メインメニューを開く

加藤 弘(かとう ひろし)は、日本の元俳優東京都出身。

目次

人物編集

国学院久我山高校在学中に、劇団こまどりに入団[1]。1959年、松竹映画『朝を呼ぶ口笛』でデビュー[1]。同作で共演した吉永小百合の母親の薦めで、テレビ映画『まぼろし探偵』のオーディションを受け合格[1]。主演の富士進(まぼろし探偵)を演じる。吉永の母親は『まぼろし探偵』放送後にも面倒を見てもらい、東映を紹介されるが、学業優先の意向により辞退する[1]。その後はラジオドラマに出演したのち、1965年に芸能界を引退[1]。会社員を経て、現在は実業家である[1]

出演編集

テレビ編集

映画編集

  • 朝を呼ぶ口笛(1959年、松竹)- 吉井稔
  • まぼろし探偵 地底人の襲来(1960年)- まぼろし探偵/富士進

ラジオドラマ編集

  • 少年ナンバーワン
  • 日本少年
  • 戦国忍法帖

その他編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 石橋春海『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、36-38頁。ISBN 978-4-7747-5853-4