メインメニューを開く

加番(かばん)は、江戸幕府における職名のひとつ。

目次

概要編集

大坂城駿府城に置かれ、定番(じょうばん)、または、大番に加勢して城を警備した。

大坂加番編集

山里加番(一加番)、中小屋加番(二加番)、青屋口加番(三加番)、雁木坂加番(四加番)の4名。大名の中から4名が選任され、任期中は合力米が支給された。

駿府加番編集

町口加番(一加番)、鷹乃森加番(二加番)、草深加番(三加番)の3名。大名の中から1名、寄合旗本の中から2名が選任され、任期中は役扶持が支給された。

参考文献編集

関連項目編集