力武 一郎(りきたけ いちろう、1906年/1907年[1] - 1994年9月9日)は、日本の教育者山口大学第4代目学長[2]。同大学工業短期大学部元学長。専門はドイツ語[2]

りきたけ いちろう
力武 一郎
生誕 1906年または1907年
死没 1994年9月9日(87歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 山口県立医学専門学校(現・山口大学医学部)元講師
山口大学元学長
同大学工業短期大学部元学長

略歴編集

山口県立医学専門学校ドイツ語講師 [3]

大学紛争時の1969年8月から1970年3月まで山口大学教養部長を務め[2]、その後、学長代行を経て、1971年4月に、2年間空席となっていた学長職に就き[4]、学長として1973年まで務めた[2]

同大学構内吉田遺跡の調査団長の一人[5]。他に市川禎治中村正二郎も加わった。同大学工業短期大学部の学長。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 死去時の報道では、87歳とされている。
  2. ^ a b c d “力武一郎氏 死去=元山口大学長、ドイツ語専攻”. 毎日新聞・大阪朝刊: p. 25. (1994年9月12日)  - 毎索にて閲覧
  3. ^ 山口大学の来た道3 山口高等商業学校から専門学校誕生まで
  4. ^ “山口大学長に力武氏 空席二年ぶりに埋まる”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 19. (1971年3月2日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ 小野忠煕「山口大学構内吉田遺跡の調査の経緯」