 
旧高額5円切手1908年
 
政府紙幣(一円券) 1878年明治11年)

明治時代改造紙幣にその肖像が用いられ、これが日本における最初の女性肖像紙幣となった。その原版はイタリア人技術者エドアルド・キヨッソーネが作成したため、西洋風の美人に描かれている。なお、中央銀行たる日本銀行発足以前の事であるためこの紙幣は日本銀行券ではなく、不換紙幣の「政府紙幣」であった。

逓信省は1908年に5円と10円の高額切手を発行したが、皇后の肖像が使われた。この肖像は紙幣のそれを参考にしたものであったが、当時5円と10円は高額であり郵便料金よりも電信電話料金の納付用に使われることが多かった。また1923年関東大震災で印刷所が被災し印刷原版が破損したため1924年から日本人風の肖像に図案が変更された。そのため切手収集家から前者を旧高額切手、後者を新高額切手と呼ばれている。

参考文献編集

神功皇后を題材とした作品編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 公式サイトより
  2. ^ 肥前国風土記の神名帳頭注より
  3. ^ 古事記にはこの表現はなく建内宿禰が妊娠中の御子について尋ねた際、神託を語る前の神功皇后が神憑っていたため呼びかけに「神」という表現を用いている。
  4. ^ a b 『日本書紀(二)』岩波書店 ISBN 9784003000427
  5. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)8コマ。
  6. ^ 『陵墓地形図集成 縮小版』 宮内庁書陵部陵墓課編、学生社、2014年、pp. 402-403。
  7. ^ 歴史系総合誌「歴博」第173号
  8. ^    (漢文) 『新唐書』卷二百二十 列傳第一百四十五 東夷. - ウィキソース. 
  9. ^   脱脱 (漢文). 『宋史』 卷四百九十一 列傳第二百五十 外國七. - ウィキソース. 
  10. ^ a b c 井上光貞『日本の歴史1 神話から歴史へ』中公文庫、2007年,278-279頁,「百済記」については特に382-384頁

外部リンク編集