メインメニューを開く

加藤田神蔭流(かとうだしんかげりゅう)は、加藤田新作の系統の新陰流。第9代の加藤田平八郎の頃から「加藤田神蔭流」と呼ばれた。

無住心流中村権内の門人であった加藤田新作は、享保元年(1716年)に久留米藩に招かれ剣術を教えた。新作は自らの流名を「神蔭流」と称した。以後、加藤田家は久留米藩の剣術師範家のひとつとなり、神蔭流は九州北部にて伝えられた。

幕末期に数多くの他流試合をした第9代の加藤田平八郎と、その弟子の幕末期の名剣士の一人である松崎浪四郎剣道範士となった梅崎弥一郎らが知られる。

平八郎の没後の明治8年(1875年)、息子の大介が自宅に道場を開き、加藤田神陰流剣術と楊心流薙刀術・鎖鎌術を指導した。

参考文献編集

  • 綿谷雪・山田忠史 編 『増補大改訂 武芸流派大事典』 東京コピイ出版部 1978年
  • 間島勲 『全国諸藩剣豪人名事典』 新人物往来社 1996年